09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

頼りにならないバス 

 午後から酷い雨。 このところ、不安定なお天気が続いています。

 明日はイースター前の最後のコンサート。 ロンドン、パディントン駅からノンストップの列車で西に20分足らずのSlough(スロウ)にて。 Sloughは数年前、カーディフとロンドンの間をレッスンの為に毎週行き来していた頃に通っていますが、降りるのは初めてです。


 今日は、楽しみにしていた5歳の男の子のレッスンだったのですが、バスの影響で、キャンセル。 


 ここのお宅へ行くのには、3本のバスを乗り継ぎます。 1本目は3分くらい。 2本目は5分、3本目は本来は10分で着くけれど、いつも20分はかかるので、4時からのレッスンに間に合うように、3時に家を出るのが普通。

 1本目、いつもの時間に来なくて、バス停で10分待ち。 これは別に普通。 2本目、まあまあの乗り継ぎ。 3本目、私が乗るバス停が始発なのに、15分に1本来るはずなのに、来ない。 最終的に3時45分になって、このバスと途中まで同じルートを走るバスがDiversion(本来の道筋ではなくて、回り道をしていること)していることに気がつきました。

 慌てて一つ前のバス停まで行って、途中まで行くことができるバスに乗ることに。 ここで生徒のお父様に電話。 このお宅は二人の子供合わせて1時間半のレッスン。 レッスン終わりが5時半で、6時からはもう一つのお稽古事。 私自身も忙しい小学生でしたから、こういうことは理解できます。 

 お父様に状況を伝えて、とにかく一応行くことに。


 途中まで行くことができるバスに乗ったら、私が乗る予定にしていたバスもかなりの遠回りをすることがわかりました。 途中まで行って、乗り換えようと思ってバスを待っていたのですが、これが来ない。 この時点で4時20分過ぎ。 ここからバスで混まなければ5分ほどのところですが、あいにくその道は大渋滞。 バスは来ないし、これは駄目だ、と思ってキャンセルの電話。 

 

 今日は風が冷たく、1時間近くバス停で待たされた私は体の芯から冷え切っていて・・・

 明日教えができないので、その代わりを今夜お願いしてあったので、キャンセルしたお宅の後にも教えがあったので、中途半端な空き時間ができることに。


 何たる時間の無駄。 どうやら今日からDiversionだったようですが、バス停に貼り紙がなかったので、私以外にもかなりの数の方々がバスを待っていらっしゃいました。

 イギリスだと、15分、20分バスが来ないのは当たり前、と思って待ってしまうのですよね。


 どこもかしこも道路工事中のロンドン、バス移動は時間が読めません。 でも、ロンドン中心部以外は西と東を結ぶ列車、地下鉄が無いので、どうしてもバスしかないのです。 

 バスの中で、読書と


 明日で、冬時間もおしまい。 でも、まだまだ冬のコートを着たままです。


 

Posted on 2010/03/26 Fri. 05:54 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

26

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1220-68d94cfd
Use trackback on this entry.

Trackback
list