07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

こどもたち 

 引き続き夏日です。

 

 このような日には、カーディフ時代、スペイン、ギリシャ系の友人たちが作っていたサラダを食べたくなります。

 アイスベルグ・レタス(いわゆる日本のレタス)、きゅうり、1.5cm角くらいに切ったフェタチーズ、好みのオリーブ、トマトを混ぜ、オリーブオイル、塩コショウで味付け。 

 私はこれにチュナの缶詰を乗せます。

 というわけで、今日の昼食、おやつはこのサラダでした。

 

 最初はフェタチーズのクセが苦手でしたが、今では平気。

 イギリスでは、フェタチーズ(に限らず、様々なチーズ類)、オリーブが日本に比べて非常にお安く手に入るので助かります。


 

 先週から教えているスイミングも、もう半分が終わり。

 

 使っているプールは、公共のプール(でも、結構お値段が高め)。 

 25メートルプールの他に、子供用の浅いプールがあるので、便利。

 が、この子供用のプール、毎時15分、45分に、5分ずつくらい、波のプールになります。

 大きい子達がはしゃぐのは全くかまわないのですが、小さい子達に気がつかないでいるので、危なくて仕方が無い。

 

 しかも、この波は、来るときと来ない時があって、毎回???といった感じです。

 この適当さ(人が少ないと波がなくなるようなので、省エネ?)、いかにもイギリス。

 

 子供たちが、少しずつ上達してくれているのが何より。

 そして、お母様方との出会いも貴重。

 

 子供たちに気に入られているらしく、昨日は、どちらが私を送っていくか(途中まで車に乗せて頂いている)で、早い者勝ちらしく、私の手を握っていました。

 そして、昨日私を送っていけなかった子は、家に帰ってまで泣いていたそうです・・・

 彼女には、一昨日だったか、『せんせい、だいすき!!』といわれましたし。

 

 ピアノの生徒たちもそうですが、やはり、私は威厳がないのか??

 お友達、くらいにしか思っていないのでしょうか?

 私の子供、といっても全く問題が無いような年齢の子供たちです。

 

 ピアノにしても、Dr.Sの奥様のオルガのように、凛とした先生になることに憧れますが、まだまだ道が遠そうです。

Posted on 2011/04/20 Wed. 06:23 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

20

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1557-8661c719
Use trackback on this entry.

Trackback
list