07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

盆踊り 

 予定でいっぱいの一日でした。 整体に行って、かけてしまった歯の為に、歯医者。 歯医者は今週3度目。 

 夕方から、5歳のお友達のバレエの発表会を観に行って、途中で失礼をして、町内会の盆踊りへ。


 さすがに、バレエの発表会へ浴衣を着ていくわけにはいかないから、家に戻って、5分もかからず浴衣を着て、家を出ようとしたところで、母が私をみたら、なんと浴衣を裏返しに着ていました。 白地に紺の柄の浴衣、あまりにもあわてていたので、とんでもないミス。 

 幼稚園の時、日舞を始めたころに買ってもらった花柳の半幅帯は、もう20年以上経つものなのでだいぶよれよれになっていますが、やはり締めやすい帯、というのは手放せません。


 今までは2夜行われていた町内の盆踊りも、今年からはたった一日。 

 小さい頃、盆踊りの会場にかかっているちょうちんを指さして、ママという言葉よりも先に、ちょうちん、が最初に話せるようになった言葉の私は、太鼓の音を聞いたらからだが動きます。 会場の公園に着くころには、浴衣に下駄で走りだしましたから。


 最後に盆踊りに行ったのは2000年のこと。 それ以来だから、当時中心で踊っていたような方々は亡くなった方も多いので、知っている顔も少なく、残念。

 7時から始まったのですが、私は遅れて8時に行きましたが、炭坑節に、八木節、地元の所沢音頭、新所沢音頭、近隣の新秩父音頭に東京音頭。 子供の為に、オバQ音頭と、アンパンマン音頭。 いろいろと踊ってきました。 私が子供のころはドラえもん音頭でしたが、今はアンパンマン。 今の子供たち、オバQなんて、知っているのかしら?

 

 多くは、一部は踊れても、あとは中心で踊っている人たちを見ないと最初は踊れませんでしたが、音楽を聞いたとたんに勝手に身体が動いたのは、所沢音頭。 


 途中で風が強くなり、警報もでた、ということで、9時に終わる予定が、少し早く終わって、1曲でも多く踊りたかった私は残念でなりません。 


 

 ただ、今回久々に盆踊りに参加して思ったことは、盆踊りというのは何度も同じ動きを繰り返しますが、音楽、太鼓のフレーズと、踊りのフレーズは全くかみ合わない、ということ。 これで、何度わからなくなったことか・・・

 やはり、盆踊りは頭をからっぽにして踊るのが一番!


 私の今回の日本滞在の楽しみのひとつが終わってしまいました。

 太鼓の音に血が踊り、自分が日本人であることを一番感じるのが、この盆踊り。

 次に参加できるのはいつでしょう??

Posted on 2010/07/24 Sat. 04:20 [edit]

category: 日本 2010年

TB: 0    CM: 0

24

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1329-7e6e5a26
Use trackback on this entry.

Trackback
list