07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

選曲中 

 日本は、猛暑、台風といった天候のようですが、こちらは、夏が来ません・・・

 毎日のように涼しくて、雨が降って。 

 4月が一番暑かったかもしれません。

 

 暑いのは大変なのは承知していますが、このような気候のところに住んでいると、自然に汗をかかなくて、太陽も浴びなくて、体の中にカビが生えそうです。

 セイシェルに持っていった夏のワンピースは、帰ってきて洗濯をしたきり、一度も手を通していません。

 この調子だと、日本へ行くのに、冬物を持っていってしまいそうな勢いです。


 

 指の調子もよくなってきたので、次に何を勉強しようか、選曲中。

 先日の『ロミオとジュリエット』を観ていた時、やはり、プロコフィエフに魅力が。

 ランチタイムコンサートが多い現在、レパートリーのプロコのソナタ第6番は弾くのがはばかられますし、第一、今の状態の指ではあれを弾いたら、再び1ヶ月以上の休養になるのが目に見えています。

 やはり、一番大好きな、第9番をやりたいな(滅多に弾かれませんが)、と思うものの、これも、ランチタイムコンサートでは弾きにくい作品。

 第3、6、7番あたりのような曲とは全然違うタイプ。

 (ちなみに、私はプロコフィエフのピアノ協奏曲だと、第5番が一番好きです。 ちょっと周りからは、ずれています)


 

 ショパンはやはりはずせません。

 去年、本当はリサイタルで弾きたくて勉強したものの、指の不安が付きまとって途中でやめたバラードを再び勉強しなおそうと思います。

 

 ノクターンももっとレパートリーを増やしたい、と思うものの、どうしても今は弾く度に新しい発見がある、作品62-1がおもしろくて仕方が無いので、自分に厳しくならないと、新しいものができそうにありません。

 

 

 それと同時に、私には全然似合いそうに無いし、周りからも驚かれそうですが、ラヴェルの『水の戯れ』をやろうかな・・・・と。

 あのようなものが弾けるようになるのは憧れですし、今だったらできるような気も。

 これが弾けるようになったら、また一皮向けるかな、という期待も少々。


 

 折角のリストイヤー、リストも弾きたい曲がたくさん。

 

 以前、Dr.Sに言われてやっていない曲もたくさんあります。

 

 というわけで、楽譜を広げ、眺めている時間、一番幸せなのかもしれません。

 ピアノ曲は、数限りなく存在しますからね。

 

 

 いつもだったら、夜はオーケストラ曲を聴いていることが多いのですが、珍しく、大好きなチェルカスキーのピアノ演奏に酔っている夜です。 

 

Posted on 2011/07/20 Wed. 06:29 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 4

20

Comments

1. 無題 

いつか、みゆきさんの演奏を聴いてみたいです。

URL | 胡蝶蘭 #79D/WHSg | 2011/07/22 03:40 | edit

2. 胡蝶蘭さんへ 

ありがとうございます。
ロンドンで演奏する際には、お声をかけさせて下さい。

ところで来週からのマリインスキーにはいらっしゃいますか?
私は25日、8月2、4、10日に行く予定です。

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2011/07/22 20:33 | edit

3. Re:胡蝶蘭さんへ 

>Miyukiさん
7月25日「白鳥の湖」、30日、8月2日、13日と行く予定です。2日だけ重なりますね。お友達と行きますが、いつもの場所にちょっと顔を出しますね。
本当に久しぶりですね。

URL | 胡蝶蘭 #79D/WHSg | 2011/07/22 22:29 | edit

4. :胡蝶蘭さんへ 

お目にかかることができるかもしれませんね。
私はマリインスキーはアンフィのチケットばかりですが、インターヴァルには下へ行く予定でいます。

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2011/07/25 06:50 | edit

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1655-d42a780b
Use trackback on this entry.

Trackback
list