07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ロイヤルバレエ ミックス・ビル 最終日 

 5月5日に始まったミックス・ビルの最終日。 今回は他の公演を挟むことなく、10日間で6回の公演でした。

今日はマチネ、夜の公演だったのですが、私は教えとクラッシュした為、夜の公演だけを観てきました。

 

 マチネも観ていた最近仲良くなったメキシコ人の友達からテキストが来て、オペラハウス近くのフェアリーケーキのお店で2時間ほどバレエ談議。 私、フェアリーケーキのお店は初めて入ったのですが、見た目ほどは甘すぎず、おいしかったです。 


 夜の公演は、ファースト・キャスト。


 

『エレクトリック・カウンターポイント』

   クリストファー・ウィールドン振付、バッハの鍵盤曲、スティーブ・ライヒのエレクトリック・カウンターポイント


 セーラ・ラム、エリック・アンダーウッド、エドワード・ワトソン、リヤーン・ベンジャミン


 

 今回のこのミックス・ビルについて友達(10代から70代)と話していて面白いな、と思うのは、この『エレクトリック・カウンターポイント』と最後の『カルメン』は好き嫌いが二分していること。

 

 私自身は、『カルメン』は大好きだけれど、『エレクトリック・カウンターポイント』は大して好きではない。

 2008年の初演の時には、後半のエレクトリック・ギターの音が苦手で、この作品も苦手だったのですが、今は音楽は嫌ではないし、後半の方が好きです。


 まだソロイストにいるエリック。 コンテ、新作で起用されることが多いダンサーですが、非常に観ていて気持ちがよい踊りです。 それにしても、リヤーンの身体はどうなっているのでしょう? 彼女は40代半ば。 それなのに、あの動き。 日本公演の『ロミジュリ』のチケットも先日私が観た時には売れ残っていましたが、魅せてくれるダンサーです。 私の場合、この作品で、4人のダンサーが一緒に踊ると、リヤーンから目を離せなくなります。


 この作品、最後の最後で、ダンサーたちがドアに入った後、映像だけが舞台に映され、曲の最後で、撮影に使用している、そして、2人のダンサーは前半のソロを踊るのに使用している、豪華な衣裳に着替えて、ゆっくり前に歩きます。 その途中で幕が閉まります。

 この意味が未だにわからず、毎回観ながら考えていました。 なんとなく答えが出たような気もするけれど、これは各観客にゆだねられているのでしょう。


 

 『Asphodel Meadows』

   リアム・スカーレット振付、 プーランクの2台のピアノの為の協奏曲


 第1楽章: マリアネラ・ヌニェス、ルパート・ペネファーザー

 第2楽章: タマーラ・ロホ、ベネット・ガートサイド

 第3楽章: ラウラ・モレーラ、リカルド・セルヴェラ


 初日とはだいぶ違う舞台でした。 初日は初日で素晴らしかったし、新作だから、どちらかというと個々のダンサーよりも、振付、構成自体を中心に私は観ていたのですが、それでも、ダンサーたちが初日よりももっとこの作品を自分たちのものにして踊っているな、という印象を受けました。


 もっと観たい、と思わせられる作品でした。 エスプリが効いて、ドラマティックなこの曲。 そして、作品のタイトルから読み取れるようなストーリー。 解釈もダンサーたちにゆだねられているような気がするし、観客にも自由が与えられている。 

 

 第1楽章、マリアネラとルパートのパ・ド・ドゥで、あの大根役者、と評論家にかかれることが多いルパートがとっても素敵な表情を見せていました。 先日の『コンチェルト』の最後の公演辺りから、ずいぶん意味のある腕の動き、表情をするようになったな、と思っていたので、このまま、大根役者に戻らないでもらいたいです。

 


 第3楽章では、リカルドとラウラの息の合った踊り。 あのアレグロでリアムがインサイトの時に言っていましたが、『音楽が速くて、ピアニストは大変だから、ダンサーにも大変な振りを振付けた』というのをしみじみと思います。


 ぜひレパートリーに戻ってきて欲しい、と思う作品でした。


 

 『カルメン』

   マッツ・エック振付、ビゼー作曲、シシャードリン編曲


 カルメン: タマーラ・ロホ

 ホセ: トーマス・ホワイトヘッド

 エスカミーヨ: ベネット・ガートサイド

 M: クリスティン・マクナリー

 ジプシー: ブライアン・マローニー

 オフィサー: ギャリー・エイヴィス


  数をこなせばこなすほど、タマーラとトーマスの関係が深まっていきました。

 トーマスのカルメンとM(ミカエラのことだと・・・)にみせる表情の違い。 どうしてバレエとかオペラの主人公の男性はああなのだろう???と思わずにはいらせません。

 ジプシーのブライアンの観ていて気持ちがよい踊り。 クラシックの方が似合うダンサーだと思うのに、この役はぴったり。 彼も動きに一つ一つに意味があるダンサーです。


 今回のプログラムは確か来年度のプログラムには含まれていませんが、またプログラムに戻ってきてもらいたい、と思います。


 1週間ロイヤルバレエは公演無しで、来週土曜日から、最後のミックスビルです。

 

 

Posted on 2010/05/15 Sat. 06:10 [edit]

category: バレエ

TB: 0    CM: 0

15

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1269-59776c2c
Use trackback on this entry.

Trackback
list