07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

クリスマス・フェア、2箇所目 

この冬2度目のクリスマス・フェアへの出店でした。

 

 今日は先週とは違って、バスに乗ること約2時間、ロンドンの南、サリー週のリッチンモンドとキングストンの間あたりのグラマースクールの女子校(中、高校)。


 グラマースクールというのは、公立の選抜校です。 ちなみに、イギリスでは公立のことは、パブリック・スクールとは言いません。 パブリック・スクールというのは、私立の中でも伝統校(例えば、イートンとか、ハーロウ)のことをさします。 イギリス英語での公立校は、State School。 もしくは、誰でもいける、コンプリヘンシブ・スクールと、この選抜校のグラマー・スクール、という言い方をします。


 生徒たちがとてもきちんとしていて、気持ちがよかったです。 私がイギリスの高校で1年間学んだのも、グラマースクール。 とっても懐かしくなりました。


 とても大規模なクリスマス・フェアで、ストールの数は50近かったようです。 私はメイン・ホールのストール。 ストールの数は多いものの、ゆったりと設置されていました。

 

 私のお隣の方は子供向けのビーズのブレスレット、エンジェルをモチーフにした、ネックレス、キーホルダーなどを作っている方。 お嬢さんがこの学校に通っていらっしゃるそうです。 とってもよい方で、おしゃべりが弾みました。 ご主人は大学時代に日本語専攻だったそうで、「わすれてしまいました」といいながら、片言の日本語で私としゃべっていました。 というよりも、奥様に、「これはよい機会だから、日本語の練習をしなさい」と、言い渡されたという感じでしたが・・・


 今日は、レース糸と鈎針を持っていって、レース糸のシュシュを編みながら店番。 これが興味を持っていただけて、今日はレース糸のシュシュの売り上げがいつもよりも多かったです。 

 

 でも面白いのは、何人もの方々が私のストールを見ながら、そして私が編むのを見ながら、

" You are a clever girl!" "You are talented girl!"

 とおっしゃって・・・

 私、Girlという年齢ではないのですが・・・ 未だに実年齢にはみてもらえません。 友達に言わせると、大人の女性のセクシーさがないのがいけない、ということですが・・・

 2011年の目標は、脱Girlなのです。

 

 他の方々に私がいくつに見えているのか知りませんが、とにかく、私くらいの年齢で、こうして1人で手作り品のストールを出す、ということがとっても珍しいそうです。


 

 まだ混んでいない頃、コーヒーと紅茶をシックス・フォーム(12,13年生)の生徒たちが売りにきたりしていました。 

 嬉しいのは、ミュルド・ワインとミンス・パイを売りに来てくれたこと! 私、非常にアルコールに弱いのですが、このミュルド・ワイン(日本ではグリューワイン、ホット・ワインの方が一般的な言い方?)が大好物!

 昔カーディフに住んでいた頃は、素朴なクリスマス・マーケットでおじいちゃんが家に伝わる秘伝のミュルド・ワインを1杯1ポンドくらいで売っていて、これが大好きでした。

 ロンドンでは業者が3ポンドとかで売っていて、たいしておいしくありません。 


 こうしたフェアで売るものは、今日も、ミュルド・ワインとミンス・パイを合わせて£1.50。 今年初のミンス・パイでしたし、久々のミュルド・ワインはとってもおいしかったです。 2杯目も飲みたかったものの、ここで倒れたら話にならない、と思って、自粛。 


 

 というわけで、4時間のフェアがあっという間でした。 片づけをしていた私たちのところに、残ったカップケーキを5ペンス(7円くらい?)とか、ドーナツをどうぞ、とか持ってきてくださり、ドーナツ片手に片付け。 

 ちょうど夕方の混む時間だったので、途中のバスの乗り換えの時にカフェで一休み。

 行きのバスで色々とあり、疲れも倍増。

 

 次のフェアは2週間後。 今年はあと2箇所で出店予定。 今回売れてなくなってしまった色のレース糸のシュシュを編むことにします。

 

Posted on 2010/11/21 Sun. 06:33 [edit]

category: クリスマス、行事、習慣

TB: 0    CM: 0

21

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1406-4f0175bd
Use trackback on this entry.

Trackback
list