07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

おめでとう 

 あと1週間で夏時間が終ります。 既に、6時には暗くなる、ということは、来週からは5時に暗くなるので、一気に冬になります。 そして、これが、3月まで続くことに・・・


 日本の音大に行ってもいませんし、それまでに著名な先生に師事していたわけでもない私は、日本人の音楽友達、というのはとても少ないです。

 が、昨日は、日本音楽コンクールで友達が優勝! 日本国内コンクールとしてはトップだと思いますし、つかんで凄いな!という気持ちです。 

 彼のことはサマーコースで知り合って、高校生の頃から知っているのだから、6年くらいになるでしょうか。

 ここまでに費やしている金銭的、時間的にも私とは雲泥の差です。

 

 二十歳過ぎてから真剣に音楽の道に取り組んで、世界的に見て、トップクラスの大学院の修士号を卒業したことは、一つの私の証です。 誰もが不可能、だと思っていたことですから。

 が、本当にトップを目指したかったら、いや、コンクールでよい成績を収めるには、やはり幼少の頃から必死にやらなくては厳しいのです。

 

 私は、コンクールが一番、とは思いません。 今までにも国際コンクール優勝者などの演奏を聴いて、それが、必ずしも感動を与えたり、心を揺さぶる音楽である、とはならないことがわかりました。

 

 でも、やはりコンクール、というあの空気、特に海外のコンクールしか経験したことがなかった私にとって、日本音楽コンクールの空気、というのは異常にも思えるもの(実は、第1次予選で敗退ですが、出場経験あり)。

 あの中で、本選まで進んで、優勝する、というのはやはり凄いことだと思います。 あれだけ落ち着いた人だし、あの協奏曲も既に何度か本番で弾いているようなので、余裕もあったことでしょう。

 

 彼の演奏と私の演奏を数人が比べた意見を言ってくれたことがあり、それだけは、こうしてあのコンクールで優勝する人と比べてもらったこと、そしてその意見、一つ嬉しいこと、としてしまっておきます。


 さあ、若い友達が頑張っているのだから、私もこれに乗って、自分の夢をかなえるために、頑張りたいと思います!


 おめでとう!!

Posted on 2011/10/23 Sun. 03:49 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

23

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1736-751feaa0
Use trackback on this entry.

Trackback
list