07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

うれしかったこと♪ 

暑いです。 暑さで、バスが壊れます。 今日も移動中、少なくとも3台のバスが道路の真ん中で立ち往生していました。 本数が少ない路線に乗る時は、どうか壊れないように、と祈りながらです。


 ここで何度か書いている、ユニークな6歳の男の子、ひとつ年上のお姉ちゃんがいます。 

 今週はとってもよく練習してあって、彼女もレッスンが始まる前からニコニコしていました。

 ちょっと前に白鍵からの長調のスケールをすべて終え、短調、ブロークンコードなどをしていたのですが、夏休み前に黒鍵からのスケールを教えてみることに。

 

 『黒鍵から始まる場合、右手は2の指からはじめる。 黒鍵の後の最初の白鍵は上へいく場合、1の指を使う。 左手は、下へ行く時、黒鍵の後の最初の白鍵が1の指になる』


 このルールを伝え、復唱させ、フラットが2つつくのは変ロ長調で、シとミにフラット、ということをいったら、なんと1回で2オクターブの変ロ長調のスケールを片手ずつ弾くことができてしまい、こちらが拍子抜け。 

 彼女の場合、昨年3月に私に習い始める前、ほかの先生に半年ほど習っていました。 私に代わってからはもちろん、指の形、指使い、うるさく言われましたが、ピアノを習うのにそれが当たり前、と思ってくれた。 だから、指使いを守れば弾ける(今の時点では)、ということがわかるから、ちゃんと指使いを覚えてくれるし、こうして新しいこともできる。 とってもうれしかったです。

 

 

 とりあえず、2人の生徒のグレード試験が終わり、ほっとしています。 一人は教えの時間と重なっていたために行きませんでしたが、もう一人のほう(先日書いた、ちょっとお母様が大変な子)は家から近いこともあって行ってきました。 が、普通の個人宅での試験だったのですが、少々スノッブ気味のここのお宅の方、もちろん中では聴けませんが、ドアの前でなら大抵OKしてくださったりするのに、それもだめ。 挙句の果てに、待合室に音が聴こえないように、音楽をかける有様でした。

 私たちの前は休憩時間だったようですが、そのときには静かだったのに、試験が始まったとたんにとなりのキッチンでがたがた、電話をかけまくる。 こんなこと、初めてです。 自分の生徒、伴奏などで結構色々な試験会場へ行っているのですが。

 

 というわけで、2、3週間後の結果待ち。 自分のピアノの生徒が終わったからほっとしていますが、まだ調音だけみている生徒の試験は再来週だし、今日になって友達から電話が入り、彼女の生徒さんのチェロの試験の伴奏を来週やることになりそうだし。 というわけで、今回も再び日本へ行くまでバタバタしそうです。

Posted on 2010/06/25 Fri. 05:00 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

25

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1305-981c9bf1
Use trackback on this entry.

Trackback
list