07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

Hemel Hempsteadでのコンサート 

 暖かい一日でした。

 今日は、3週間くらい前にお話を頂いた場所でのコンサートでした。 ロンドン・ユーストン駅から列車に乗って北へ向かって約30分。 ハートフォードシャーのHemel Hempstead(ヘメル・ハムステッド)の教会でした。

 写真を載せたいのですが、今まで使っていた写真圧縮ソフトが使えなくて圧縮方法がわからないので、わかり次第追加します。


 駅の前は、野原。 駅の隣にパブのようなものはありましたが、お店も何も無い駅。

 教会に着く予定の時間までちょっとあったので、道路を渡ってすぐにナローボートの姿が見えたので、行ってみました。


 ご夫婦が主導のロックを作動中。 ロックを動かしているのを見るのは初めてなのでぜひ見ていたかったのですが、ここへ来た目的を忘れてはいけません・・・・


 コンサートの主催者の方が、親切に道順を教えてくださっていた(こんなことは初めて!!)ので、事前に地図をチェックもしないで、教えられたとおりに歩くことに。 野原の中にパブリック・フットパスがあったので歩きたかったのですが、生憎ウォーキング用で無い靴をはいていたので、さすがに土の上をあるくことは慎みました。

 馬がいたり、小川が流れていたり、素敵でした。


 駅から歩いて10分ほどでSt John's Churchに到着。 ちなみに、ここからシティー・センターまでは更に10分ほどだそう。 


 ついたら、コンサートのオーガナイザーの方がピアノの練習をしていらっしゃいました。 ちなみに、この方は私が修士を取得したロイヤル・カレッジの元副学長。 結構ユニークなおじさまでした。


 ピアノはヤマハのアップライト。 特別よい楽器ではありませんし、音もところどころ狂っていましたが、これがイギリスの現実。 日本のようなすばらしい楽器は滅多にありません。 日本は外側主義ですね。


 今日のプログラムは、


 モーツアルト: ピアノソナタ ハ長調 K.330

 ショパン: ノクターン 変ニ長調 Op.27-2

 シューベルト/リスト: ウィーンの夜会 第6番

 シューベルト/リスト: 水車職人と小川

 ショパン: 4つのマズルカ Op.67

 エシュパイ: トッカータ


 『水車職人と小川』、『トッカータ』、二つとも4年位前はしょっちゅう弾いていましたが、かなり久々に取り上げました。 特にトッカータは昨年の怪我以来、未だに右の小指の動きが悪いので、怖くて弾くことができないでいました。 本当は大好きな曲ですが。


 久々にある程度やりたいことができたかな、と思えるコンサートでした。

 お客様がとっても暖かくて、久々にトークつきコンサートでしたが、弾いていてとっても楽しかったです。 


 演奏後はいろいろな方がお声をかけてくださったのですが、地元のピアノの先生、という方もいらっしゃいました。


 希望者は裏のホール(集会場)にて、ランチ。 私も頂いてきました。

 ソーセージロール(パイ生地でソーセージ:イギリスの柔らかいソーセージが包んである)か、チーズ・アンド・オニオン・パイ(これもパイ生地で、チーズ、オニオンを包んである)かを選び、サラダをセルフサービス。 サラダは、レタス、きゅうり、ビートルート、コールスロー、ピックルド・オニオン、ミニトマト。 とってもインフォーマルで、私はこういうイギリスのおもてなしが好きです。

 テーブルにバゲットを切ったものが用意してありました。


 ここでの主役はおしゃべり。 私は質問を浴びせられ、いろいろな意味で口を動かすのが忙しい。 でも、こういう時間、とっても大好きなのです。

 お隣に座っていらした老婦人はとっても姿勢がきれいだな、と思っていたのですが、若い頃はスチュワーデスをしていて、日本にもいらしたことがあるそうです。 ちょうど桜の時期に日本に行ったことがあって、ホテルの方に聞いて、上野まで桜を見に行って、その風景は今でも目に焼きついている、とおっしゃっていました。


 その他、日本の音楽事情、どうして私がイギリスに来たのか、この国に長く滞在している理由、定番の質問が多いです。


 食後に紅茶とビスケットを頂いて、おしまい。


 時間があったらシティー・センターまで行きたかった(というよりも、観光案内所に用があった)のですが、どうしても教えに行かなくてはいけなかったのでロンドンにとんぼ帰り。 地下鉄に乗り継いで教えに10分遅刻。 ロンドンの移動というのは、地下鉄を使っても、時間通りになんていきません。


 またお声をかけてくださるそうなので、それが一番うれしいです。

 

Posted on 2010/10/08 Fri. 05:48 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

08

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1373-992789aa
Use trackback on this entry.

Trackback
list