07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

気が重い教え 

 夕方ちらちら、と雪が降りましたが、全く積もりませんでした。 でも新聞によると、今週中ごろからイギリス南西部、北スコットランドで雪の予報。 木曜日にケントへコンサートで行くので、雪が降らないで欲しいです。 


 昨日のバレエの後、先週ほどではありませんが、再びふくらはぎと首の右側が筋肉痛。 先週はしばらく手すりにつかまらないと階段を下りることができないほど酷い筋肉痛でしたが、今回はゆっくりでありながらもちゃんと階段を下りることができるからまだマシ。


 ハーフタームなので、今日は朝から2件の教え。 今、一番気が重い生徒2件だったので、朝ベッドから身体を起こすことさえできない有様。 いつもは違う曜日に行っているお宅ですが、この2軒は近いので、今日まとめていくことに。 

 1軒目でついに爆発寸前。 聴音は難しいのはわかる。 全く音楽を聴く習慣がないお宅だから、弱いのもわかる。 でも、某超難関中学の入試でトップの成績だったのに、どうして毎回私は同じことを注意しなくてはいけないのでしょう?

  別に難しいことを言っているわけではありません。 リズムを叩く時には、聞こえるように、きちんと音をだして手を叩く、歌う時には囁くのではなくて、口をあけて歌う。 音を1音1音切って歌うのではなくて、流れを作る。 どうしてこれができないのでしょう? 質問に答える時にははっきり話す。 イエスかノーかを聞かれたら、頭を振るのではなくて、ちゃんと言葉で答える。

 どうして私は毎回これを注意しなくてはいけないのでしょう? 頭が馬鹿なわけではない。 それなのに・・・


 毎回こんな調子なので、時間が足りない。 お母様がそばでレッスンを聞いていますが(生徒は11歳)、レッスンを増やすことを要求。 もちろん、私は構いませんが、今回は本当はハーフタームはレッスンをする予定はありませんでしたが、そういうことはこのお母様には通じない。 私はいつでも昼間は時間がある、と思われているから、困る。 教えに行かなくても、でかけなくても、私には練習、という仕事、特に今は本当にやらなくてはいけない、やりたいことがある。 レッスンを増やす価値があるのであれば構わない。 でも、毎回同じ事を言うのではレッスンをする意味が無いのでは?


 今度から、聴音の生徒を取る時は、家にクラシック音楽のCDが一枚も無い、クラシックを聴かない家の生徒は取らない、という条件をつけたくなるほど。


 次のレッスン日を決めたのに、夕方電話が来て、他の日に変えて欲しいと。 私はその日は唯一一日練習する予定の日で、これが本当に必要だから、今回は断りましたが、腑に落ちなかったよう。 だって、まとめて同じ地域に行けば往復の2時間を短縮できるのですから、もったいない。


 カーディフ時代、私は韓国人の生徒がほとんどで、韓国人の親は先生を奴隷扱いすることで有名で、それ以来まあ他のこともあって、韓国人は教えたくない、というようになってしまったのですが、うわさには聞いていたけれど、やっぱり中国人も大変。 

 

 というわけですっかり疲れ果てた朝でした。 でも、午後からセントラルで友達に会って、色々と話をして、だいぶすっきり。 彼女のように色々と話し合える人はとっても貴重。 

 でも、その後のピアノの練習で、再び脳が空っぽです。 あと一週間。 全力でやらないと。 やらないと、ではなくて、やりたい!

Posted on 2010/02/15 Mon. 06:23 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 4

15

Comments

1. ぶはっ 

やばいね、
その条件だと、私も教えてもらえなかったことでしょう(笑)
うちの家には、クラシックのCDなんて、1枚もなかったよ。
クラシック聞く習慣ゼロ。
ブルグミューラーのテープを親が買ってくれたことがあったけど、全然聞かなかったよ(笑)


それでもって、歌うのが下手で、音量でなくて、聴音やだったなー。
聴音、書けるし弾けるけど、歌うのつらかった。
手たたくぐらいは、バシッとやって欲しいけど、慣れない&自信ないのかもね。

発声練習してみたらどうでしょ。
お腹から声を出す練習を~。

URL | KiKo #79D/WHSg | 2010/02/17 13:34 | edit

2. KiKoへ 

KiKoのところもクラシックを聴く習慣がなかったの?
驚きよ。

こっちのグレードの関係で、日本以上にクラシックを全く聴かない家と、
聴く家では凄い差が出てきてしまうの。
ラジオをちょっとでも良いからかけるように言っているのだけれどね。

この子の場合、とにかく、お母様が凄いの。
私今までこれ以上親に操られた子供はみたことないもの。
まあ、私も教えるようになるまで、歌うのとか嫌だったくちだからわかるのだけれどね。

発声、トライもしたのよ。
ピアノはある程度は弾けるの。
でも、やっぱり聴音は目に見えない部分が多すぎて、
お母様が手伝えないから、だから彼女もどうにもできない、という感じみたいよ。
他のお母様の間で有名な親子だから・・・

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2010/02/21 06:19 | edit

3. 考えさせられるね・・・ 

グレードのためには、クラシックな環境って大事だと思うよ~。
私は、その、凄い親のもとで、聴音、ソルフェージュ、嫌いなりにやらされてた子供だったのかな。
お母さんも、先生も怖いと、喋らなくなるんじゃなくて、喋れなくて、
こんな私でも、レッスン中に、黙ってピアノの鍵盤のフタを睨んでたよ。
声を出さないのは、小さな反抗かもしれないし。

結局、音楽から離れてしまった私だから、複雑な気分でこの日記を読ませてもらいました。

音量や音程、聴く耳の問題なら、ポップスでも童謡でもいいのではないかしら?
その子供にとって、今の音楽の勉強にもグレードをクリアすることにも
楽しいイメージがないのよ。きっと。私はそうだったよ。
面白い、楽しいと思うものとつないであげられたら、いいね~。

URL | かとゆ #79D/WHSg | 2010/02/21 13:48 | edit

4. かとゆへ 

やっぱりかとゆは、やらされていた、って思うのね。
この生徒の場合、多分反抗も無いのだと思うの。
とにかく、全てにおいて、お母さんが付きっ切り。
お母様、お仕事もしていらっしゃるのだけれどね。

イギリスのグレードは、ある程度になると、子供でも1ページ程度の曲を聴いて、
曲想などを答えると同時に、その曲が作られた時代を答えたり、
あとはバロックダンスの各曲の違いがわかっていなくてはいけなかったりするから、
やっぱりクラシックを聴いて欲しいのね。

ポップスも童謡もとにかく音楽を聴かないお宅なの。
この前お母様から聞いたのだけれど、この子は小さい頃から歌うことがなかったらしいの。

楽しいものとつなげてあげる、これできたらよいよね。

我が家は母が色々と干渉しなかった家だからね。
こうして教えていると色々なご家庭があって勉強になるよ。

URL | Miyuki #79D/WHSg | 2010/02/25 09:20 | edit

Comment
list

Post a comment

Secret

Comment
form

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://miyukikato.blog.fc2.com/tb.php/1187-b4095f3c
Use trackback on this entry.

Trackback
list