07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

大学入試 

 青空が広がった一日でした。 でも、空気はすっかり秋。 日本の夏が恋しいです。


  先週、この夏のGCSE, Aレヴェルの結果が発表されました。 これらは、中学、高校の一斉テスト、というか、Aレヴェルの結果でいける大学が決まります。

 友達が見事、ケンブリッジの医学部に合格!! もちろん内定はもらっていましたが、この結果が最終的に発表されるまで、正式には決まっていないので、本人はとっても不安だったよう。 この前あった時にも不安そうにしていたし。

 それでも、彼は、Aレヴェルの試験の真っ最中にDr.S&奥様門下の発表会にも出ていましたからね。 やはりケンブリッジに行く人、というのはこういう余裕があるのだ、と改めて思ったしだい。

 ケンブリッジにしても、オックスフォードにしても、私の周りで音大以外に行った人はほとんどがこれらの大学に行っているので、それほど特別の大学、という感覚がなくなってきているのが怖い。


 イギリスの大学入試、というのは、進学する前年の10月が申込締切。 音大など実技を伴う大学以外は、大学ごとの入試はありません。 このAレヴェルの結果が全て。 

 Aレヴェルというのは2年間の勉強。 1年目が終わった時にASレヴェルを受け、この結果を元に、大学入試センターのようなところへ5校くらい希望を出します。 そして、内定をもらって、翌年のAレヴェルの試験の結果で正式に決まる。

 ケンブリッジ、オックスフォードなどは、面接があります。 だから、いくら成績がよくても、それだけでは入れない。 音楽とか、スポーツとかが得意な人が多いのもこれらの大学の特徴。

 

 日本のように、大学に入ってから一般教養課程というものが存在しなく、すぐに専門課程を学ぶことになります。 もっといえば、Aレヴェル、現在は4つ位履修するはずですが、年齢的には日本の高校生2、3年生に値しますが、内容は大学レベル。 かなり専門的に絞った教科を勉強することになります。

 音大だと、音楽が必須で、後は自由に2教科のAレヴェルを取ればよいのですが、医学部とかだと、数学、物理、生物あたりが必須のはず。

 

 というわけで、9月から無事大学生になれる人たちは、ほっとしているところでしょう!!

 私がこの試験を受けたのは、もう12年前のこと。 昨日のことのように思い出しますが。


 大学に入ったら入ったでそれからが大変。 何冊も文献を抱えて、エッセイを何本も書いて、学年末の筆記試験は、大抵3時間。 

 もうあの頃には戻りたくないけれど、でも、今振り返ると、本当に有意義だったな、と思います。


 R、おめでとう!!


Posted on 2010/08/24 Tue. 06:17 [edit]

category: イギリス事情

TB: 0    CM: 0

24

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1346-dff3bebb
Use trackback on this entry.

Trackback
list