07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

寮生活 

夜8時には暗くなってしまうイギリスになりました。


 昨日はロンドンの地下鉄はスト。一部は多少動いていたようですが、その影響で、ロンドン市内も家の方も、大渋滞。 ですが、私、ロンドン市民なのにストがあることを知らず(基本、バス移動なので、地下鉄情報は見ていない)、朝録音の為にセントラルに向かうのに、この時間はこんなに混んでいるんだ!!と驚いていたほど。

 実際は、ストの影響でした。 車の数がいつもより多くて、バスを使う人も多くて、とにかく普段の3倍くらい移動に時間がかかったのでした。


 日曜日にこちらについた友達と、月曜日に会っておしゃべり。 

 彼女としゃべっていて、色々なことを思い出しました。

 寮生活をスタートさせる彼女ですが、比較的新しい寮には、色々なタイプがあるようですが、彼女のお部屋には、コンロ、電子レンジ、シャワー、トイレ、と一人で生活できるようになっているようでびっくり。


 ちょうど、私は英国滞在が13年目に入ったところですが、勉強のことはおいておいて、生活が一番楽しかったのは?と問われたら、その答えは絶対に2年目のマンチェスター時代!

 もう11年前のこと。 マンチェスターの王立ノーザン音楽大学に入学し、まあ、勉強の方はいろいろとあったのですが(ホームページのピアノの部分をご参照ください)、寮生活は楽しかった!!

 

 学校からバスで15-20分くらいのところにある古くて、おばけがでそうなレンガ造りの寮。 3階建てだけれど、古いから、1階1階が高い。

 お部屋には、ベッドと机と、洗面台とクローゼット。 トイレ、シャワーは共同。 食事は寮の食堂で、ウィークデーは朝、夜。 週末は3食付。 ちなみに、かなり不味い食事です。

地下に共同の洗濯所があって、グラウンド・フロワーには娯楽室と、スヌーカー台とバー。

 もちろん練習室もいくつかあって、チャペルつき。

 デュベカバー、ピローケース、シーツは毎週お掃除のおばさんがとりかえて、洗濯もしてくれる。 お部屋も掃除機をかけてくれる。

 要は、現在は大学の寮ではほとんどお見かけできないタイプ(もしかしてオックスブリッジはこのタイプかも)の寮です。 わが母は、私を追い出して自分が住みたかった、といっています。 


 私のお部屋があったところは、外国人ばかりの場所。 楽器も色々。 

 スウェーデン人、イタリア人、アルゼンチン人、ギリシャ人、ユーゴスラビア人、ノルウェー人、アメリカ人。 これに、トルコ人の他の階の友達が加わって、夜な夜な寝る支度をしてから、ユーゴスラビア人の友達の部屋でおしゃべりをしたものです。 


 寮は、男女共同。 各フロアーにあるシャワールーム、トイレはもちろん分かれていますが、なぜか女子シャワーは一つのみ。 男子の方には4つくらいあって、よく女の子がそこを使って男の子たちに怒られていました。

 

 クリスマス前には、チャペルにて、クリスマス礼拝。 もちろん歌科の人たちもいるわけで、とっても素敵な賛美歌の歌声、今でも思い出します。


 ちなみに、寮に入る日、イギリス人は家族総出で大量の荷物を運びます。 外国人の私は、母が付いて来ていたものの、スーツケース2個とあとちょっとの荷物。 あっという間に運び終わった、と言いたいところですが、古い寮なので、もちろんリフトがついているわけはなく、3階までやっとの思いで荷物を運んだものです。


 本当は、私たちの年からは、学校の隣に新しい寮ができる予定だったのですが、もちろんできるわけはなくて、古い寮を使いました。 でも、私たちがこの寮の最後の音大の住人。

 

 下の階の人たちが騒がしくて眠れなかったり、各フロアーにある小さなキッチンの冷蔵庫に入れておいたものがいつの間にかなくなっていたり。 まあ、色々とあったものですが、10年前のことでも、鮮明に思い出されるのが、このマンチェスター時代。 


友達の新生活の話を聞きながら、色々なことを思い出してしまいました。 

Posted on 2010/09/08 Wed. 05:30 [edit]

category: イギリス事情

TB: 0    CM: 0

08

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1353-a5352757
Use trackback on this entry.

Trackback
list