07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

もうすぐホリデー 

 土曜日の夜中?日曜日の朝に夏時間が始まって、夜7時過ぎまで薄明るくなりました。 これから数ヶ月がイギリスが美しい時期になります。 が、今年は天候が悪いままです。 もう今週末にはイースターなのに。


 先日コンサートを終えたから、これから3週間コンサートは無い、とわかると、溜まっていた疲労が一気に出てきて、ありえないほどぼーっとしています。

 次に向けて練習しなくてはいけないし、日本の準備も始めなくてはいけないし、5月6月のこちらでのコンサートのプログラム提出もしなくてはいけないのに、頭が完全にストップ。 しかも、今週来週は生徒がホリデーで教えの数もかなり少ないのでよけいに気が抜けていて・・・


 10年前の今頃って何をしていたのか?と考えていました。 10年前のことってかなり最近のことのように感じます。 ちょうど10年前はマンチェスターにいた頃。 当時付いていたピアノの先生と折り合いがあわなくなって、悩んで悩んでカーディフの音大を受験しよう、と決め手、オーディションに行った頃でしょうか? 

 そして、イースターホリデーの最初の1週間は、マンチェスターで一緒にデュオをしていたチェロの友達の伴奏をすることになっていたので、ウェールズの彼女のご実家に居候。 彼女のボーイフレンドも一緒だったから、3人で、午前中は各自練習、午後の早い時間は私と友達でコンサートに向けてのリハーサル。 そして夕方から毎日何時間も、3人でモノポリーをして遊んでいて彼女のご両親に呆れられたものです。 

 


 その後の2週間はマンチェスターに戻って、寮が閉まっていたから日本人、香港人カップルの友達のところに居候。 その時に居候した友達は今隣の駅に住んでいる友達。 

 すぐ近くに住んでいた日本人のお姉さんも加わって、香港人の友達がチャイナタウンでビデオを借りてきて、毎日4人で『ロングバケーション』のドラマを観ていたのでした。 あの頃は本当に気楽。 

 その後カーディフに移ってからは、ホリデー中は毎週先生のご好意でロンドンまでレッスンに通っていたし、イースターホリデーはコンクールだの、試験だの、エッセイだのが溜まっていて自分の誕生日の頃なんて一番悲惨な時期でした。

 

 だから、こんなにゆったりとしたホリデーは本当に久々。 どこかに遊びに行きたいくらいです。

Posted on 2010/03/29 Mon. 06:29 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

29

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1223-4235416a
Use trackback on this entry.

Trackback
list