09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

明日からフェスティヴァル 

 冷え込んでいるロンドンです。

 

 ついに明日から2日間は、フェスティヴァルです。

 このフェスティバルに生徒を参加させるのは、初めてのこと。

 一人ひとり、納得の演奏をしてもらいたい、と思っています。

 私自身が緊張をしないようにします。 我がDr.Sは生徒の試験の時、とんでもなく緊張して、こちら側が心配してしまうほどでした。

 

 私は子供たちにとっては先生かもしれませんが、舞台に立つ人間の1人。 舞台の怖さも、楽しさも、喜びも、全てが宝物です。 泣きたくなった舞台だっていくつもあります。 納得のいく演奏ができなくて、学生時代は、先生の前で大泣きしたこともあります。


 今週、フェスティヴァル前最後のレッスンで泣いた生徒もいます。 でも、本番の後に泣くよりも、レッスンで泣いたら、その後の数日で、絶対に彼はがんばると思います。 悔しい、という気持ちが芽生えたこと、もっと上手に弾きたい、という気持ちを持ってもらうこと、これが今回フェスティヴァルに参加する心の一番だと私は思っています。 


 今日も、明日演奏する子供たちに、「お客さんの心を温めてね。 日本のニュースで沈んでいる私を笑顔にしてね」と伝えてきました。

 私が今まで注意したり、ごちゃごちゃ言っていたことなんて、どうでもよいのです。

 彼らはきちんと消化している。 

 舞台、という与えられた最高の時間を楽しんでもらいたいと思います。

 今回、思うような演奏ができなくても、次はもっと素敵な演奏ができるようになる。 


 私は子供の頃はとってもとってもシャイな性格でしたが、舞台が大好きでした。

 バレエの発表会だって、日本舞踊の発表会だって、なかなか笑顔にはなれませんでしたが、舞台の上ではもう1人の人間になることができる。

 だから、私の生徒たちも、何かを感じてもらえたら嬉しいな、と思います。

 

 当日は思う存分楽しんでもらいたい。

 

 明日は朝から会場です。 バスがきちんと運行してくれることだけを願っています。

 

 

Posted on 2011/03/18 Fri. 05:59 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

18

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1524-8d7072b2
Use trackback on this entry.

Trackback
list