09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ロイヤルバレエ 『マルグリッドとアルマンド』 タマーラ、セルゲイ 

 本当は行かない予定だったのですが、新しい生徒と出会い(ピアノではなくて、学科の方)で疲れ果てて、、気がついたら足はオペラハウスへ。 一番安い席が残っていたので、鑑賞してきました。 一番安い席、マクドナルドなどのファーストフードほどの値段です。

 とりあえず、『マルグリッド』のみ。 先週の分も含め、書きたいものは溜まっているので、そのうちに。


『マルグリッドとアルマンド』 ケネス・マクミラン振付、 リスト作曲、 ピアノソナタ ロ短調(オーケストラ編曲)


 マルグリッド: タマーラ・ロホ

 アルマンド: セルゲイ・ポルーニン

 

 アルマンドの父: クリストファー・ソウンダース

 

 大公: ギャリー・エイヴィス

 

 マルグリッドを囲む男たち: 

 デイヴィッド・ピッカリング、 ヨハネス・ステパネク、 ベネット・ガートサイド、 アンドレイ・ウスペンスキ、 

 平野亮一、 トーマス・ホワイトヘッド、 ヴァレリー・フリストフ、 サンダー・ブロンマート


 メイド: オリヴィア・コウリー


 ソロピアノ: ロバート・クラーク


 

 このキャストは今夜が3回目の公演。

 初日の昼がそれなりに良い出来で、夜はそうでもなく。 

 今回が一番良かったです。


 セルゲイのテクニックは素晴らしいのですが、表現がついていっていなかったのが、だいぶ観ていてわかる表現をするようになってきました。

 後半(黒のドレス)部分、マルグリッドが大公や他の男たちといるところへアルマンドが現れて、二人で言い合いになる部分、切れが出てきたので、そこが何を意味するのかが伝わるようになりました。

 お金をマルグリッドに投げる部分も、勢いがあったので、ストーリーがみえてくる。 この部分、初日には、何も見えてこなかったのです。

 もう少し、純粋さ、とか若さが欲しいな、と思う部分もありましたが。

 白のパ・ドゥ・ドゥの後半、アルマンドの父親に、マルグリッドが息子から離れるように言われてからの部分、アルマンドは何も知らないのですから、最初こそは、泣いている彼女が心配でも、その後は、一緒に心配しないほうが私は好きです。


 タマーラは、先週長身のゼナイダを観た後なので、よけいに小さく、愛らしく見えました。 娼婦、というよりも、まだそれに気がついていない、第1幕の『マノン』のような感じ。


 マルグリッドと初めて顔を合わせた時、何かを感じることがある表情。 他の男たちに向ける表情とは全く違います。 でも、この時点では、本当は、アルマンドを急激に愛するわけではない。 これが、今日はとてもわかりやすい変化でした。


 どちらかというと、ゼナイダがアルマンドを愛しつつも、最後まで娼婦でいたのに対し、タマーラの方が、アルマンドと出会ってから、娼婦であることが薄れていくように私には見えます。

 

 初日に大人しくしていたギャリーは、段々と演技、表情が大きくなってきました。

 黒の衣装で出てくる場面、マルグリッドが他の男たちから手にキスをされている部分、毎回顔を背けたり、怒ったり、呆れたり、そのくるくると変わる表情を見ていると飽きません。



 このミックス・ビル、残り1回です。


 明日からは、バーミンガム・ロイヤル・バレエのロンドン公演もあるので、ロイヤル・バレエとあわせて、バレエ三昧です。

 

 

 

Posted on 2011/10/17 Mon. 06:53 [edit]

category: バレエ

TB: 0    CM: 5

17

Comments

1. 無題 

ギャリー、本性あらわしてきたんですね(笑)
ギャリーの演技大好きです(たまにやり過ぎもありますが…)。
今週はロイヤルとバーミンガムをみっちり堪能してください!
去年の今頃まさにそんな感じでした。楽しかったなぁ。

URL | asaco #79D/WHSg | 2011/10/18 22:16 | edit

2. asacoさんへ 

ギャリー本性現しましたよ。
明日の最終日が楽しみです!

今日はBRBを観に行く予定ですが、チケットを取っていません。
今週は昨日以外、毎日バレエの予定です。
身体がもつか...

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2011/10/19 23:23 | edit

3. 無題 

>Miyukiさん
サドラーズはチケットが安いから気軽に行けていいですよね。見やすいし。まとめて買うと割引もある場合もあるし。
BRBは小規模でアットホームなのでリーズはぴったりだと思います。
私も週末は牧のリーズを見に行きます!

URL | asaco #79D/WHSg | 2011/10/20 08:48 | edit

4. 無題 

>Miyukiさん
サドラーズはチケットが安いから気軽に行けていいですよね。見やすいし。まとめて買うと割引もある場合もあるし。
BRBは小規模でアットホームなのでリーズはぴったりだと思います。
私も週末は牧のリーズを見に行きます!

URL | asaco #79D/WHSg | 2011/10/20 08:50 | edit

5. asacoさんへ 

サドラーズ、私にとっては高いです。
オペラハウスだと、トリプルは安いですからね。
昨日、リーズのチケットも一緒に買って、割引してもらいましたが。
日本のバレエ団のリーズ、どのような感じになるのでしょう?
でも、アシュトンを日本で上演してくれるのは嬉しいですよね!

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2011/10/21 02:45 | edit

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1730-cda961e0
Use trackback on this entry.

Trackback
list