07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

『ジゼル』 マーラ、 ティアゴ 

強風です。 家の外の大きなゴミ箱がひっくり返っていました。


 夜は、2週間振りのオペラハウスでした。 先週1週間は、ロイヤルバレエはミッド・シーズン・ブレイクでした。 クリスマスも関係なく(今年は4日くらいは休みがあったようですが)働いてきたロイヤルバレエ、お休みが必要です。


 『ジゼル』 ピーター・ライト版、 アダン作曲


 ジゼル: マーラ・ガレアッツィ

 アルブレヒト: ティアゴ・ソアレス


 ヒラリオン: リカルド・セルヴェラ

 ベルタ: クリスティン・マクナリー

 ウィルフレッド: デイヴィッド・ピッカリング


 大公: クリストファー・ソウンダース

 バチルダ: ターラ・ブリジット・バフナーニ

 狩のリーダー: ジョナサン・ハウエルズ

 

 パ・ドゥ・シス: ユフィ・チェ、 ブライアン・マローニー (リード)

          高田茜、 ベンジャミン・エラ 

          エマ・マグワイヤ、 ジョナサン・ワトキンズ


 ペザントたち: スクール生、 ロマニー・パジャック、 カミール・ブレイチャー、

          ヤスミン・ナグディ、 デメルツァ・パリッシュ、 クレア・カルヴェート、

          ベアトリス・スター・ブルーネル、 オリヴィア・コウリー、 ジャクリーヌ・クラーク、

          クラウディア・ディーン、 ジェマ・ピッチリー・ゲール、 サビーナ・ウエストカム、

          リアム・スカーレット、 サンダー・ブロンマート、 エリーコ・モンテス、

          フェルナンド・モンターニョ、 ヴァレンティーノ・ズチェッティ、 ダーウィッド


 ミルタ: ローラ・マックロック

 モイナ: ユフィ・チェ

 ズルメ: メリッサ・ハミルトン


 

 久々のオペラハウスはやはり気持ちが良いものです。

 2月の『ジゼル』はロイヤルバレエの音楽監督のバリー。 1月はバーミンガム・ロイヤル・バレエの音楽監督が振っていました。 

 バリーが振ると、音楽が鳴ります。 が、荒い部分も。 彼らしく、ブラスを効かせる演奏です。

 ただ、ところどころ、早くてびっくりでした。


 ティアゴのアルブレヒト、一昨年は私は見逃しているので、今回が初めて。 ティアゴは、一昨日までミラノスカラ座で『マノン』のレスコーを、シルヴィ・ギエム相手に踊っていました。 というわけで、その2、3週間前からミラノへ行っていたこともあり、少々ジゼルは準備不足??

 

 ティアゴのことだから、ジゼルに愛情たっぷりのアルブレヒトを演じるのか?と思ったら、全く違いました。

 ジゼルのことは愛しているのですが、少々もて遊んでいる部分もあり。

 だから、婚約者のバチルダがジゼルの家に来たとき、アルブレヒトがバチルダの手にキスをするのですが、ジゼルが目の前にいるにもかかわらず、全く躊躇なし。 

 ジゼルが、アルブレヒトとバチルダが婚約していることを知って、アルブレヒトに、「どういうことなの?」と問う部分も、Guiltとか、どうしよう?というような表情は全くありませんでした。


 ジゼルのママ、ベルタの目を盗んで、ジゼルとアルブレヒトが手を取り合う場面、ティアゴが舞台に出てきていなくて、ハラハラしました。 途中で舞台に走ってきましたが。


 第1幕は踊りも調子がそれほどではありませんでしたが、第2幕の方が踊りは良かったです。


 

 ヒラリオンのリカルド、一昨年のデビューの時には、とっても優しい性格のヒラリオンを演じました。 今回の方が、結構男っぽいヒラリオンで、驚き。

 

 パ・ドゥ・シスは、ユフィちゃんとブライアン、音楽性豊かで、エレガントな踊りをする二人、いつものことながら、ぴったり。 ブライアンが少々踊りが重いのが気になりましたが。

 サイドの中では、エマがこの役を理解している踊りだと思います。 


 ジゼルのママ役のクリスティン、今回の方がこの役が板についていると思います。が、やはり、まだまだ20代のダンサーがこういう役をやるのは難しそう。 ちょっとしたところで、若さが出てしまいますから。 それでも、立ち姿とか、動きとか、ジゼルに対する愛情とか、20代の女性が演じているとは思えません。


 ジゼルはあと1キャスト残すのみ。 今月末に『不思議の国のアリス』のプレミアがあるので、今月は公演数が非常に少ないです。

Posted on 2011/02/04 Fri. 06:23 [edit]

category: バレエ

TB: 0    CM: 0

04

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1482-388fd914
Use trackback on this entry.

Trackback
list