07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ロンドンでコンサート 

久々にロンドンでコンサートでした。 最後にロンドンで弾いたのは確か5月だったと思うので、かれこれ4ヵ月半振りです。


WITH HOPE!!-100928 wesley's chapel

 今回は初めての教会、シティのOld Street駅近くのWesley's Chapel。 この教会の前は何度か通ったことはありましたが、入るのは初めて。

WITH HOPE!!-100928 wesley's inside

 ロンドンで言うと、St Martin in-the-Fieldとか、ピカデリーのSt James'に近い感じの教会内部。

 ピアノは、向かって右端に。

 ヤマハが入っていたのですが、どうやらバンドの練習に貸し出しているようで、音がぼろぼろでした。



 プログラムは、

 

 モーツアルト: ソナタ ハ長調 K.330

 グリンカ=バラキレフ: ひばり

 ドビュッシー: 喜びの島

 ショパン: ノクターン ロ長調 Op.62-1

 ショパン: 幻想ポロネーズ


 

 得意な曲ばかり弾いてるのではだめだ、と思って、久々に苦手なドビュッシーを入れましたが、やはり苦手。

 どうしても建物の構造上ピアノを中央に置けないので、天井が低い部分に置かれているので、音が篭りがち。

 ひばりは日本で弾いて以来久々に弾きましたが、教会のような音響の中で弾く方がきれいです。 


 いまいち集中力が無くて、ベストの演奏ではありませんでしたが、久々の演奏はやはり気持ちがよいものです。

 このところロンドン以外で弾くことが多かったから、やはりロンドンは客層というか雰囲気も違うな、と実感しました。


 

 

 それでも喜んでいただけたようで、また声をかけてくださるそうです。



 コンサート後、教会の目の前のバス停からバスに乗って、一度乗換えをして、40分だけ一度家に帰宅。 3時頃になってお昼を食べて、家の地域の教えに行って、それから、再びバスに乗って市内まで行って教え。 行ったりきたりでしたが、とりあえず、荷物だけでも家に置きに帰ることができたので、それだけでも楽でした。



 次は10日後にロンドンから北へ列車で30分ほど行ったところでの演奏。 久々に弾く曲がいくつかあるので、気持ちを入れ替えて練習です。

Posted on 2010/09/28 Tue. 03:20 [edit]

category: 自分のコンサート

TB: 0    CM: 2

28

Comments

1. シティって? 

おつかれさまでした!♪☆
いいプログラムでしたね!
ところで、シティって、金融街ですか!?

URL | のぶひる #79D/WHSg | 2010/09/29 06:24 | edit

2. のぶひるさんへ 

ありがとうございます。

シティ、お察しのとおり、金融街です。
セントラル・ロンドンの東の地域になります。

シティにはこうしてランチタイムコンサートを行っている教会が5箇所はあります。

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2010/09/30 06:39 | edit

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1365-a7372c46
Use trackback on this entry.

Trackback
list