09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

グレード試験 

 寒い夜でした。 

 

 聴音の生徒のヴァイオリンのグレード試験の伴奏を引き受けていたので、今日はその試験の伴奏。 

 北ロンドンのある試験会場は、個人のお宅。 夏にも他の北ロンドンの会場が個人宅であったことはありましたが、今回はテラスハウスのお宅だし、音の問題はどうなっているのだろう?と今家探し中+ピアノがある、というと拒否される私はこちらの方が興味津々。


 待合室がなんとキッチン。 しかも、猫を飼っているらしく、猫のにおいが凄い。 ペットを飼ったことがなく、犬も猫も苦手な私には辛い待ち時間。 ホームステイをしていたお宅にも猫がいましたが、こんなに凄いにおいではなかったのに。


 グレード試験は、曲を3曲、スケール&アルペジオ、初見、そして聴音、という構成。 伴奏をした後は、待合室で聴いていた(音は全部漏れています)のですが、途中、次の受験者が来て、ヴァイオリン受験の男の子。 すぐに彼の伴奏者らしい女性が来たのですが、なんとこの伴奏者、トレーニングウェアに運動靴。 

 別にどんな格好で来ても良いのですが、たとえグレード試験であっても、伴奏をしに行く場合にはきちんとしていきなさい、と以前学校でも言われていたし、それが当たり前のこと、と思っていた私はびっくり。

 別に男性だったらスーツを着て行かなくても良いけれど、ジーンズと運動靴は良くない、と言っていたし。


 そういえば、私たちがこの試験会場に着いた頃、待合室で小さいヴァイオリンを調弦している男性がいたのですが、この男性はこの私たちの後に試験だった男の子の先生で、先に来て、調弦だけしていったことが判明。 

 この先生、あまりにも調弦が酷くて、音も汚いし、私が伴奏した女の子と私は顔を見合わせてしまったくらい。

 

  

 でも、こういう伴奏者とか、ヴァイオリンの先生が多分イギリスにはたくさんいるのだと思います。 私がたまたまDr.Sにピアノを習って、先生の奥様もピアノの先生だし、そういう環境にしかいなかったから、多分、驚くのかもしれません。

 Dr.Sの奥様はレッスン前はジーンズでいても、レッスンの時間になると、きちんと身支度し、いつも素敵にしていらっしゃいますから。 教え方だって、子供にだって汚い音なんて出させないし、きちんとしています。

 まあ、Dr.Sはあまりにも風格がありすぎ、特にカーディフの音大では門下生以外はなかなか近寄れない、学校のほかの先生も恐れていた、ということもありましたけれど。 風格ほどは怖くないのですけれどね。 最初の1年間、怖くて恐ろしくて先生の顔も見られなかった私が言えることではありませんけれど。


 学生時代、オーディションとかとにかく、格好を見ればその人がどんな演奏をするかわかるから、というようなことを色々な先生方がおっしゃっていましたが、それがわかるような気がします。


 といいつつも、来週は久々に私自身のピアノの生徒がグレードを受けるので、実は自分のコンサートよりも緊張している私です。 教え始めて半年ちょっとの生徒だから、まだまだ私が要求したいことの4分の1もできていませんからね・・・

Posted on 2010/03/12 Fri. 05:00 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

12

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1207-b5b0fb0d
Use trackback on this entry.

Trackback
list