07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

グレード試験の申し込み・・・ 

日本から帰ってきて2週間半が経って、こちらの気候に慣れたこともあるのでしょう、昼間は半袖でちょうど良いくらいでした。

 あと10日、このような気候が続いてくれると助かりますが(10日ほどで、例の一晩外で過ごす日がやってきます)。


 イギリスに本部がある、王立音楽検定のグレード試験の締め切りが来週に迫りました。

 今回は、私の中では一番受験する生徒が多いのです。

 日本から帰ってきて3回のレッスンが終わり、とりあえず、このクリスマス前に受験希望の生徒たちはどうにか皆大丈夫そうなので、夕方からはその申し込み。

 

 受験料を支払う寸前、ここで、支払い、をクリックしてよいのかどうか、一瞬迷う瞬間です。


 早ければ11月2週目から試験になるので、2ヶ月をきっています。


 ゆっくり目な子だと、1年に1回、次のグレードを受けて、少々早めだと、2ターム(8ヶ月)に1回の試験を受けますが、今回は今年の3月にグレード1を受けて、今回グレード4まで大きく飛び級をする生徒がいます。

 もちろん、それまでに基礎を時間をかけてやっているから可能なのですが、大丈夫ではあるものの、多少の不安は付きまとうものですから・・・


 

 ここでも何度か書いていますが、ピアノの基礎って難しいものなのです。

 今タームから教えるようになった他の先生から移ってきた生徒は、ピアノを始めて1年、今回グレード1を受けるもの、最初に楽しいレッスンをやってしまったから、グレード1の曲ですら、指が動きません。

 要するに、楽しくするばかりで、指の形は教わらずに、べたべた弾きをしています。

 とりあえず、今回はグレードを受けるものの、ここで指が動かなかったら後が大変だな・・・と対策を考えている最中。

 

 最初の半年、多少大変でも指の形に気をつけて、楽譜を読むことが当たり前、というようなレッスンをするか、最初は楽しく、先生の真似をして、難しくなってきたところで急に指の形、楽譜を読むことを言われて拒否反応を起こしてしまうか。 これって、もちろん先生によって考え方も違いますが、本当はきちんと考えなくてはいけないところなのではないかしら? と改めて感じています。

 先日も知っているお母様(私の生徒ではありません)からこのことについて、相談があったばかりですし。


 

Posted on 2011/09/24 Sat. 03:45 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

24

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1710-65f55b9f
Use trackback on this entry.

Trackback
list