09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

色々と懐かしいことを思い出した再会 

 夜6時半にはすっかり暗くなるようになってしまいました。

 

 久々にバレエのクラスを受けに行こうかな、と思っていたのですが、朝連絡がきて、日本から弾丸スケジュールでロンドンに来ている、数年前にサマーコースで知り合った友達が空港へ行く前に時間がある、というので、ランチをすることに。

 久々に、パディントン駅へ行きましたが、日曜日のロンドンは交通状態がめちゃくちゃです。

 

 2004年9月から、毎週カーディフからロンドンへピアノのレッスンの為に通っていたので(先生が学校で教えるのをやめ、特別に学長からのご配慮で、学校から交通費が出て、1年間、先生のところへレッスンに通えた)パディントン駅は毎週使用していました。


 2時間ちょっと、10歳ほど年下の友達ですが、色々と情報交換。

 

 私はこの3年間参加していませんが、サマーコースで知り合った友達、というのは特別。 あの、恵まれた刑務所のような環境で1週間寝起きを共にするのですから。

 

 自分では、ついこの前のことのように覚えていることが、もう6年前のことだったりするのが、驚きます。

 すっかり忘れてしまっていることが、実は鮮明なこと、として目の前に現れる時、どうして私はあれをやり遂げることができたのかしら?と思うばかりです。

 

 私が進学した、ロイヤルカレッジの大学院の入試の話になって、思い返してみれば、よくできたな、という思いでいっぱいです。

 色々とあって、締め切り前日に願書を書き、ロンドンに移ったばかりで、入試が12月なのに、11月頭までは家にピアノもありませんでした。 徒歩20分ほどのDr.Sのお宅の狭い事務所の古いアップライトピアノで練習させていただきました。隣でレッスンをしているのが全て聴こえるような環境です。

 特別に裕福でない私を理解し、ちょうど10月末に、Dr.Sと奥様がロシアでお仕事があって留守になさったので、その間、先生方の生徒さんたちのレッスンの代行を行いました。 そして、その分を先生は入試までの私のレッスンにしてくださったのです。 

 これは、本当に感謝していることです。 


 アップライトピアノをレンタルして、入試に臨みましたが、日本の音大で大学院へ進む人からすれば、理解できないことでしょう。

 でも、あの時は、カーディフで傷つけられ、ぼろぼろの状態。

 あのピアノ科の主任を見返してやりたかったし、何よりも、最後のチャンス。 これで上へ進めなかったら、ピアノなんかやめてしまいなさい!と言われていたし、勉強したかったし、カーディフで自分の勉強の人生が終ってしまうのが悔しかったから、あのような環境で頑張れたのかもしれません。


 色々な話をしていて、懐かしいことがたくさんでした。

 夢にむかって、これからまだまだ時間があり、そしてそれをつかもうとしている友達をみていると、いいな、と思うと同時に、私も頑張らないと!という思いを強くさせられます。


 今は、素敵な生徒たちに囲まれて、それはそれで幸せですが、やはり、自分の人生を掴みたい。

 悔いを残すのだけは嫌ですからね。

 

 目標に、夢に向かっている友達に会う、というのは、私にも色々と力をもらえます。

 

 そのうち、芸術関係のイギリス留学事務所でも開けるようになるのではないかしら、と思うほど、相談も受けましたが、これも母から受け継いだ遺伝子の一つなのですよね。

  

 明日は、また新しい出会いが。

 私が自分で13年前に苦労したことを、少しでもお手伝いできたら嬉しいです。

 

Posted on 2011/10/16 Sun. 04:16 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 2

16

Comments

1. 無題 

大学院の入試、様々なご苦労の末に勝ち取ったものだったんですね
なんだか、胸が熱くなる思いで読みました

これからも、さらなる夢や目標に向かって、頑張ってください!
思う存分、才能を生かしてご活躍されますように!

ロイヤルのレポも、興味深く拝見しております
レッスン風景って、なかなか見る機会もないですもの
是非一度見てみたいものですo(〃^▽^〃)o

URL | tomo #79D/WHSg | 2011/10/17 22:10 | edit

2. tomoさんへ 

大学院入試の時は必死だったので、何とも思っていなかったのです。
こうして思い出させてもらう機会があるのはありがたいです。

ロイヤルバレエのクラス、tomoさんのように習っていらっしゃる方ほど興味深いものだとおもいます。
プロの方のクラスを観る機会は、滅多にありませんからね。

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2011/10/19 23:19 | edit

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1729-866b884b
Use trackback on this entry.

Trackback
list