07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

本当に行くことができるのか・・・ 

 今週末から出かけるのに、やっと今日、フライト情報が届きました。

 が、どうやらカタール航空で30時間かけていく、というのが変更になり、セイシェル航空で直行12時間。 この直行、というのが実は、ローマ経由。 ローマでは50分ほどの滞在なので、私たちは外に出してもらえないでしょう。

 どうやら、ロンドンからは週に2便。 1便はローマ経由、もう1便はミラノ経由。

 最初の予定よりも1日遅く出発で、予定の3時間後に着きます。 

 実は初中東をちょっと楽しみにしていて、ドーハのことを色々と調べていたので、拍子抜け。


 同じ日に友達もヒースローから他の国へ飛ぶのですが、2時間差、プラス、違うターミナル。 最低もし同じターミナルだったら、会えたと思うのですが。 残念。 


 連絡をしている方からセイシェル航空から直接メールが送られるから、といわれたのですが、セイシェル航空、という文字は一切無くて、差出人は個人名、件名は、booking。 迷惑メールかと思って、危うく消してしまうところでした。

 いつもの、他の航空会社のEチケットに比べ、なんだか怪しい・・・

 もちろん、オンライン・チェックインなんてなさそうです。 

 その代わり、なんとチェックイン・カウンターは出発の2時間前に閉まるそうです。 そんな会社、初耳。


 この航空会社、調べてみると、レビューが結構酷い。 パーソナル・スクリーンが無い、という意見も多いのですが、安全であれば私はかまいませんが・・・ 行きは夜便なので、寝るだけですし。 長距離の場合、どこを飛んでいるかが出る、フライト・インフォメーションを見ているのが好きなので、それは残念ですが。


 私、本当に行くことができるのか、かなり不安になってきました。 ホテルの予約書が無いと入国できない国で、私はホームステイの為、アレンジしてくださっている方に手紙を書くことをお願いしましたが・・・ 

 本当に月曜日の朝にセイシェルに着いて入国できたら、拍手です。 入国できなかったら、とっても困ります。

 

 

  あちらに頼まれた楽譜の購入はとりあえず全て終ったので、一安心。 ピアノの楽譜はわかりますが、トランペットの初級から中級の一般的に使われているテキスト、なんていわれて、生憎トランペットの友達はいませんし、お店の方と話して、私が内容を見た感じで決めましたが、大丈夫なのだろうか・・・ 楽器が違うと、やはり私には知識がありません。


 

 今週は、2週間分の宿題を私の生徒たちに与えているので、子供たちも大変だと思います。

 あと1ヶ月もしたら、夏休みですし、それまでにがんばっておいてもらいたいので。


 

 あと実質3日の準備期間。 荷物のリストはできているので、あとはつめるだけ。 リストがあると油断して、去年の日本から帰ってくる時のように、前夜に荷造りをしないで、寝坊して、かなり大慌てをしたので、今回はきちんと金曜日の夜までにはほぼ終らせようと思っています。

Posted on 2011/06/22 Wed. 05:45 [edit]

category: セイシェル

TB: 0    CM: 0

22

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1616-1a84310b
Use trackback on this entry.

Trackback
list