09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

新しい出会い再び 

 日本は台風が凄いそうですね。

 大丈夫でしょうか?


 昨日はオペラハウスで6年ぶりに1999年から2000年のマンチェスター時代にお世話になったお姉さんに再会。

 おしゃべりできたのはほんの少しの間でしたが、古い友達に会えるのは嬉しいことです。

 オペラハウスって、バレエを見るだけではなくて、色々な人たちに会う場所でもあるのだな、なんて再認識してしまいました。

 昔のホストファミリー、紳士なゴードン先生、昔の友達。 何人の人たちとばったり会ったのか分かりません。

 

 そして、先週に引き続き、昨日は新しい生徒が加わりました。

 やはり9月が新学期。 お稽古事を始める季節なのかもしれませんね。


 海外にいる日本人、初めて会う人とだと、大抵は、「在英何年目ですか?」という会話から始まります。

 昨日もそれを聞かれましたが、私の年数は多くの方々は驚きます。

 年齢の割には長めですからね。

 そして、渡英の理由を聞かれるのも毎度のこと。

 そして、英語が大嫌いだった、できなかったのにイギリスに来た、というと驚かれるのも毎度のこと。

 やはり、自分の意思でイギリスに来る場合、英語が大嫌い、というのはそう多いことではないのかもしれません。


 ピアノのレッスンは最初楽しくやりすぎると、1年くらいたってから大変になって躓きます。

 今日も、知っているお母様からそのことについて相談がありました。


 最初大変でも、きちんと楽譜を読んで弾くことができるようになってもらいたいな、と思います。

 4月頃からレッスンを始めた年中さんの女の子、「ピアノが好きになってきた!」と今日言っていました。

 こういう言葉を聞くのを楽しみに、頑張れるのかもしれません。


 ピアノを教えることだけは根気強いですから!


 

Posted on 2011/09/21 Wed. 05:41 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

21

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1707-f9a3478c
Use trackback on this entry.

Trackback
list