09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

バイエル・・・ 

 今夜、オペラハウスへマノンを観に行くか迷ったのですが、結局は疲れ果てていて断念。 チケットも持っていなかったのですけれど。

 

 今日はお問い合わせがあって、レッスンのトライアル。 こちらで日本人の先生とレッスンをしていた女の子。

 珍しく、赤いバイエル。 書き込みも??と思って、レッスン後お母様にお聞きしたら、年配の先生だったそうです。 バイエルとバイエル併用集。 まさに、昭和の日本のピアノのレッスン、といった感じがします。


 こちらでレッスンをするのに、わざわざ日本から教本を取り寄せる。 私には理解できないことです。

 バイエルではありませんでしたが、以前にも日本人の先生から移ってきた女の子は、日本から取り寄せた日本の教材を使っていました。

 

 私自身は、よほど日本の教材を、とリクエストが無い限りは、こちらの教材を使用しています。 わざわざ日本から取り寄せるメリットがわからないからです。


 バイエルは指は動かせるようになるかもしれないけれど、音楽的疑問がありますし、上巻が終るまでト音記号のみ。 曲の数も30以上あるのに、ずっと右手も左手も同じ場所で弾くから、指番号で弾く危険(この女の子もまさにそう)がある。 

 

 他の教本も、ある程度は固定した場所で弾きますが、その期間が短い。


 というような理由から、私はバイエルを使いません。 こちらではみかけたことがありませんし。


 ご帰国のことがあるから、私との勉強期間はそんなに長くはなさそうですが、基本的なことを学んでもらえたらな、と思っています。


 が、ここのお宅のピアノの調律が半音下がっていて、ちょっと私には難しい。

 これはお母様にお話したので、どうにかなると思いますが。

 こういうとき、絶対音感は無いほうが良い、と思ってしまいます。


 イギリスには、結構狂っているピアノが多くあります。

 出張レッスンは私にとっては大変ですが、生徒のお宅の楽器の状態を見ることができる、という面ではプラスです。 


 明日からは激怒のバレエウィークに突入です。

 そして、今日あたりからロンドンにいらしているオペラハウスでの友達のフランス人御夫婦に、次に会う時には、フランス語をしゃべれるようにしておく、と豪語したのに、全くしゃべれません。 お会いするのは明日。 私の豪語をお忘れになっていることを願うのみです・・・ 

 こればっかりは一夜漬けではどうにもなりませんからね・・・

Posted on 2011/05/12 Thu. 03:14 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 2

12

Comments

1. 無題 

お会いできるかなと思っていましたが、いらっしゃらなかったのですね。私は3日目のマノンでしたが、やはりロホとカルロスのマノンは最高でした。特に席がステージに限りなく近くて、二人の表情がばっちり見えたというのもかなり影響したと思います。勿論、前2回のマノンもすごく良かったと思います。それぞれ持ち味も違いますし、こうして違うダンサーで楽しめるというのは幸せなことだとつくづく思いました。レスこーに関しては軍配はソアレスの方に上がりました。酔っ払っているシーンのダンスは彼の方がリアリスティックで笑えました。2人の娼婦のダンスも
ユフィさん達のほうが愉快でした。

URL | 胡蝶蘭 #79D/WHSg | 2011/05/14 09:40 | edit

2. 胡蝶蘭さんへ 

12日は迷ったのですが、疲れていたのと、もし行くと、かなり連続観賞になるので、自粛しました。
 良い舞台だったようですね。
 タマーラは、キャスト変更があって、今月末に違う相手と踊ることになったので、そちらを観る予定でいます。
 レスコー、あのティアゴ・ソアレスは普段とは比べ物にならないほど良い踊りをしていますものね。

 またお会いするのを楽しみにしております。

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2011/05/17 08:54 | edit

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1579-26ee09ca
Use trackback on this entry.

Trackback
list