09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

久々に学校へ 

 今日は暑かったのでしょうか? それとも寒かったのでしょうか? 午後出かけるとき薄手のコートを持って出ました。 お日様が出たらコートがいらないし、そうでないとコートが必要。

 

 教えがなかったので、用があって久々に学校へ。 私がここで使う、学校とは、一昨年卒業した王立音楽大学のこと。 文献を読む時には大英図書館、楽譜、音源が必要な時には学校、と使い分けています。


 ずっと気になっていた、昨日も観てきたロイヤルバレエのアシュトン振付の『シンデレラ』、第1幕の四季の精の踊りの前にフェアリー・ゴッド・マザーが踊る部分があるのですが、その曲、『シンデレラ』に含まれている曲ではありません。 1度目に観た時には???で終わってしまったのですが、その後はプロコフィエフの『束の間の幻影』のどれかのオーケストラ編曲? と思ったのですが、生憎『束の間の幻影』の楽譜が行方不明。 

 やはり私が予想したとおり、『束の間の幻影 Op.22』の中から第7番、副題でハープ、というものが着いている曲でした。 誰のオケ編曲なのでしょう?? プロコフィエフ自身が編曲したのか?

 でも、ずっと気になっていたことが明らかになったから、心(耳?)の中のもやもやが消えました。


 必要なCDを聴くと同時に、現在ロイヤルバレエが上演しているトリプル・ビルの中の『トリスト』、ジェームズ・マクミランの曲が良いな、と思う部分もある曲だったので、もしかしてピアノ曲にも良いものがあるかも、と思ってCDを聴いていたのですが、全然駄目でした。

 私は、現代曲が大の苦手ですからね。 現代曲がわかる人が聴けばよい曲なのだと思います。 彼の他のオーケストラの曲は結構気に入るものがあったので、多分ピアノ、という単一楽器のものが私には駄目なのかもしれません。

 

 先生方の名前の表を見たら、ゴードンがいらしているようなので上に行ってみたら、ちょうどレッスンが終わるようなところ。 ちょっと待ってごあいさつしてきましたが、相変わらず紳士。 でも、やっぱり今年は先生はスーツを学校に着てこなくなって、今日もTシャツ姿でしたが。

 今日はただでさえ先生は25分遅れのレッスンだったようで次の方も待っていたので、再来週もう一度会うことになりましたが。 これはDr.Sに内緒にしておかないと。 別に内緒にするようなことではないけれど、またいじけるから。


 学校へ行くと誰かしらに会うのですが、今日はそんなに会わなかったかな。 多分来年になるともっと知っている顔が減るのでしょう。


 学校はちょうど実技試験中。 ピアノ科は6月中旬ですが、試験予定表を見ていて知っている人たちのは聴きに行こうかな、と思ったものの、結構夕方の人が多くて、教えと見事にクラッシュ。 残念です。

Posted on 2010/05/27 Thu. 05:51 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

27

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1279-b8dba390
Use trackback on this entry.

Trackback
list