07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

Life in the UK test 

 半袖、素足にサンダル、なんていう夏の格好がちょうど良い一日でした。 もちろん夕方になると涼しくなりましたが。

 こんなに素敵で、公園へ行って芝生に寝転がるのが一番良い日、何度かここに書いていたテストの日でした。

 

 正式名称、Life in the UK test。 確か2005年頃にシティズンシップ(国籍)を取得する人の為に導入され、2007年から、永住権希望者もテストを受ける必要がでました。


 結果から書くと、ほっとすることに、合格しました。 24問中18問以上合っていたら合格。 結果は、合格か不合格、詳しい点数は公表されません。 テスト終了後5分ほどで結果を頂きました。 合格だったので、これから書類と共にホーム・オフィスへ送る合格証を頂きましたが、不合格の場合は、どの分野が弱いのかが書かれた紙を頂くそうです。


 私は家からバスで20分ほどの公共図書館の1室で行われる場所で、テストを受けました。 同じ時間に15人が申し込みをしていたようですが、実際に来たのは13人。

 12時からテスト、と聞いていたので、11時40分頃着いたのですが、12時5分前にやっと部屋に入れて、それから、一人ずつ試験料金を払って、名前、その他の登録をして、ということをやって、12時25分頃、やっと、練習のテストを開始。 ちなみに、テストはコンピューターで行います。

 試験料金を払うのにパスポートをみせ、登録をするのに再びパスポート。 テスト開始時にも、係員が一人一人コンピューター前に座った受験者のところに来て、再びパスポートチェックでした。 ちなみに、結果を頂く時にも、再びパスポートチェック。


 登録の際、名前、生年月日、生まれた場所、国籍など、係員がパスポートを見ながら、受験者は口頭で答えることにより、ある程度の本人確認をおこなっているようです。 ここで再び問題になったのが、私の生まれた場所。 日本のパスポートに記載されているのは本籍。 私の場合、生まれも育ちも埼玉県ですが、本籍は静岡県にあります。 お墓が静岡県にあるので、昔は年2、3回は行っていましたが、住んだことはありません。

 生まれた場所を埼玉にしておかないと、これから永住権申請の時にずれが生じてしまうので、説明をして、本籍がある静岡ではなくて、生まれた場所の埼玉にしてもらいました。


 練習のテストは、コンピューターに慣れる為。 4問出されて、ここで間違いが多かったら私は

駄目かも・・・と思っていたのですが、これは全問正解。

 準備ができた人から、本当のテストに進みます。

 ちなみに、永住権も、国籍希望者も同じテスト。 同じテスト、と言っても、カンニングを防ぐ為に、コンピューターが独自に問題を選ぶので、同じ会場で同じ時間にテストを受けても、全員違う問題が出るようにしてあるそうです。


 試験時間は45分間。 残り時間がコンピューターに表示されます。 が、私、5分で終わりました。

 ただ、自信を持って答えられるものと、ちょっと不安なものもあり。 

 全てをもう一度見直し、不安なものを数えたら6つ。 でも、その中で3つは多分あっている、と思ったから、それに、これは長い時間考えてもどうにもならないと思ったので、試験開始後10分で終了にしました。

 

 問題集よりはやさしい(細かい数字、年号が私の場合は聞かれなかった)かな、とは思いましたが、全然違う方向から聞かれるものもあったりして、戸惑いました。

 ちなみに、希望者は、白い紙とペンを最初に配っていただけます。 私は、計算をする為(人口などはパーセンテージで覚えていた為、もし人数の数字を聞かれた場合は計算をする必要がある。 ここで、暗算で答えて、悔しい間違いはしたくありませんでした)に紙を頂いたものの、結局は使いませんでした。


 

 というわけで、とりあえず、一番の懸念していたものは終了。 これで、あとは本番、永住権の書類提出をするのみです。 本当は自分でやろうと思っていましたが、前回裁判沙汰だった私は、現在のヴィザと、その前のヴィザの間に半年の空白があります。 この部分をきちんと説明しなくてはいけないし、現在のヴィザが5ヶ月残っている状態で永住権申請になる為、万が一不備があった場合、前回のようにアピール(上告)をして裁判、ではなくて、再び申請やり直しになってしまいます。 というわけで、今回は弁護士の方にお願いします。

 アピールを自分でやって、裁判所にも法廷弁護士無しで行って勝った私にとって、最後の最後で弁護士の方にお願いするのは悔しいですが、こんなところで悔しがっていても仕方がありません。


 

 昨夜は緊張して、あまり眠れなかったので、やっと今夜は寝られます。 Dr.Sの奥様や、他の方々に、あなただったら英語も問題ないし、あんなテストの心配をする必要は無い、と言われていたものの、あの内容ですからね・・・ 


 ずっと持ち歩いていたテキストブックと問題集をバッグから出して、夕方教えに行った帰りに図書館に寄って、やっと本を借りてきました! 私の場合本を借りてくると、そちらに夢中になるので。


 これで、来週からのロイヤルバレエのニュー・シーズン、楽しめそうです!!

Posted on 2010/09/22 Wed. 05:24 [edit]

category: イギリス事情

TB: 0    CM: 4

22

Comments

1. 良かったですね!♪☆ 

初めてのコメントだと思います。のぶひると申します。

このたびは、おめでとうございます!♪☆

それでも、たまには、醤油の匂いや、今、日本で流行っている、B級グルメを楽しむために、帰ってきてくださいね(笑)。

ピアノやコヴェントガーデンの話題も楽しみにしています!♪☆

どうぞ、よろしくお願いします。

URL | のぶひる #79D/WHSg | 2010/09/23 08:50 | edit

2. おめでとう! 

テスト合格やったね☆
これでひと安心だね。

URL | KiKO #79D/WHSg | 2010/09/24 12:32 | edit

3. のぶひるさんへ 

初めまして。 コメントをありがとうございます。

今回は、暗記が苦手な私は心配していましたが、一度目で受かって、一安心です。

海外生活が長くなれば長くなるほど、普段はこちらの食べ物でも大丈夫でも、疲れた時、日本に行った時には、すぐに日本食が食べたくなります。
これからはおいしいものがたくさんある季節ですね。

 来週からオペラハウスのバレエシーズンが始まります。
 きっと、週に2回はバレエの話題が出てきますので、どうぞお付き合いいただければ、と思います。

 こちらこそ、よろしくお願いいたします。

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2010/09/24 21:14 | edit

4. KiKOへ 

ありがとう!
まだ申請が残っているけれど、一安心よ。
鴎の時よりもよっぽど真面目に暗記をしたよ。

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2010/09/24 21:16 | edit

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1361-ad5083db
Use trackback on this entry.

Trackback
list