07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

バーミンガムへ 

 昨日は、ロンドンから北西へ特急列車で1時間半ほどのところにある、バーミンガムまで行ってきました。

バレエファンであれば、バーミンガム・ロイヤル・バレエをご存知だと思います。 


 家を早めに出たのに、バスの乗り継ぎが悪く、しかも渋滞。 途中からチューブに飛び乗って、チケットを受け取って、ユーストンの駅を走って一番はじのホームの列車に飛び乗りました。 ヴァージン・トレイン初めて乗りましたが、座席が広めのように感じました。


 日曜日の午後なのに、結構混んでいてびっくり。 1時38分発の列車は途中数駅に停車し、3時4分、予定よりも2分早く到着。 イギリスの列車は遅れるのが当たり前、という時代を知っているものにとって、時間通りに着くなって眼が出るほど驚きます。

 ちなみに、帰りは行きよりも2駅余計にとまりましたが、行きよりも30分余計にかかるスケジュールになっていました。 10時30分バーミンガム発の列車、ロンドンに夜中12時38分に着く予定でしたが、12時22分に着いたのでした。 これ、遅れることを見越していますね。 どれだけさばをよんでいるのだか。


 なんだか日本のターミナル駅を思い出すようなつくり(あんなにお店はありませんが)のバーミンガム・ニュー・ストリート駅でした。 ちなみに、マンチェスターとカーディフを行き来していた頃、私はいつも長距離バスを使用していたので、バスの乗り換えはいつもバーミンガムで行っていました。 とはいいつつも、バスステイションから出たことがないので、バーミンガムは全く知らない街です。


 バーミンガムの駅から本当は列車で20分、と聞いていたのですが、列車がお休みの為、振り替え輸送のバスに乗って30分ほどで、Wylde Greenというところに着きました。 駅のそばは住宅地ですが、素敵な家が並んでいました。

 

 駅から近い教会での演奏。 小さな教会なのに、ヤマハのC7が入っていました。 古いピアノだと思うのですが、メインテナンスが良いのか、とても状態が良いピアノ。 教会では滅多にこんなに状態が良い(日本のホールのピアノと比べたら状態が悪いです)ピアノには出会えません。

 

 1時間半ほどのリハーサルの後、教会では夜のサーヴィスが行われたので、私はコンサートを担当している方のお宅へ。 とっても素敵なお宅で、キッチンにはアーガーが! アーガーがあるお宅、ホストファミリーに続いて2件目。 アーガーというのは、説明が難しいですが、コンロの一種。 維持費がかかるので、滅多にみかけません。 私はお茶を頂いた後、ラウンジで本を読んでいたのですが、20畳近いラウンジはとても素敵なインテリアで、ベヒシュタインのグランドピアノに、子供達が習っている楽器がいくつもおいてありました。 そしてお庭は広くて、プール付き! プール(外)付きのお宅があることは知っていましたが、私が見るのは初めてです。 でも、この天候のイギリスで屋外プール、一体いつ使うのでしょうね???


 実は先日から再び痛みに襲われている私の右手小指。 昨年靭帯を損傷した部分です。 バラキレフの練習を始めたら駄目だったみたいです。

 コンサート、とても不安があったのですが、途中から、一昨日から痛み出してしまった歯が本番中に痛くなり、おまけに偏頭痛まで始まり、一番不安だったショパンの『幻想ポロネーズ』の最後の部分(右手小指を駆使するので)、指の痛みは感じずに済みました。


 コンサート自体は、好評でまた呼んでいただけるようで嬉しい。 プログラムがよかったそうです。


 コンサートの後は急いで駅へ。 振り替え輸送のバスを逃すと、ロンドンへ帰る列車にも遅れますから。


 自宅に帰ったのは午前1時過ぎ。 もちろん今日は完全に寝坊です。 

これで、よほどのことが無い限り、日本へ行く前のイギリスでのコンサートは全ておしまい。

 1月から、一体何回の本番があったのか? ありがたいことです。

日本へ行くまで、しっかり指の状態を把握しながら練習をしていきたいと思います。


Posted on 2010/06/13 Sun. 21:22 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

13

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1296-906764c2
Use trackback on this entry.

Trackback
list