07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ロイヤルバレエ『ジュエルズ』インサイト・イブニング 

 マイルドな天候で助かります。

 夜遅くなるから、と思ってウールのケープを持って出たものの、薄手のセーターを着ていたので、それで大丈夫なほどでした。


 6月半ばにシーズンを終えたロイヤルバレエ、ダンサーたちの夏休みは8月に私が日本へ行く前に終っていたのですが、やっと来週から舞台が始まります。

 

 今夜は、その舞台前のインサイト・イブニングでした。

 久々に上のクロア・ストゥディオにて。


 20日にシーズン初日を飾る、ジョージ・バランシン振付の『ジュエルズ』。

 1967年に振付けられたバレエですが、ロイヤルバレエがレパートリーに加えたのは、2007年のこと。


 3つの幕から成り立ちます。 ストーリーはありません。 ダンサーたちそのものが宝石のような作品です。


 今夜は、『エメラルド』、『ルビー』、『ダイヤモンド』のうち、『ダイヤモンド』以外のプリンシパルのリハーサルを拝見しました。


 『ルビー』 ストラヴィンスキー作曲、ピアノとオーケストラの為のカプリチオ


 第2楽章と第3楽章のパ・ドゥ・ドゥを、セーラ・ラムとスティーヴン・マクレーが踊りました。

 指導は、パトリシア・ニアリー。 パトリシアは、この『ルビー』のトール・ガールを初演しています。


 パトリシアのリハーサルは他のバランシン作品でも何度か観ていますが、非常にテンポよく、そしてバランシンが何を求めていたか、彼が何を言ったのか、というようなことを含めてくださるので、私は好きです。


 スティーヴンは、今まで『エメラルド』のパ・ドゥ・トロワを踊っていたので、この役はデビュー。

 でも、切れが必要で、あのような振付はスティーヴンにぴったり。

 本番が非常に楽しみです。


 興味深かったのは、この曲はピアノ協奏曲ですが、リハーサルでは、ピアノソロの部分だけを弾いている(完全にピアノパートが休みの部分は、オケの部分を弾いているようですが)ので、特に第3楽章、ピアノだけだと、違う音楽に聴こえる部分がありました。



 ジュエルズの音楽についてのお話を挟んで、『エメラルド』。


『エメラルド』 フォーレ作曲、ペリアスとメリサンド、シムロックより


 この作品は、プリンシパルカップル2組、パ・ドゥ・トロワ、群舞の女性たちによって踊られるのですが、今回は、その第2プリンシパルカップルのリハーサル。


 ローレン・カスバートソンとニァマイア・キッシュのリハーサルで、指導は、エリーゼ・ボーン。

 ローレンは2007年にリハーサルだけ、『ルビー』のトール・ガールを踊っていますし、ニァマイアはカナダ(もしかしたらデンマーク)で、『ダイヤモンド』を踊っていたので、今回二人ともこの役はデビュー。

 しかも、ローレンは先週になってこれをやることになったそうです。

 ニァマイアは本当は第1キャストのリヤーンと踊るのですが、今回、ダブルで第2キャストのローレンとも踊っているそう。 とはいうものの、オペラハウスのサイトでは、まだベネット・がートサイドの名前も残っているので、実際にはどうなるのでしょうか?

 ローレンとリヤーン、ずいぶん身長に差があるので、同じ役といえども、両方と踊るのは感覚など大変なのでは?と思います。


 

 歩いているだけのように見える、歩くパ・ドゥ・ドゥのお稽古でしたが、実際に舞台で観るよりも、ずっと大変そうです。 というのも、ステップが単純だから、よけいに大変になってくる。

 『エメラルド』はつまらない、という人も(ダンサー自身も)多いですが、派手さはないものの、美しい作品です。

 あの単純さの中でも、あれだけやることがあるのだ、と思いながら見ていました。


 そして、続いてローレンのソロ。 『シシリエンヌ』(ドラマの、のだめカンタービレでも使われていました)の美しくはかない音楽でのソロ。

 これも派手さ、ある意味での見せ場がないので、それを魅せるのは大変なのだろうな、と思ってみていました。


 ローレンは、まだ2回ほどしかリハーサルをしていないそうなので、今回は、まだ振りも怪しい部分がありましたが、来週までには自分のものにしていくのでしょう。


 ほんの少しの調整で、がらっと変わる。 ピアノもそうですが、バレエも同じです。


 

 初日を迎えるまでにはあと1週間ありますが、シーズン開幕、とっても楽しみです。

 

Posted on 2011/09/14 Wed. 06:35 [edit]

category: バレエ

TB: 0    CM: 4

14

Comments

1. 無題 

いよいよ開幕!なんて豪華なインサイト!うらやましいです。
スティーブンはまた新しい役に挑戦するのですね。アリーナのガラ公演では何を披露してくれるのか今から楽しみです。
ニァマイヤはローレンとリャーンが相手とはまた大変…。

URL | asaco #79D/WHSg | 2011/09/15 23:44 | edit

2. 無題 

プリンシパルのリハーサルが見られるなんて、贅沢ですね
細かい解説で、自分まで見たような気になりました(*^▽^*)
リハから、どのように変化するのか、開幕が楽しみですね(^_^)v

URL | tomo #79D/WHSg | 2011/09/15 23:58 | edit

3. asacoさんへ 

プリンシパルが4人も出るインサイトは珍しいかもしれません。
来週からの舞台がとっても待ち遠しいです。

アリーナのガラ、きっとこちらでは観られないようなものが満載なのでしょうね。
スティーヴン、タップかしら?

ジュエルズのキャスト、まだ変更があると思うので、当日までどうなるのかわかりませんね。

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2011/09/16 06:33 | edit

4. tomoさんへ 

今回は特に恵まれていました。

久々のバレエレポなので、なかなか文がまとまりませんが、何かお伝えできたら、という思いでいます。

来週からの舞台がとっても楽しみです。

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2011/09/16 06:37 | edit

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1701-6e4f23b5
Use trackback on this entry.

Trackback
list