09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

仕事再開 

 今朝は寝坊かな?と思っていたのですが、とりあえずは目を覚ますことができました。 ロング・フライトの後で背中がつらいので、少し長く横になっていましたが。


 南国から帰ってきた私には、ロンドンは冬のよう。 昨日までは真夏の格好だったのに、再び長袖にセーター。

 

 

 午後からは教え。 ここ数年で初めて雷を落としました。 しかも、姉弟そろって。 私に雷を落とされ、事情を知ったお父様にも雷を落とされていました。

 1時間ずつのレッスン、最初の10分スケール、アルペジオをやったあと、パニッシュメントで、残りの時間は初見。 姉は途中で泣いていましたが。

 毎日2つずつ弾く約束をしてある初見、2週間前のレッスンでも面倒だからやっていなくて私に注意されたばかりなのに(その前のレッスンでも)、2週間でたった7曲しかやっていない。 1曲4-8小節(1段)の曲です。 

 

 中学入試の為に、2年後までにそれなりのグレードを取得することをご両親からもお願いされているし、本人もそうしたい。 でも、やることをやらない。 私だって、雷を落としたくありません。 でも、今日はそうしなくてはいけなかった。


 一昨日、試験の後に、音楽学校の先生方に指導法の話をしてきました。 それなのに、私の生徒がこれではどうにもならない。


 私の雷も怖かったようですが、お父様はもっと怖いですからね・・・・ 私もお父様も、頭ごなしに怒るのではなくて、理論的に言ってくるので、余計怖いそうです。

 



 

 セイシェルが非常に恋しい。 今回、何人もの方に、ここで働かないか、ロンドンの生徒は他の人に託して、ここに住みなさい、といわれました。 私だって心動かされるものはありますが、その決心はありません。

 音楽のヘッドには、これから定期的に年に1、2回セイシェルに指導、伴奏に行き、いずれはここに住んで欲しい、といわれました。 でも、私の愛する、芸術は弱いのがセイシェル。 バレエだって観られなくなるし、演奏活動もできなくなります。


 縁談(?)まで持ち込まれ、ある方から、「あなた結婚をしていないのだったら、うちには息子が2人いるから、どちらかと結婚しなさいよ。 あなたが気に入った方でよいから」なんていわれました。 他の方から、「あなたのところには二人いるかもしれないけれど、一人は既に結婚しているのだから、残りは1人でしょ」 といわれていましたが・・・ 別に構わないそうです・・・


 荷物を片付けながら、まだ海の香りがしていました。


 

 8月半ばには日本。 それまで、しっかり教えです。


 6月27日、28日の分、アップしました。 27日の分の1つ目は、写真が変なところに入ってしまっていますが、気力があったら、直します。

 

 

Posted on 2011/07/08 Fri. 04:10 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

08

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1628-ef35ac16
Use trackback on this entry.

Trackback
list