07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

もうすぐ楽譜が終る時 

少し寒さが再び戻ってきたようです。 再来週の月曜日の夜が冷え込まなければよいですが(いつもの、一日野宿の日)。


 あと少しで今使っている教本が終る生徒たちが二人。 二人とも、今の教本が1冊目。

 今まで教えてきた生徒たち、皆そうでしたが、導入教本の1冊目が終る時が、一番おもしろい反応を示し、終るのが楽しみで、とっても嬉しそうな顔をします。


 反応は子供によってさまざま。 一昨日レッスンをした子は、歩いていける範囲に小さなミュージックショップがあります。 お兄ちゃんの楽譜についてみていただきたいものがあったので、行ったついでに、彼女の2冊目の購入をお願いしてありました。 だから、一昨日レッスンに伺った時には、嬉しそうに新しい楽譜を見せてくれました。 きっと残りの数曲、がんばって進めることでしょう。

 


 今日レッスンをした子には、「この本が終ったら、みゆきは私を教えるのをやめてしまうの?」 と聞かれました。

 こういう反応は初めてです。

 「あなたがもうピアノを辞めたいのなら、ママに話しなさい。 でも、私はあなたに新しい本で続きをしてもらいたいけれど」 

 と伝えました。 別に辞めたかったわけでもなかったらしいですが。


 大人、というか、私たちはたとえ、1冊の楽譜が最後まで見終わっても、何度も何度もそれを引き続けます。 だから、子供たちの、教本がおわる、という感覚はちょっと新鮮。


 今までで一番かわいらしい、というかユニークな発言は、

「僕の息子にとっておくね。 みゆきが僕の息子におしえるんだよ」

 と言った、当時5歳の男の子ですね。 先週、2冊目が終ったから何を言うかな?と思っていましたが、何も言わず。

 それどころか、3月のフェスティバル、プレ・テストで弾く予定の曲に対して、

「こんなのではなくて、もっとしっとりと深く歌う曲がいいんだけれど」

 といわれました・・・ さすが私の生徒?? 

 


 グレード試験の申し込みもしたし、今タームのグレードの伴奏のお仕事のお話も来たり、とりあえず、頭と手帳を整理です。

Posted on 2011/01/20 Thu. 06:02 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

20

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1468-b0165e5e
Use trackback on this entry.

Trackback
list