07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

久々にバレエアソシエイション 

 昨夜もまた悲劇。 ずっと咳き込んで、明け方になって眠ることができたのでした。 

 この3日間、ピアノに向かう気すら起こらなかったのですが、月曜日にコンサートがある身としてはさすがにピアノを練習しなくてはいけません。 ピアノに向かったのですが、スタミナが無さ過ぎて、30分しか身体が持たない。

 月曜日に弾けるのか、かなり心配になってきました。 ピアノは優雅そうにみえるそうですが、実際は体力も精神も駆使するもの。 スタミナ勝負です。 この食いしん坊の私が食欲がなくなっているので、この週末、ちゃんと食べられるようになりたいものです。


 このような状態だったのですが、学校に行く用もあったし、夜は久々にバレエアソシエイションへ。 2月、3月と行きたかったのに教えと重なったりしていけなかったので、久しぶり。

 今夜は、ソロイストのヨハネス・ステパネク。 ヨハネスは好きなダンサーの一人。 キャラクターを出すのが優れているダンサーなので、私のブログにもよく名前があがっているはずです。 


 詳しいことはここにはかけませんが、どうしてバレエを始めたのか、今までの経歴、どうしてロイヤルバレエに入ったのか、今までやってきた役、やってみたい役、振付家との仕事、色々ととってもインフォーマルに語られていくので面白い。 これがバレエアソシエイションの魅力。 


 質問コーナーで真っ先に質問が出たのは、やはり昨日公演を終えたマクミラン振付の『ユダの木』について。 ヨハネスは、セカンド・キャストのThe Foremanの友達その1を踊っていたのです。 

 とにかく、このバレエについては初演したダンサーたち、作曲家にでさえストーリーが語られていないので、あくまでも、『自分の意見として』として話してくれました。


 このバレエアソシエイションにいらしている方々、年齢層が高いのですが、この方たちは、何十年もバレエを観ている方がほとんど。 私が観たことのないバレエ、私の中では伝説のダンサーたち、こういう名前がぱっとあがるのが、ここに来ている人たち。 

 とにかく、こういう人たちと同じ空気をすってみたい私です。


 明日は午後、夜、バレエ2公演鑑賞。 本当はダブルは好きでは無いのですが、明日は今回デビューで1度しか踊らないユフィちゃんの『シンデレラ』、そして夜は今週の今日がロンドンで最後の公演になる都さんの『シンデレラ』の1回目なので、両方行かなくてはいけないのです。 

 きっと今週、来週は日本人観客が多いのでしょうね。


 

Posted on 2010/04/16 Fri. 05:59 [edit]

category: バレエ

TB: 0    CM: 0

16

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1241-658e4483
Use trackback on this entry.

Trackback
list