07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

試験会場で知っている顔 

午後から先日リハーサルをした、友達のチェロの生徒さんのグレード試験の伴奏でした。

 西ロンドンのイーリング。 この地域は結構縁がある場所。 すんだことはありませんが。 近くに日本人学校がある為、日本人もよく見かける地域です。

 

 教会の一室での試験だったのですが、驚くことが。

 試験官がなんと知っている先生。 こんなこと初めてです。 

 カーディフのロイヤル・ウエルッシュ・カレッジで私が入学した年に木管楽器科の主任になった、イギリスでは結構知られているクラリネットのジョン。 

 まさか、試験官をしているとは思いませんでした。

 私はカーディフ時代は木管楽器にはかかわっていなかったので実際にお話したことはないはず(でも、木管アンサンブルとかのピアノで入っていたので、接してはいるような気が)。 あちらが私のことを覚えているかどうかはわかりませんが、でも、伴奏が終わって出る時、こちらを見てにこっとなさったのが、わかっている、というような顔の気もします。 カーディフはこじんまりとした学校でしたし、私は結構顔が知られていたから(何しろ、色々な先生方から、みゆきは学校に住んでいるのか?と言われるほど学校にいましたから)、もしかしたらご存知かも。


 今回は試験官が二人。 といっても、このジョンと若い女性。 実際に点数をつけ、受験者への講評を書くのはジョン。 でも、この若い女性は試験官になる為のテストの4日目で、彼女が試験の進行をし、講評も書きますが、この講評はメインの試験官によって審査されるそう。 ということで、この若い女性は彼女自身も試験だった、というわけです。

 

 結果的には良く弾けたのですが、このチェロの男の子、準備をするのに、チェロを床に置き、持ち上げた時に、Cストリング(チェロの一番低い弦)に手を当てたのだか何だか、弦がびよーんとなってしまったのでした・・・・

彼は治し方を知らない。 試験官の女性に、伴奏者、できますか?と聞かれたものの、もちろんできません。 この女性が一応直し方を子供に指示して下さって、彼がやっていたのですが、子供の力では厳しいものもあり、ジョンが手伝ってくださいました。 

 チューニングだけは、私が高い、とか低い、などと言ってあげることはできますが、こういう事態になったら弦楽器経験のない私ではどうにもなりません。

 

 とりあえず、終わり。 グレード試験は、来週オーラルだけみている生徒の分で終わり。

 今回はこのチェロの子のお母様と親しくなれて、また声をかけて頂けそうなのでそれがありがたいです。 何よりも、お母様方の口コミが一番の世界ですから。


 今回伴奏を頼んでくれたサラと私は、演奏すると息がぴったりですが、性格は全然違います。 このお母様から、

 「あなたたちって全然違う性格よね。 だから、最初は二人が知り合い、とは思わなかったの」

と言われてきました・・・



Posted on 2010/07/03 Sat. 05:27 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

03

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1312-ee42861d
Use trackback on this entry.

Trackback
list