07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

興味深いリハーサル 

 毎日、雨のような日々が続いています。


 今日は朝からセントラル・ロンドンへ。

 興味深いお仕事でした。


 指揮者の方から依頼された、コンクールの為の練習。 まさかオーケストラを集めるわけにはいかないから、こうして、ピアニストとかとリハーサルをして、感覚をつかむそうです。

 私が今回頼まれたのは、オペラ3曲。 抜粋でした。 でも、今日リハーサルしたのは2曲。 昨日、指揮者の方のご自宅で、二人でのリハーサルは行ってありました。 だから、少し気が楽。

 何が難しいって、私は指揮を見ながら弾くのなんて数年ぶり。 最初は感覚を忘れてしまっているから、どうしても、指揮棒と完全に一緒に弾こうとしてしまう。 でも、同時に弾けるのはピアノだから。 弦楽器とか、管楽器とか、すぐに音が出ない楽器は、指揮棒よりも微妙に遅れてから音が出るのです。 だから、指揮にあわせてピアノが弾く時にはそのように微妙に遅らせてあげなくてはいけない。 でも、最初はこの感覚を覚えていなくて・・・


 今日は歌の方が加わってのリハーサル。 私、オペラの伴奏はそれほどやっていません。 1曲は有名なオペラだけれど、私はどの部分なのか思い出せない、レチタティーボ調の語りの部分。 だから、オケはたまにしか弾かなかったり、結構入り方が難しい。 歌の方が自由にできる部分でもあるから、1回目あわせた時には指揮者の方も感覚がつかみ難くて、前日間違いをしなかった方なのに、オケに合図を忘れたり。 私、優秀??なオケのため、彼女が振らなかったら入らない。 というよりも、途中から数えてもわからないから、指揮棒しか見ていなかったので、合図をしてくれないと、入れない。 

 ピアニストというのは、他の楽器に比べて指揮者の元で弾く機会が少ないので、全体的に私だけではなく、指揮を見るのが苦手です。


 2曲目は、ある作曲家の非常にマイナーなオペラ。 今回ご一緒した歌手の方お二人もご存知でないオペラでした。 でも、この私たちがやった部分はとっても素敵で、ぜひ全幕を観てみたいね、と話していました。

 ただ、この曲は非常にマイナーすぎて、オケの楽譜はあるけれど、ピアノ簡略ヴァージョンが無い。 というわけで、指揮者の方がピアノ譜を手書きで書いてくださったのですが、やっぱり、印刷に慣れている私には手書きを読むというのはすらすらはできない。 印刷楽譜のありがたさを身にしみました。


 狭いスタジオで、テナーの方が私の真後ろで歌っていましたが、とっても声のよい方で、弾いていて引っ張られました。

 楽譜、鍵盤の他に指揮を見なくてはいけない、というのはそれだけピアニストにとっては難しくなります。 ピアノの部分と歌の部分と両方を見ていますし。

 

 以前、大学生か、その後か、カーディフにいた時に指揮科のマスタークラスで、ピアノ連弾ヴァージョンの交響曲とかは弾きましたが、こうして、コンクールを受ける人の伴奏は初めての経験。

 お仕事でしたが、とっても素敵な経験をさせて頂きました。

 終わったあとは、指揮の方、歌の方々と一緒にパブへ。 私はおとなしく紅茶ですけれど。

 このテナーの方がかなり面白い方で、顔も広そうだし、よい出会いをさせていただいたかもしれません。 連絡先を交換して、私のように大学がロンドンではなかったから、ロンドンにいる音楽家の知り合いが少ない人間にはこうした機会はとってもありがたいです。

 結局は、今回もそうだけれど、音楽家同士の口コミというのが一番大きいですから。


 その後は、近くにある楽譜が多い古本屋さんへ行って、いくつか掘り出し物を見つけてきました。

 絶版になってしまっているような楽譜はこういうところで探すしか方法が無いので。 


 9月に今日やらなかった曲を合わせ。 一番難しいのが残っているから、がんばらないと・・・

 弾いたことがない作曲家の曲はそれだけいつも以上に譜読みに時間がかかりますから。

 

Posted on 2010/08/27 Fri. 04:07 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

27

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1347-f50f3b76
Use trackback on this entry.

Trackback
list