07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

リーズの結婚 マリアネラ&カルロス 

 バレエを2006年12月に再び観始めた時から上演されるのが楽しみだったのが、アシュトン振付の『La Fille Mal Gardee(リーズの結婚)』 以下、フィーと省略。


 今日のキャストとは違いますが、ドレスリハーサルの写真は

 http://www.ballet.co.uk/gallery/jr_fille_roh_0310より。

 

やっと観ることができました。


 主なキャストは


リーズ: マリアネラ・ヌニェス 

コラース: カルロス・アコスタ

未亡人シモーン: ウィル・タケット

トーマス: クリストファー・サウンダース

アライン: ジョナサン・ハウエルズ


 このバレエが初演されたのは、1789年、フランスのボルドーでのこと。 その際には、そのオーケストラの主席ヴァイオリニストが曲を書いたそうです。 その後、1928年にパリで上演された時に、ヘロルド(Herold)がスコアを書き、その後、ロシア、アメリカなどで上演されているヘルテルが書いた音楽もあります。

 1959年、アシュトンがロイヤルバレエにこの『フィー』を振付けたさい、ジョン・ランクベリーがヘロルドのものを元に、いくつかの曲をまとめて、今上演されているものができあがったそうです。 もっとも、ヘロルドのものが元になっているとはいえ、ドニゼッティー、ロッシーニなどの曲から多くのメロディーが使われています。


 あらすじは実に簡単。 農家の未亡人、シモーンの一人娘のリーズと農夫のコラースはお互いを好きあっているのですが、シモーンはもっと地位の高い人と自分の娘を結婚させようとしています。

 大地主のトーマスが息子のアラインをリーズと結婚させようとやってきます。 アラインはシャイな男の子。


 結局は、アラインとリーズを結婚させることにしたのですが、結婚式の日、リーズの部屋にリーズを閉じ込め、アラインが部屋の鍵を開けたら、中にはリーズとコラースがいて、最終的にリーズとコラースが結婚する、というお話。


 音楽もとってもチューンフル(メロディーがわかりやすい)だし、お話もとってもストレート。

 マリアネラはこういう役がぴったり。 でも、私は彼女のコッペリアのスワニルダも観ていないし、こういうコミックバレエのマリアネラを観るのは初めてかもしれません。 DVDだけは持っているので、これを繰り返し観ていましたが、このDVDから5,6年たっているからでしょうか、DVDとは別人。 

 一つ一つの表情が細かく、彼女はこれを演じていたのか、それとも自然にああなったのか、わかりません。 


 カルロスのコラースはそれはそれは見ごたえがあります。 とにかく技術的に非常に高い能力を持っている人なので。


 第1幕の最初、リーズとコラースでリボンを使っていろいろと踊るのですが、その際の一つの見所が、二人の身体にリボンを巻きつけ、それをはずすと、Cat's cradleになる、というもの。 あやとりのような感じで、一つの模様を作り上げます。 これもとっても余裕を持って、きれいにできあがっていました。 上の写真のリンクの6枚目の写真がこれです。


 アライン、とっても難しい役だと思うのです。 一歩間違えるとスロッピーになってしまうし、でも、真面目すぎてもいけない。 今回アラインを踊ったジョナサンは、そのきわどいところで演じているから、観ていてとても楽しい。


 リーズのお母さんのシモーンは男性が演じます。 木靴の踊りが絶妙。 


 このバレエ、とってもイングリッシュで、心温まり、笑いが何度も客席から上がり、時にはオーケストラの音も聴こえなくなるほど。 今年の日本公演にこの作品も入っていますが、もしかして、日本では皆笑わないようにして黙って観るのかしら? ぜひぜひ笑ってください。 そういうバレエです。


 あまりにも笑いすぎて、すっかり偏頭痛。 これも他のキャストを観にいくので、とっても楽しみです。


 私は気がつかなかったのですが、どうやらロイヤルボックスにチャールズとカミラがいたそう。 今日はロイヤルボックスが見える立ち見だったのに、普通の人がロイヤルボックスを使うことも多いので、誰かロイヤルボックスにいるな、と思ったものの、見なかったのでした。

Posted on 2010/03/09 Tue. 06:35 [edit]

category: バレエ

TB: 0    CM: 3

09

Comments

1. ありがとう 

今リーズの結婚の練習をしていてどんな物語か調べていたのですが・・・とても役にたちました!もっともっと笑わないといけないですねww私は表現力が無いのでコンクールまであとわずか・・・このブログをきっかけに変わりたいと思いますww

URL | ☆ミイア☆ #79D/WHSg | 2011/12/03 22:27 | edit

2. ありがとう 

今リーズの結婚の練習をしていてどんな物語か調べていたのですが・・・とても役にたちました!もっともっと笑わないといけないですねww私は表現力が無いのでコンクールまであとわずか・・・このブログをきっかけに変わりたいと思いますww

URL | ☆ミイア☆ #79D/WHSg | 2011/12/03 22:27 | edit

3. ☆ミイア☆さんへ 

初めまして。
コメントをありがとうございました。
リーズ、コンクールで踊るのですね。
私が観たこのアシュトン版では、幸せいっぱいの場面です。
表現って、日常にあって、少しずつそれが舞台の上で現れるようになると思います。
幸せなこと、嬉しいこと、楽しいこと、ご自身のこれまでの経験を思い浮かべて踊って下さいね。

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2011/12/06 20:46 | edit

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1203-092a79f2
Use trackback on this entry.

Trackback
list