07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

今日は保護者 

 ほぼ一日中雨が降り続きました。 こういうことはイギリスでは珍しい。 日本のような天候でした。


 今日は朝から通勤電車に乗って南の方まで行ってきました。 珍しく地下鉄が信号故障もなく、時間通りに着くことができてびっくり。

 

 今日は友達の保護者役? イギリスでは大学入試の際、親が子供についてくる家は全体の80%以上でしょう。 大学入試、といっても、普通の大学はAレヴェルと呼ばれる一斉テスト?の成績で行く大学が決まり、各大学での入試はありません。 オックスブリッジをはじめ、いくつかの大学では面接がありますが。


 音大も含め、実技がある大学は独自に入試(オーディション)を行います。 まあ、こういう科目だから親も来るのか、それが当たり前なのかは知りませんが、今日も半数くらいは親がずっと建物の中で待っていました。 

 私は受験生がいつ試験が終わるのかも全く情報が与えられずにいたのですが、途中で、『建物のツアーに行く方』といわれたので、くっついていきました。 周りの方々、不思議そうな顔で私を見ていました。 当たり前ですね。

 ツアーの後には学校案内のフィルムを見せてくださり、その後色々とお話を聴けました。 まさか、保護者に対してのああいう話があるとは思っていなかったから、聞けてよかった。


 私も学生時代にはオーディションの時に受験生の誘導とか、そういう色々と仕事をさせてもらいましたが、いつも同じような質問をされていたので、そういう質問されやすいことを親に対して話してしまうのはとてもよいな、と思いました。


 教えがあったので、最後までは友達を待っていてあげることはできませんでしたが、一緒に去年学校見学に来たし、その後はアプリケーションフォームを手伝っていたりしたので、私もどきどき。


 来週は私の番。 今日は待ち時間にかなり勉強できたから、それはそれでよかった。 

 

 私、そのうちエイジェントを開こうかしら? 英語ができる、できないに関わらず、イギリスの大学用のアプリケイションフォームってとっても書きにくいものだから。 私、自分自身が何枚も書いていますから。

 

 納得いく結果がでたら私も嬉しい。 

 

 ロンドン南西からロンドン東へ教えの為に大移動。 さすがに疲れたようです。

Posted on 2010/02/16 Tue. 05:03 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

16

Comments

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1188-80f000cb
Use trackback on this entry.

Trackback
list