07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

『シルヴィア』 マリアネラ、 ルパート、 ギャリー (最終日) 

 昨日の夕刊を読んでいたら、私が昨日行く予定だったところのすぐ近くで30日夜雪の影響で列車が故障し、大変だったようです。

 当日券の列で一緒になった顔なじみの方が、私がセヴェノークスまで行くことを知って、そして夕刊を読んで心配なさっていたようです。 セヴェノークスの皆さんが大丈夫だと良いのですが・・・


 さて、昨夜は11月3日に始まった『シルヴィア』の最終日でした。


 『シルヴィア』 フレデリック・アシュトン振付、 ドリーブ作曲


 シルヴィア: マリアネラ・ヌニェス

 アミンタ: ルパート・ペネファーザー

 オライオン: ギャリー・エイヴィス


 エロス: 蔵健太

 ダイアナ: ラウラ・モレーラ


 シルヴィアのお付:

  フランフェスカ・フィルピ、 イッツィアー・メンディザバル、 クリスティン・マクナリー、

  サマンサ・レイン、 ラーラー・ターク、 ローラ・マックロック、

  小林ひかる、 メリッサ・ハミルトン


 第2幕の奴隷: フェルナンド・モンターニョ、 ダーウィッド

 

 第3幕の山羊: 高田茜、 マイケル・ストーイコ


 

 マリアネラのシルヴィアは今シーズン3回目。 彼女は3回、違うシルヴィアをつくりあげました。

 踊りだけをみれば、前2回の方が良かったのです。 昨日は特に第1幕ではバランスが取れていなかったし、小さなミスが多い。 というよりも、あんなにバランスが取れないマリアネラを観たのは初めて。

 でも、昨夜はキャラクターが良かった。 だから、私はマリアネラの舞台が好きなのです。 もちろん、全てが安定していればそれが一番ですが、毎回同じようなキャラクターを作り、安定性はあるけれど、それだけ、というような舞台よりも、多少のミスはあるけれど、はっと息を飲むような、その瞬間に心の中に焼きつくような舞台が好き。 きっと私のピアノと一緒。 私はミスタッチもあるけれど、すごい瞬間も作る。 自分で作ろうと思って造るのではなくて、それが生まれる。 


 昨日は出てきた時の表情から違ったし、アミンタがエロス像の陰から引っ張り出されてきた時、アミンタに背を向けて、凄くいたずらな、たくらむような笑顔。 


 エロスの矢が刺さった後、橋の上に行って、角笛を吹きます。 その後、引っ込む前に、下にいるアミンタを見る目が、彼のことが気になる目。 本当はシルヴィアは恋に落ちてはいけない身なのです。


 第2幕はギャリー演じるオライオンと体当たり。

 オライオンに対してもたくらんでばかりいましたし。 冒頭、美しい宝石などを見せられる時、1回目の公演の際は、全く興味がなく、やんわりと、アミンタのことばかりを考えているシルヴィア。 2回目は、結構強く突き放すシルヴィア。 3回目の昨日は、やんわりと断りつつも、でも、一瞬その宝石に気持ちが奪われる。

 こういう違いが観ていて面白いのです。 それが、次の踊りにもつながってくるので。 踊りを観に行っていて演劇部分を見ているのでは?と思われるかもしれませんが、これこそが、このロイヤルバレエの魅力です。


 ギャリー演じるオライオンは、この第2幕でシルヴィアのことを触りすぎるは、たくらむは、最低な男を演じていました。

 第1幕、シルヴィアとおつきの女性たちが踊っているところに、橋の上にオライオンが現れます。 この時、ギャリーの演技は思わずシルヴィアからオライオンに目を移してしまいます。 『良い獲物が見つかった』といったような感じの演技。


 アミンタのルパートは第1幕は踊りの安定は前回の方が良かったものの、表情がだいぶ良くなっていてびっくり。 マリアネラマジックか? 第3幕のザンレール(飛んで2回転)は先週のシンデレラで調子が悪かったのですが、昨日はきれいにきまっていました。


 これで、『シルヴィア』も終わり。 しばらく『シンデレラ』が続いて、再来週からダブル・ビルが始まります。

 マリアネラの舞台はオペラハウスでの公演は昨日が年内最後。 クリスマス前に、ポーランド国立バレエとともに、ワルシャワでアシュトンの『シンデレラ』を踊ります。

 

 

Posted on 2010/12/01 Wed. 06:03 [edit]

category: バレエ

TB: 0    CM: 0

01

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1418-593a3b43
Use trackback on this entry.

Trackback
list