09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ばったり 

 先週の今日の夜はオペラハウスの外で過ごしたことを考えると、1週間が過ぎるのがあっという間です。


 今日はセントラルでの教えが夜。 セントラルで用があったので、少し早めに家を出て最寄り駅からチューブに乗ったのですが、次の駅で隣に座ってきた人がいました。

 じろじろこちらを見てきて、気持ち悪いおじさんだな、と思って隣を見たら・・・・ 友達でした。 しかも私より3つ年上の。

 

 もちろん彼は、私、とわかっていて隣に座ったのに、私が気がつかないから、いつになったら気がつくのか、と思ってこちらを見ていたそう。 

 「気持ち悪い男だ、って思っていただろう?」 といわれ、図星。 


 マンチェスター時代からの友達ですが、本当に偶然と会うことが多い友達。 いくらイギリス、といえども、ここはロンドン。 5分に1本はチューブが来るし、それなりの車両数です。


 会うのは久々。 私が降りるまで、10分ほどでしたが、おしゃべり。 

 この友達ほど、こうして偶然に会うことが多い人はいません。 こうして、チューブの中で会うのは2回目。 


 

 マンチェスターには1年間しかいませんでしたが、私のイギリス生活12年半の中でも、一番思い出が多い1年間。 毎晩のように、寮で友達の部屋に数人が集まっておしゃべりをしたり、いたずらをしたり。 寮のチャペルで夜中に友達とリハーサルをしたり。

 年上の友達も多かったから、彼らがコンクールだの、教えだの、という話をしているのを、自分にはとっても遠いことのように思いながら聞いていたのもあの時代。

 

 ついこの間のことのように思いますが、もう11年前のことになるのですね。

 久々にマンチェスターに行ってみたい、と思いつつも、なかなか重い腰が上がりません。


 今まで、一番長く住んだのが5年間のカーディフだったのに、気がつけば、ロンドンでの生活が6年目。 月日が経つのが早すぎます。

 

 このところ、おしゃべりをするのは、オペラハウスで知り合った人たちがほとんどでした。

 こうして、久々に同業の友達と顔を合わせて、とっても短い時間でもお互いの仕事の話をすること、ほっとする時間だな、と思いました。

 

 気になっている友達もいるから、久々に声をかけてみようと思います。

Posted on 2011/02/07 Mon. 06:28 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

07

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1485-85154f9b
Use trackback on this entry.

Trackback
list