09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

『スケートをする人々』ブライアン、ひかるさん、茜さん、『ベアトリクス・ポッター』 

連日オペラハウスに通っています。


 今日は正午からの公演、ということもあり、ファミリー・パフォーマンス??といいたくなるほど、たくさんの子供たち!! オペラハウスでは、子供たちのために、椅子の高さを高くするのにビニールのクッションの貸し出しをしてくださいます(メインフォーイェのプログラム売りのところ)が、なんとクッションが足りなくなったそうです。


 一昨日から始まった、ダブル・ビルの2日目です。


 『スケートをする人々』 フレデリック・アシュトン振付、 マイヤベール作曲


 ブルーボーイ: ブライアン・マローニー

 ブルーガールズ: 小林ひかる、 高田茜


 ホワイト・カップル: ローレン・カスバートソン、 ニーマイヤ・キッシュ


 レッド・ガールズ: シャーン・マーフィー、 クリスティン・マクナリー


 ブラウン・ガールズ: ヤスミン・ナグディ、 ジャクリーヌ・クラーク、

               ナタリー・ハリッソン、 ベアトリス・スター・ブルーネル

 ブラウン・ボーイズ: ヴァレンティーノ・ズチェッティ、 サンダー・ブロンマート、

              ジェームズ・バッチャー、 エリーコ・モンテス


 

 やっと、今シーズンが始まっても怪我で舞台に立っていなかったブライアンが復帰。 と思ったら、私が行かなかった12月頭の『シンデレラ』で、踊ったようです。

 私はブライアンの踊りが好きなので、復活してくれて嬉しい。 昨年は、アンダー・スタディーだったのに、結局この役を5回も踊ったブライアン。 技術的なことを言えば、一昨日踊ったスティーブンのほうが勝っているのですが、ブライアンの表情、雰囲気がこの役にはぴったりです。

 

 去年、ずっと不安定だったザンレール(空中で2回転)が、きれいにきまっていました。 回転系は、たまに視点がずれる時がありましたが、それでも、怪我のあと、としては良い踊りをしていたと思います。 たまに、緊張した表情が珍しく見えたりはしていましたが。


 ブルーガールズは、当初発表されていたものと、二人とも変わりました。 今回、4キャストでこの『スケートをする人々』を行うのですが、ブルーガールズの1人の役、ラウラがもし一昨日の怪我で駄目なら、大変なことになりそうです。 今日踊る予定だったヘレンはずっと降板していますし、もう1人この役を踊るエリザベスも1ヶ月くらい観ていません。 

 

 ひかるさんは昨年もこの役を観ていますが、アシュトンの作品の中でも切れが必要なこの踊り、彼女にはぴったりです。


 ホワイト・カップルの二人は今日がデビュー。 ローレンは昨晩『シンデレラ』を踊った後なので、心配していましたが、予定通り出演。

 この二人の一番最初の振り写しからのリハーサルを、11月末に観ていますが、やはり、1ヶ月でこれだけ変わるのだ、と思いました。


背が高いローレンがトウシューズで立っても、まだニーマイヤの方が高い。 彼はいったい身長がいくつあるのでしょう??

 ニーマイヤを舞台で観るのは、10月末以来。 10月にはまだまだ表情が硬かったりもしましたが、ずいぶんほぐれてきました。

 ローレンは、かなり自由に踊っていました。 元気が良いイメージの役が多いので、こういう役は新鮮です。 


 ブラウン・カップルズは、男性4人中3人が今年入団したダンサーたち。 女性も、2人はこの役のデビュー。 ということで、ベテランダンサーが多かった一昨日に比べて、ずいぶん違うイメージの群舞でした。


 今年入団ですが、他で3年間踊ってきたヴァレンティーノ、やはりというか舞台の見せ方を知っています。 彼はまだまだ荒いところがありますが、気持ちの良い踊りをするので、これからを楽しみにしています。


 ブルーガールのフェッテ(回転)が始まると、終わりはすぐそこ。 ずっと終って欲しくないな、と思ってしまいます。


 

 『ベアトリクス・ポッターの物語(ピーターラビットと仲間たち)』 フレデリック・アシュトン振付


 街のねずみ、ジョニー: マイケル・ストーイコ 

 ミセス・ティトル・マウス: シャーン・マーフィー

 ミセス・ティギー・ウィンクル(はりねずみ): フィリップ・モスレー

 あひるのジャマイナ: クリスティン・マクナリー

 ミスター・狐: トーマス・ホワイトヘッド

 ピグリング・ブランド: ジョナサン・ハウエルズ

 ピグ・ウィグ(黒豚ちゃん): 小林ひかる


 かえるのジュレミー・フィッシャー: 平野亮一

 二匹のいたずらねずみたち: べサニー・キーティング、 ジェームズ・ウィルキー

 ピーター・ラビット: リアム・スカーレット

 

 リスのナトキン: ヴァレンティーノ・ズチェッティ


 他


 一昨日とはまた違ったキャストです。

が、キャスト変更が多くて、スリップにはぎっしり変更事項が。 1人変わると、他も変わる、というようなことがおきるわけです。 


 街のねずみ・ジョニーのマイケル、一昨日はねずみでも、普通のねずみのほうをやっていたし、リスのナトキンにも名前が入っているし、何役をこなしているのでしょう??

 ねずみ、計6人で踊るのですが、途中までは尻尾を腰のところにとめてあるのですが、とちゅうから尻尾をなわとびのように使いながら踊る。 今日、マスクがいかに見えないのかを改めて知った私は、あれで、尻尾を使いながら踊る、とはとても凄いことだ、と感心するばかりでした。


 ちなみに、この長い尻尾の振り付けは、初演当時、ダンサーたちがロープを腰に巻きつけて、アシュトンが、「もし、長い尻尾があったら、これを使ってどうするか?」とダンサーたちに考えさせて、それをまとめたそうです。


 
 あひるのジャマイナ、クリスティンがやるのは、初めて観ました。 想像以上にかわいらしくて、はっきりしていました。 

 あひると一緒に踊る、狐、これもトーマスは以前からやっている役だと思うのですが、私が観たのは初めて。 動作がわかりやすいのか、観ていてわかりやすかったです。


 黒豚ちゃんのひかるさん、私が今シーズン観た3回のこの作品、全てで踊っています。 去年のキャストのままだと、ラウラ、ヘレンが駄目だと、残りはひかるさんのみ?? もちろんアンダーがいるはずですが、この役は黒いトウシューズが必要。 どこまで用意をしてあるのでしょうか? クリスマス前にこの作品はあと2回の公演があるので、ひかるさんがやるのでは大変すぎます。

 3回観ていると、もちろん、顔の表情は見えないのですが、手のしぐさなど、少しずつ変わってくる。 とってもSweetです。


 男性トウシューズ要員(?)のジョナサン、豚ちゃんたちは男性もトウシューズを履くのですが、トウシューズで立ったまま、プロムナード(女性がトウシューズで立って、片足でバランスを立っているところで、男性が手をもって、一周する)をしています。 


 

 多分、ピーター・ラビットのリアムはこの役のデビュー。 キャラクターがあり、音楽性があるリアムならではのピーター・ラビット。 私の前に座っていた5歳くらいの女の子は、それまでも、楽しそうに観ていたのですが、ピーターが出てきたら、「わあ、ピーター・ラビット!!」と大きな声を出して、お母様に注意されていました。

 でも、ピーター・ラビットはこの作品では出番も短いし、コーダもあっという間。


リスのナトキン、ヴァレンティーノがやるのは、この前の土曜日にも観ています。 彼のリハーサルを11月末に観ていて、初めて、マスクをつけて踊ったら、途中で止まってしまうし、ふらふらしていました。

 でも、リハーサルの賜物なのでしょうね。 あのもこもこの衣装を着ても、きちんと踊れています。

 彼は、こちらが心配してしまうほど元気一杯、マキシマムで踊ります。 グラン・パ・ドゥ・シャ(空中で足を前後に180度広げるジャンプ)がとってもきれいなので、この役にはぴったりです。 そしてちょっとしたしぐさ、顔の角度が非常に愛らしいのです。


 というわけで、まだまだこのバレエの観賞を楽しんでいます。

 一昨日の公演でもそうでしたが、観客の反応がとってもよくて、最後のカーテンコール(音楽つきの部分)での手拍子もぴったり。 一昨日のほうが、音楽ともぴったりでしたが。


 休憩中にはフォーイェで踊っている子供たちもいてほほえましいです。


  

Posted on 2010/12/22 Wed. 05:58 [edit]

category: バレエ

TB: 0    CM: 0

22

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1442-f376c5f5
Use trackback on this entry.

Trackback
list