09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

久々のレッスン 

あっという間に4月。 今年のイギリスは、暖かくなるのが早い気がします。


 金曜日の生徒たちは既に今週からホリデー。 レッスン時間が長い生徒たちなので、通常は、金曜日は彼らのみ(たまに、夜が入りますが)。 昨日Dr.Sからの電話で、今日の夕方1時間空きがある、とのこと。

 普段なら無理ですが、今日はあいていたので、私のレッスンへ!!

 かなり久々のことです。


 結果、午後4時頃、家を出る前に中途半端な時間でしたが、早い夕食を食べたのに、7時過ぎにレッスンが終った時には空腹でした。


 全ての神経、耳を研ぎ澄ます必要があります。 必要以上に敏感になりすぎて、ペダルがきれいすぎ、と珍しいご意見を頂きました。 いつも、ペダルが汚い、といわれてばかりいましたからね。

 ある意味で成長、でも、やりすぎは駄目。


 1時間ちょっとのレッスン、結局はグリンカ/バラキレフの『ひばり』だけで終ってしまい、ブラームスまでたどり着けませんでした。 が、内容が濃すぎるほど濃いレッスンでした。

 久々のレッスンだったにも関わらず、今までとはまた違う内容のことを教えていただけたので、後戻りしていない、ということが救い。

 

 あっという間の1時間ちょっと、レッスンでだいぶ消化しました。

 私が二十歳過ぎてから先生と1から勉強して、短期間にここまで来ることができたのは、もちろん先生の熱心なご指導もありますが、毎回のレッスン中に消化をしていたからです。

 もちろん、テクニック的な部分で消化しきれない部分はあります。 でも、それ以外は、音色、打鍵、ほぼ消化していました。

 だから、カーディフ時代には、火曜日の夜8時から10時までレッスンをしていただいて、学校が10時に閉まるからすぐに家に帰り、翌朝は、学校が開く7時半からレッスン。 しかも、前夜に弾いたものを全くの練習無しに弾いても、前夜のレッスン中に消化しているから、次のステップのレッスン、ということが可能でした。 だからこそ、先生のご好意で、2日間で計5時間近くのレッスンをしていただいたこともしばしばありました。


 

 普段は生徒に、あれこれ駄目だしをしながら教えているのに、先生の前では、little girlになります。

まだまだ師事していたい、と思える先生がいることはとても幸せなことですが。


 

 私が行った時にちょうど奥様がレッスン中。 その生徒をみてびっくり。 最後に会ったのは昨年の夏?もうすぐ14歳になるHちゃん、ものすごく背が伸びて、一瞬誰なのかわかりませんでした。 彼女のことは、5、6歳の頃から知っているので、驚きです。 もうすぐ、私の背を抜かしそうです。 

 一気に年をとった気がしてきました。


 ただ、先生に通じなかったのは、私の右手の小指はまだ完全に治っていないから、絶対に触らないように、といっておいたのに、がしっとやられたので、痛みが・・・・ 次回は、赤いテープでも貼ってレッスンへ行かなくてはいけないかもしれません。

 

 これからは、きちんと定期的に通おうと思います。

 ただ、先生もお忙しいし、私は仕事がある日に朝レッスンへ行くと、頭が満杯になって教えどころではなくなってしまうので、時間調整が難しいですが。

 

Posted on 2011/04/01 Fri. 04:43 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

01

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1540-42b94094
Use trackback on this entry.

Trackback
list