09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

指導 

変な天候が相変わらず続いています。


 3月末あたりから、初めてピアノを習う4歳の女の子を教え始めました。

 

 このところ、導入、初めてピアノを習う子達は、兄姉がいて、ピアノを弾く、というのがどういうことなのか知っている子供たちでした。 久々に、長女の女の子を教えると、彼女自身がゼロからの出発。

 2週間ほど前までは、なかなか全てが繋がらず、ちょっと時間がかかるかな?と思っていたのに、今週のレッスンでは、一気に全てが繋がったようです。 こういう瞬間があるから、根気よくやろう、と思うのかもしれません。

 私はとっても嬉しかったのですが、本人は、きょとん、としていました。


  子供って、最初は大変かもしれませんが、指の形だって、音を読むことだって、何だってできるのです。

先月、今月と続けて他の先生と習っていて私にうつってきた子供たちをみることになりましたが、彼らはピアノを弾くのではなくて、叩いている。

 でも、ロシア系メソッドを使用して、指を1本1本直していくと、きちんときれいな音で弾くことができるようになるのです。

 難しいだろうから、最初は、好きに弾かせる、ではあとで困ります。 最初からきちんと弾くことを教えれば、苦ではなくて、それが当たり前になるようです。


 

 今ではとっても楽になった、ませている7歳の男の子だって、2年前の今頃は大変で、レッスン前日の木曜日の夜は泣きながら母に電話をしたものです。 私に怒られることはあるものの、今ではピアノが大好き、というのだから、本当にあの時に諦めなくてよかった、と思わずにはいられません。

 

 

 今は導入の子供の指導が多いので、弾ける子をもっと教えたい、と思うものの、こうして一から育てていくのも大切かな、と思うことにしました。 私の望みで希望のレヴェルの生徒が増える、というわけではありませんから。 この世界。


 

  

 最初に教え始めてから、ちょうど10年が経ったようです。 最初の頃に母から口をすっぱくいわれた、「子供たちを音楽嫌いにさせないで」、という言葉を毎回肝に銘じながら、レッスンをしています。


 今週は、いつもよりも多目の宿題を出されている私の生徒たち、3週間後のレッスンで、どこまでやってあるのか、楽しみでありつつも、少々不安もあります。

 

 来週は、友達の生徒さんを少しみることになりそうなので、こちらもまた楽しみ。 彼とは、大学2年生の時の、子供の個人指導、という授業で、とことん話し合った仲です。 

 

Posted on 2011/06/23 Thu. 06:24 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

23

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1617-b031a06e
Use trackback on this entry.

Trackback
list