09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

I love the UK 

暖かくて助かります。


 昨日の鍼のあと、ずいぶんと楽になって(まだ首の痛みは残ったままですが)やっと昨夜は熟睡。 

午後になって、2、3日前から始まっているはずの、ブレント・クロス・ショッピングセンターのクリスマス・セールへ。 1時間半ほどぶらぶらしてきたのですが、私が30分以上費やしたのは、Fenwickというデパートの店頭。

 ヴァイタミックスの店頭デモンストレーションをしていました。 これを30分も見続けてしまいました。

 

 おそばやさんでおそばを打っているところとか、浅草の仲見世での、人形焼の実演とか、見るのが大好きなのです。 だから、簡単にアイスクリームとか、ベジタブルジュースとか、スープができるのに引き寄せられてしまい・・・ もちろん、私が簡単に買える金額の品物ではありませんので、購入にはいたりませんが、あそこに一日中いられるかも・・・ 


 下の写真はバスの中で最近見かける広告。

WITH HOPE!!-101229


 要は、2012年のロンドン・オリンピックのヴォランティアーを募集!という広告ですが、3行目と4行目に注目。


 『孫に、自分がオリンピックとパラリンピックの開催に手を貸したよ、と伝えられます』


 という文章。 こういう部分が、私が、イギリスが大好きなところ。


 

 先週、クリスマス・イブのロンドンの朝に無料で配られる新聞の読者欄にあった投稿。

 

 書いた人は、サンタさん。

『毎年、どこの家でもクッキーとシェリー酒が用意されていて飽きました。 今年は、お寿司と、ロゼ・ワインを用意しておいてください』


 思わず、笑顔になってしまいました。


 

 私は、ブリティッシュ・ジョークのようなものが大好きです。 

 ウィットとか、良い意味でのRidicueとかが、実は好き。 初対面だとまじめに見られますけれど。 真面目だけれど、生真面目ではない、といえばよいのかしら?

 何しろ、大学院の時に、夜遅くに学校で友達と凍り鬼とか、椅子とリ合戦とか、かくれんぼをして遊んでいたひとですからね・・


 朝の新聞はなかなか手にする機会はないのですが、手にするとおもしろい記事が満載です。

Posted on 2010/12/29 Wed. 04:56 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 2

29

Comments

1. miyukiさんへ 

オリンピックボランティア募集広告の件、おもしろいですね。私もこういうところが大好きです。
ちょっと違うかもしれませんが、秋にロンドンに行った時、レジでお金を払った時に色んなコインを使って金額ぴったりを出したら「パーフェクト!」ってニッコリされたんです。
「ああ、こういうところ大好きだわぁ」って思ったのですが、これもイギリスっぽいでしょうかね?

URL | asaco #79D/WHSg | 2010/12/31 01:14 | edit

2. asacoさんへ 

オリンピックボランティアの広告、最後まで読まないとわからない点が、とってもイギリスらしい気がします。

日本だったら、ちょうどに支払っても、にっこりなんてしてくれませんよね?
こういうところが、イギリスなのですよね。
 

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2011/01/03 06:03 | edit

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1449-5226f50d
Use trackback on this entry.

Trackback
list