07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ウォーキングの街 

昨日行ったWokingの街です。


WITH HOPE!!-110110 woking gate

 街の中心部、教会のすぐ横にあった門。 1992年だったかにできたものらしいですが、おもしろい形です。

ショッピングセンターがあるような、街。 でも、その部分を外れると、すぐそばに自然が広がっています。

 ちなみに、市役所(?)も、ライブラリーも、映画館も全部まとまっています。 

 こういう点は、カーディフを縮小したような感じもしました。

WITH HOPE!!-110110 canal

 中心部から歩いて5分もかからないところにあった、ベイジングストーク・カナル。

 カナルの横の散歩道にベンチがなかったのが残念。 ゆっくりしようと思ったので。

WITH HOPE!!-110110 by the canal

 散歩道のところにあった、標識。 こういう標識をイギリスではたくさんみかけますが、半分くらいは間違った方向を指しているので、これは完全に信じてはいけません。 

 私にとっては、飾り。


 写真の左端に見える、緑色のボックス、これはイギリスの公園、このような歩道でよくみかけるものです。 

 犬の糞を入れるゴミ箱。

WITH HOPE!!-110110 duck?

  写真ではよくわかりにくいですが、くちばしがきれいな赤色のダック? ダックの親子もいました。

WITH HOPE!!-110110 woking

 カナルからちょっと歩くと、こんな自然が。 ここ、中心部から10分もかからないようなところです。

 こういうところがイギリスなのです。

 今はマンションになってしまったけれど、私の実家は、昔は家のすぐ裏が栗林だったし、今だってちょっと歩けばお茶畑。 やはり、こういう景色をみると、ほっとするのは、田舎者?



WITH HOPE!!-110110 woking market


 ウォーキング・マーケット。 あまりストールはでていませんでしたが、この八百屋さんは長蛇の列。 おいしそうなオレンジが10個で1ポンドとか。 サツマ(日本のものに近い、みかん。 多分トルコ産)もあったので買いたかったのですが、ただでさえ多い荷物。 ということで、惜しみながら帰りました。

 ロンドンからノン・ストップ・トレインで30分弱、ということで、ここはまだまだロンドンへの通勤圏内だと思います。

 不動産屋さんの窓をのぞくのが趣味ですが、家の値段も、ロンドン(中心部を除く)とそれほど変わらないような気がします。


 今月あと二つあるコンサートは両方ともロンドン。 次の遠征は2月末。 バーミンガム経由で、ちょっと北まで行きます。 旅が好きな私は、こういう遠征が全く苦ではなくて、むしろ楽しみ。 2月の分はもうトレイン・チケットも購入済みです。

Posted on 2011/01/11 Tue. 03:12 [edit]

category: お出かけ

TB: 0    CM: 0

11

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1460-fa0f3830
Use trackback on this entry.

Trackback
list