07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

生徒の笑顔 

 このところ、レッスン中にうれしいことがたくさんです。

 

 ここに度々登場している6歳の男の子。 彼のことは昨年の3月から教えていますが、昨年の夏までは大変でした。 毎回のレッスンで、腕組みして

「弾かない。 ピアノなんか大嫌いだ。 すぐにピアノを運び出してくれ」

と言われていたし、

「みゆきなんか、にんじんになってしまえばいいんだ!! にんじんになって、ママにぶつ切りにしてもらってゆでて食べてやる」

とか、色々と言われていました。 この年代の子は結構みてきましたが、こういう子は今までにもいなくて、半ノイローゼ状態。 毎週金曜日がレッスンなので、木曜日の夜に実家の母に電話をして、泣きつく有様。

 

 それが、去年の9月からだいぶ態度がかわり、段々とピアノが嫌い、とは言わなくなりました。 指の形はきれいだし、脱力もできるし、音符もきちんと読める。 本当にピアノのレッスンで一番大変なのは最初の半年。 覚えなくてはいけないことが山ほどありますからね。 イギリス人のように、ここを飛ばして、楽しくレッスンして、後で音符が読めなくて先に進めない、という教え方もありますが、私はこの教え方が嫌い。 後で苦労するのは子供自身です。


 この6歳の男の子、このところだいぶ練習をするようになって(9月に2週続けて練習してこなくて私に怒られた)、元々やればできる子なので、新しい曲を1週間で仕上げられるようになってきました。

 今の教材の残りが10ページをきったこともあり、かなりやる気が出たらしく、先週渡した新しい曲、普通、たいていの生徒は3~4週間かかることが多いのですが、彼は1週間できちんとひけるようにしてきました。

 ご両親が手伝ったわけでもありません。 こういうことは、本当に嬉しい。 

 きちんとしたリズム、音符の名前、手の形。 簡単なようで、子供にとっては結構大変なことです。 

 

 今回、両手でずっと16小節弾かなくてはいけないし、しかも、左手がメロディーで、臨時記号もあって、しかも、手の場所を移動させなくてはいけないl。

 私が何も言わなかったのに、きちんとこれらを自分で私に言われる前に説明してくれました。


 ここまできたら、後は手の移動が増えていくだけ。 やっとここまでたどり着いて、嬉しくて仕方がありませんでした。



 そして、もう1人。 夏休み中全く練習をしなかったお宅。 12歳の女の子。

 彼女は、昨年9月から私に習っているものの、それまで、音の長さも音符も読めない状態でした。 要するに、先生が弾くのをまねしていたから、とっても楽しいピアノのレッスンだった。

 でも、それではやはり前に進めない。 そこで、私に問い合わせがありました。

 今年の夏前のグレード試験は修羅場。 何度「今日こそはやめる、といおう」と思いながらレッスンに行ったことか。

 スケールの指使い、調合なんて覚える意味がない、と毎週のように言われ、だからといってスケールがきちんと弾けるわけではない。

 曲も前に進まない。


 お母様、本人との話し合いの結果、とにかく音符を読むことを覚えてほしいから、彼女が好きなポップミュージックでレッスンをすることに。 

 彼女自身に楽譜を選んでもらって、リズムと音符を理解する。

 そして、これからグレードを受けないにしても、とりあえず、スケールだけは覚えてもらいたい。


 スケールの調合のセオリー、指使い、4週間のレッスンで、長調全てをきちんと弾けるようになりました。 彼女にとっては画期的。


 曲も、自分が弾きたい曲だから(普段は私はこういうレッスンはしません。 弾きたい曲は自分で弾けるようになるもの、というのが私の考え)、楽譜もきちんと読もうとがんばり、読んだら弾けるようになった、というのがわかってきたみたい。

 今週は私が体調が悪くてレッスンがお休みになってしまいましたが、先週、先々週のレッスンは、レッスン中、彼女はずっと笑顔。 こんなことは初めて。

 

 この二人、私が、何度もやめたい、と思った生徒たち。 でも、やめたら本人のためにも私の為にもならない、と思って辛抱強くレッスンを続けました。

 これらのレッスンがある日にはオペラハウスに行くようにして、自分のモチベーションを上げたりしていました。


 諦めなくてよかった、というのが今の一番の私の感想。 教えは大変なことも多いけれど、一番大変なところから抜け出したら、後は前に進むのみ。

 子供たちから多くを学びました。 

 

 明後日は今週やる予定だったトライアルの女の子。 私の体調不良で来週に。

 最初は大変。 でも、大きくなってピアノを自由に弾けるような子になってほしい、というのが私の全ての生徒に対する考えです。 この根本にはやっぱり私の妹の存在が大きい。 小さい時にきちんと習ったから、音大には進まなかったけれど、今は色々と楽しみながら弾いているようです。 全然練習していないようですが、それでも、楽譜を見たら初見が早いし、それなりに曲想をつかむ。 それが一番の音楽の楽しみ方だ、と私は思います。

 

Posted on 2010/10/23 Sat. 06:46 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

23

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1381-9177d75b
Use trackback on this entry.

Trackback
list