09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

セイシェル続編 考え方など 

 夜9時には薄暗くなり始めました。

 気温も相変わらず上がらず。

 7月だと、いつもはオリーブとフェタチーズを使った、ギリシャ風サラダを作ることが多いのに、今年はそのような気分にもなりません。

 代わりに、冬の間何度も作る、具沢山、春雨、肉団子スープを作ることに。

 さすがに、ここまで暑くならない7月は珍しいのでは?


 

 セイシェルから帰ってきて2週間、日本へ行くまで3週間。 きっとあっという間だと思います。


 

 さて、私がセイシェルに行く前と行って色々な方々と話した後でずいぶんと印象が違うな、と思ったことがあります。

 それは、女性のあり方、結婚、などについてのこと。


 

 私は、セイシェルというのは、1972年まで国際空港が無かったし、1976年まではイギリス領、アフリカの小さな島、これらのこと、そして私が唯一知っているセイシェル人であるアントワンのことを総合して、きっと保守的、というか昔ながらの家族のあり方がある国かな、と思っていました。

 

 が、全然違う!

 セイシェルでは(といっても、私が接したのは、中流階級以上の人たち)、ある意味で、男女のあり方というか結婚、出産について進んだ考えを持っていることがわかりました。 これを、進んだ考え、といってよいのかもわかりません。


 離婚率が非常に高いらしく、現在では、離婚時の面倒なことを避ける為に、何年も一緒に生活し、子供もいるけれど、結婚していないカップルが数多くいるそうです。 もちろん、イギリスでもこのようなカップルは多くいますが、それ以上、という印象を受けました。


 多くの人たちから、私に子供がいるのか、という質問をされました。

 日本やイギリスだったら、結婚をしているのか?という質問だと思います。

 結婚をしないで、子供がいる(それは計画無しに子供を生んだ、ということだけではなく)という現状を聞くと、子供がいるのか?という質問が多くなるのが分かるような気がしました。


  この離婚の原因、それはセイシェルの男は軽い、ということがあるそうです。

 私のホストマザーは、娘たちには、セイシェルの男とは結婚して欲しくない、とおっしゃっていたほど。

 

  聞いた話では、結婚しているのに、職場の女性を妊娠させて、その遊びの女性が妊娠したことを彼の奥様に話して、別れるように言った直後、その奥様も妊娠していることが発覚。

 結局その男は、他の若い女性を妊娠させて、その人と一緒になったとかならなかったとか。

 こういう話がいくつもあるそうです。


 

 昼間、滞在先の近くを一人でお散歩していた時、現地の男性によく声をかけられましたが、それを見た滞在先のお父さんには気をつけるように言われました。 彼らは(特に外見で特徴がある)、白人(私は白人ではありませんが・・・)の女性を自分のものにしようとする。 だから、うまい話を持ってくる。 絶対についていくな、といわれました。 言われなくても付いていきませんが。


 が、白人女性が、セイシェル人と結婚したくてセイシェルに来るケースも多くあるそうです。

 私は、セイシェルに到着して、イミグレーションでちょっとあった後、入国できたのに、税関で2度もとめられました。

 そのことを他の方々に話したのですが、それは、男探しに来る女性が結構いるから、だから女性一人、しかも、東洋人の女性一人、というのは珍しい、しかも、滞在理由がホリデーではない、というのがひっかかったのだろう、ということでした。

 イギリスもこのような女性が後を絶たなくて、女性一人は結構厳しく入国で質問される、といいますが、まさかセイシェルでもそのようなことがあるとは驚きました。


 

 思っていた以上に、多くの女性が働いていることにも驚きました。

 

 出産については、イギリスのように、別に問題がなければ、出産したその日に退院、というのとは違って、数日病院で過ごすそうです。 

 でも、医療は普通のことは問題が無いけれど、大きな病気などになると、モーリシャスまで行かなくてはいけないそうです。


 

 教育は、きちんとしたものがあるように思います。

 一般的には朝は7時45分に始まって、終るのは2時半頃。

 公立の学校に加えて、いくつかの私立の学校、フランス人学校、インターナショナル・スクール。 

 教育をより考えるお宅は、私立、インターナショナル・スクールへ行かせることが多いようです。

 私が接したほとんどの方々は、大学は海外で勉強していました。

 イギリスで勉強した、という方々に何人も出会いました。

 セイシェル大学は、つい最近できたものなのです。

 それまでは、専門学校的なものだったようです。


 

 というわけで、帰ってきてから2週間、頻繁にあちらの音楽学校の先生方とメールのやりとりをしていますし、しょっちゅうあちらのことを考えています。


 今回は、ほとんどを音楽学校の中ですごしましたが、次回は、もっと色々なことを知ることができるようになればいいな、と思います。

 その前に、フランス語を・・・ 

Posted on 2011/07/21 Thu. 06:46 [edit]

category: セイシェル

TB: 0    CM: 0

21

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1656-9baaf943
Use trackback on this entry.

Trackback
list