09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ジムのサウナにて ② 

 昨日の続き。


 ジムに昼間行くと、退職しているおじさんたちがいっぱい。 後は、スキンヘッドにタトゥーのがたいの良い男性。 彼らは多分、クラブなどのセキュリティースタッフかな、という感じ。


 私はよくおじさんたちから話しかけられるのですが、その多くの内容は、いかに日本人がにこにこしていて良い人たちで、意見を言わないでいるか。 英語が話せないから、何にでもイエス、と言う、と言われました。 あとは第2次世界大戦のこと。


 第2次世界大戦、もちろん避けてはいけない話題なのだけれど、日本で習ったことと、他の国で伝わっていることに違いがありすぎ、困ることもしばしば。 

 そもそも、私が通った中学、高校は必修の日本史は中学2年生の時だけ。 高校1年生は選択で日本史か地理。 私は地理選択。 高校2,3年生は受験にあわせての選択だったので、他の文系の人たちが世界史、日本史を勉強している間、私は美術選択(当時は美大に行く予定でしたから)でひたすら石膏デッサンをしていたのです。 

 ということは、大体日本史を勉強する時というのは縄文時代や、平安時代などに時間を割きますからね。 1年間の授業だと、たいてい第2次世界大戦辺りは駆け足。 興味があれば自分でいろいろと本でも読むのでしょうが、戦争の映像、怖くて顔を背けてしまう情けない私です。


 それに、日本では日本がアメリカに原爆を投下されたこと、特攻隊、真珠湾攻撃、少しだけ従軍慰安婦のこと。 どちらかというと、日本が他の国にやったことはあまり教えられていないと思うのです。

 私はカーディフ時代のバプティストカレッジの寮で韓国人の男子学生から嫌がらせを受けても、日本がその昔韓国にやったことを知らなかったから、どうして私が嫌がらせをされなくてはいけないのか全くわからなくて、嫌な気持ちになったものです。


 ジムのサウナで、おじさんたちから、日本があれをした、これをした、と色々と聞くのですが、どれも私は初めて耳にすることばかり。 私、かなり馬鹿だと思われたらしい。 それで、日本では教えられていないから、と伝えると、どうして自分の国がやったことを後世に伝えていかないのだ、と反対に質問されてしまいます。

 自分たちがやった過去の悪いことにも目をそむけるべきではない、というのがイギリス人の考え。 

 まあ、日本は私からすると今でも鎖国、もっといえば、鎖県しているような国ですから、構わないのかもしれないけれど、でも、海外に行く人が増えている今、きちんと過去の過ちも教えていかなくてはいけないと思うのです。

 きっと、日本の偉いなんというのでしたっけ? 政治家? 彼らが海外視察へ行って、うわべではなくて、こうして一般人と会話をしたらわかると思うのですけれど。 

 日本は英語教育に力を入れて、国際社会、国際社会、と言っているけれど、決してそうではないように思えてなりません。 



 この間2月のチャイニーズ・ニュー・イヤーの日、更衣室でおばさんから、『Happy New Year』といわれました。 

私は「ありがとう」、と言いながらも、「私は日本人だから、チャイニーズ・ニュー・イヤーを祝う習慣は無いの」と伝えたのですが、ここから私はその日急いでいたのですが、日本と中国の違いを説明する羽目に。

 この女性はロシア人とイラン人のハーフで、20歳頃からイギリスで生活している方。 

 彼女曰く、この日彼女はシンガポール人の友人からニューイヤーのディナーに招待されていたから、シンガポールがチャイニーズ・ニュー・イヤーを祝うのであれば、日本人も同じなのであろう、と思ったそうです。

 

 彼女は日本の着物に興味があるらしく、話は着物のことにまで行きました。 私は着物好きなので、こういう話題は大歓迎ですが、ジムの更衣室で話す内容ではないような・・・ 


 

 とにかく、普通に生活しているだけで楽しい国。 これがイギリス。 人種がたくさんいて、それらが共存しているというのがロンドン。 小学校かな、中学校かな、普通の学校で宗教、という授業があるのも、たくさんの人種がいる国だから色々な宗教のことを理解しなくてはいけない、という考えから。 決して一つの宗教を布教しているわけではない宗教の授業。 


 私、よく周りからもっと社交的になりなさい、と言われるけれど、決して社交的でないわけではありません。 オペラハウスには一人で行くけれど、70歳過ぎた方々から、10代のバレエ留学生、色々とおしゃべりする相手がいます。 ジムに行けば、誰かしらとおしゃべりすることが多いし。 ただ単に、ちょっとずれているだけ。


 

Posted on 2010/03/16 Tue. 05:12 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

16

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1211-d55ef94b
Use trackback on this entry.

Trackback
list