07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ロイヤルバレエ 『シンデレラ』 セーラ&ルパート 最終日 

 蒸している一日でした。 おかげで偏頭痛。 薬を飲むタイミングが悪かったのか、一度治まったのに、数時間後再び。 今週はずっと偏頭痛が続いているようです・・・


 さて、来週金曜日でロンドンでのシーズンを終えるロイヤルバレエ、今日はマチネで4月から続いていた『シンデレラ』の最後の公演。 ロンドンでの全幕の最後です。


 シンデレラ: セーラ・ラム

 王子: ルパート・ペネファーザー

 アグリー・シスターズ: ギャリー・エイヴィス、フィリップ・モスレー

 フェアリー・ゴッドマザー: タラ・ブリジット・バヴナーニ

 春の精: エリザベス・ハロッド (騎士: リカルド・セルヴェラ)

 夏の精: ユフィ・チョイ (騎士: 蔵健太)

 秋の精: 高田茜 (騎士: ベネット・ガートサイド)

 冬の精: 小林ひかる (騎士: セルゲイ・ポルーニン)

 道化師: フェルナンド・モンターニョ


 本当は王子をイヴァン・プトロフが踊る予定でしたが、ルパートに変更。

 この公演、イヴァン目当てで買ってあったので少々がっかりでしたが、ギャリーのアグリーシスターを楽しみにしていました。


 私は基本的にセーラのコンテ系の踊りは好きですが、クラシックは苦手。 容姿で彼女はこのような役は得をしています。


 ルパートは、第2幕のシンデレラが舞踏会に着いて階段を下りてくる場面、シンデレラの手をとって、口をあけてシンデレラを見ていました。 この場面、本当に各王子が違った表情を見せてくれたものです。

 だいぶ、ルパートの表情が増えてきたので、来年度、どうなるのか楽しみになってきました。 このところ、踊りも安定していますし。


 第1幕、正直、アグリーシスターズが舞台を食ってしまっていました。

 あのロイヤルバレエで群を抜いて男前なギャリーが女性の役。 非常に似合っていました。

 相変わらず、とにかく演技が細かい。

 

 特に第1幕のダンシング・マスターがアグリー・シスターズにダンスを教える場面、今まで観たのは、全てホセ・マーティンがダンシング・マスターをやっていたのですが、今回は、ブライアン・マローニー。 だから、皆演技が細かくて、非常におもしろい。 それにしても、ブライアン、あの鬘が非常に似合いすぎていました。

 

 フェアリー・ゴッドマザー、四季の精、皆さんお疲れ? エリザベスの春の精が見ごたえがありました。


 第2幕、背が高くてハンサムな求婚者と、背が低くてちょっとアグリーな求婚者が出てきます。 いつも、この背が高い方をギャリーがやっていたのですが、今回はトーマス。 トーマスも決して小さい人ではありませんが、ギャリーの背がとても高いので、少々ちぐはぐ。

 

 4月に初めてこのヴァージョンを観た時には衣裳の安っぽさ、アシュトンにしてはストーリー性が薄いことに疑問を持ちましたが、何度も観るうちに衣装については慣れてきたし、それ以外はアシュトンのユーモアに段々と惹かれていきました。


 ロイヤルバレエの全幕物はこれで9月30日までお預けです。

 残すところ2公演。 寂しいです。

 

  5月後半のシンデレラから指揮者がかわって、バリーが振っていますが、テンポが速い。 前回観た時にはオーケストラが破壊。 今回はどうにかなっていました。

Posted on 2010/06/05 Sat. 06:07 [edit]

category: バレエ

TB: 0    CM: 0

05

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1287-7004aebf
Use trackback on this entry.

Trackback
list