09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ロイヤルバレエ、リハーサル『ジゼル』より、モニカの指導 

 青空が広がっていました。 イギリス、狂っているようです。

 そのかわり、夜は久々に2℃まで冷え込みました。 やはり5℃あると暖かく感じているのですね。


 今日も再びオペラハウス。 来週から、10日間はオペラハウスへ行きませんので、最後の駆け込み?


 今日はメインハウスではなくて、地下のリンバリー・ストゥディオ・シアターにて。

 ロイヤルバレエ、リハーサル。


 リハーサル内容は、上演中(後2キャスト、計4回の公演が残っています)のジゼル。

 

 指導者は、ロイヤルバレエ芸術監督のモニカ・メイソン。


 内容は、第1幕のジゼルのお母さん、ベルタのマイムのシーンを、まだこの役をやったことがない、フランチェスカ・フィルピが。


 そして、第2幕のミルタのソロを、アンダースタディーだった、ナタリー・ハリッソンが行いました。


 モニカは、何度かベルタを演じたそうです。 プログラムで、ミルタをレパートリーにしていたことは読んでいましたが、ミルタ役はきっと似合ったでしょうね。 今日も指導しながら、ちょっとした動作が目をひきました。


 ヌレエフが作った映画で、ミルタのソロを踊っていらっしゃるそうなので、動画が残っているのだ、と思ったので、そのうち、探そうと思います。


 ほんの少し、歴史的なお話を含めながら、的確な指導。


 お母さん役をやるのは難しい。 いつも、体を引き上げてたっているダンサーが、体重を足元に落とす立ち方、歩き方をしなくてはいけない。 

 どのような役でも、基本は歩くこと、とおっしゃっていました。

 ウィリー伝説を語る部分のマイム、一箇所良くわからない部分があったので、それがわかったのでよかったです。


 腕の方向、顔の方向、とにかくちょっとしたことで、キャラクターに意味がでてくるのです。


 ナタリーは、背も高いし、ジャンプもきれいなダンサー。 彼女の場合、どうしても、手の指先に力が入ってしまう。 指先まで神経が届いている、というのとは違います。 それに伴い、腕も硬い。 これがもったいない。 今日も注意されていましたが。 あれが柔らかくなったら、彼女は一気に良いダンサーになると思いますが。


 

 ちょうど、今日はピアニストの背中側からみていたので、リンバリーにおいてあるのが、スタンウェイのピアノだとわかりました。 音からして、きっとヤマハだと思っていました。

 第2幕は、楽譜、結構切り貼りしてありますね。 

ちなみに、現在ロイヤルバレエで上演されている『白鳥の湖』なんて、かなりの切り貼り状態です。

 ジゼルはあまりCDで聴いていないから、実は曲の順番などはかなりあいまいです。


 

 いつものことながら、リハーサルを拝見するのは興味深いことでした。

 明日は昼、夜で『白鳥の湖』。 私は夜しか行きませんが、これが終ると、ロイヤルバレエは1週間のお休みです。 再来週はアメリカン・バレエ・シアターもロンドン公演があります。

 

 

Posted on 2011/01/21 Fri. 06:30 [edit]

category: バレエ

TB: 0    CM: 0

21

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1469-822d2d56
Use trackback on this entry.

Trackback
list