07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

Sloughでのコンサート 

 珍しい土曜日のコンサートでした。


 ずっと曇り空。 夕方から雨。 ここのところ、天候が不安定です。


 今回は、ロンドンから西へ少し行ったところのSlough。 Sloughから乗換えで女王のお膝元(日本語あっているはず)のウィンザーへ行くことができます。 

 10時20分の列車に乗る予定でパディントンの駅へ行ったら、ものすごい人。 私が乗った列車は結構混んでいました。 土曜日の午前中なのに?と思っていたのですが、多分、この列車はオックスフォード経由なので、オックスフォードへ日帰りする人が多いのだろう、というのが私の憶測。


 Sloughの駅前にはビッグテスコが。 ビッグテスコって、普通は車がないと不便なところにあることが多いから、駅前にあるのが驚き。

 街中にいる人種は、80パーセントイスラム?、と思うほど。

 歩いて5分もかからずに街中。 そこからすぐのSt Mary’s Church(http://www.stmarys-slough.org.uk/)が今日の演奏場所。 

 

 教会を見て、位置がわかって、気がつきました。 その昔、カーディフからロンドンまで長距離バスで移動をしていた時、大きな教会があるな、と思っていたのが、この教会でした。


 プログラムは、


 モーツアルト: ピアノソナタ ハ長調 K.330

 シベリウス: ワルツ

 ショパン: ノクターン ロ長調 Op.62-1

 ショパン: 華麗なる大円舞曲 Op.18


 ピアノは古いベヒシュタイン。 ピアノのタッチが浅くて、鍵盤も軽く、音もとっても軽い音。 私が好むのとは正反対のピアノです。 でも、弾かなくてはいけないのがピアニスト。 

 

 演奏自体は、ノクターンがおもしろい。 このピアノで、いかに私が作りたいノクターンの音を造るか。 これって大変なのですが、とても面白い作業なのです。 だから、本番は練習でやっていたことと同じことをやっても駄目。 

 

 今日は30分の短いコンサートだったにも関わらず、疲労はいつも以上。 やはり、私が出したい音を出しやすいピアノの時の方がはるかに弾きやすいです。


 今年いっぱいはもう決まっているようなので、来年再び声をかけていただけるそうで、楽しみです。


 教会のウェブサイトのコンサートにいろいろとエラーがあって、今日は私以外の人の名前が入っていました。

 演奏前に、教会内に知っている顔を見つけました。 もう7年位前のサマーコースで知り合ったロシア人。 その後もどこかで顔をあわせていたりしたのですが、顔をあわせるのはいつ振り? 彼女はこの私以外の人の名前が彼女の友達で、彼を聴きに来たらしいのですが、いずれにしても知っている人の演奏で驚いたそう。


 結構近くに住んでいるようで、だんな様と一緒にいらしていました。

 この世界は狭いですからね。 でもこうして知っている人に思わず会うことができるのは嬉しい。 彼女はグネーシン出身だし、かなりのモスクワ派。 同じロシアでも私はペテルブルグ派。 でも、元にあるものは一緒。

 色々と率直に感想を言ってくれるので、ありがたい。 

 でも、そんな中でも一番嬉しかったのは、ショパンのノクターンを、『これ、あまり弾かれないでしょ? マルタ・アルゲリッチのCD(私、知りませんでした。 探しに行かないと)でよく聴いているのだけれど、みゆきのはとってもマルタとは全然違う解釈。 でも、とっても説得力があって、どちらも良いな、と思ったよ』

 マルタ・アルゲリッチは私が大好きなピアニスト。 彼女との演奏の解釈を比べてくれるとは・・・ 嬉しいです。


 彼女も色々と頑張っているようで、やはり、同業者の同年代の友達に会うと刺激を受けます。


 疲れ果てていたのですが、夜はオペラハウスに行く予定だったので、家に帰っても時間が中途半端。 そのまま、ブリティッシュ・ライブラリーに直行でした。

 

Posted on 2010/03/27 Sat. 04:42 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

27

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1221-725e012b
Use trackback on this entry.

Trackback
list