01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

チチェスターでのコンサート 

2年振りか、と思っていたのですが、なんと4年振りにロンドンから南へ列車で1時間半ほどのチチェスター(Chichster)でのコンサートでした。

140225-1


 列車がチチェスターの駅に近づくと高い塔がみえてくるのですが、この塔があるのが、チチェスター大聖堂。
 ここでのコンサートは2007年冬に演奏させて頂いて以来、4度目になります。

 地方だからか、文化が高いからなのかわかりませんが、約400席が満員になるのがこの大聖堂での毎週のランチタイムコンサート。

 今日も、13時10分からの本番で、11時過ぎに大聖堂に着いたら、既に前の方には10人ほどのお客様が。
 主催者の方によると、この方々は、毎週早くに来て、場所取りをしつつ、リハを楽しみ(こちらは、あまり好きではありませんが・・・)、おしゃべりをしながら、持参したサンドウィッチを食べているそうです。 正直、一番前の席で、ガサガサされると、リハといえども、暗譜が飛び飛びになり、集中力がかなり奪われます。

 

140225-2


 終了後なので、既にピアノも片付けてありますが、大聖堂の内部。
 
 今回のプログラムは、

 ショパン: ノクターン 変ニ長調 作品27-2
 プロコフィエフ: ピアノソナタ 第6番 第1楽章
 ベートーヴェン: ピアノソナタ 第32番 作品111 ハ短調


 響が豊か過ぎるほど素晴らしい大聖堂内部。 残響が長いので、リハーサルでは、その響きを考えてばかり。

本番は、ショパンのノクターンでは、人が多く入って響きも変わるので、その変化がおもしろくもあり、またあせりでもあり。 長く弾いている曲だからこそ、臨機応変が効いて、良い意味での新鮮さ、遊びができました。

 プロコフィエフは、10月に取り上げる予定が、当日になって、主催者に、「こんな曲やめて」といわれて取りやめ。 2度のコンクールでは、この曲を弾くところまでたどりつけず。
 普通はソナタの1楽章の抜粋はしませんが、今回はバランス上、第1楽章のみの抜粋。
 怪我をしてから初めてですし、怪しい部分もなかったわけではありません。 豊か過ぎる音響の中でのプロコの難しさも感じました。
 ですが、記録によると、6年半振りのプロコは、すっきり気分爽快、そしてこの6年半の中で培ってきた感情面での経験。 そのようなものが詰まっていたのではないか、と自分では思います。
 
 
 何よりもよく、また、終演後良い感想を頂いたのが、ベートーヴェンでした。
 今年になって既に取り上げるのが3回目のベートーヴェン。 毎回違う顔をみせてくれます。 これについては、昨年のフランスのコンクールでは、即興的感情、自然さ、毎回変わる演奏、というのはよくない、とおっしゃった審査員もいらっしゃいますが、私が好きなピアニストたちは、皆さん、計算しつくした演奏ではありません。 よって、悩んで師匠に相談もしましたが、先生がおっしゃるとおり、『Miyuki』のままでいることにしました。

 大聖堂、という空間から生まれる、私にとっては聖書の世界のこの第32番のソナタ。 予想しないことが次々と起きて、私はその咄嗟の響の判断と、間の取り方に耳を澄ませるだけでした。
 今までも、何度も教会などで、このソナタを演奏してきましたが、今回は特別でした。
 第2楽章が、昨年のサマーコースでイスラエルのイリーナ先生に注意を受けたよりも、生命力があるものになってしまったとは思いますが、きっと、これが今の私の年齢での私の第2楽章かもしれません。
 
 アンコールを頂いたものの、今回は、この余韻の後に他の曲を弾いたら空気が壊れてしまうように思って、そのまま終わらせて頂きました。


140225-3


 控え室。 

 実は、朝、花粉症の薬を飲んだのに効かなくて、チチェスターへ向かう列車の中で体調がどんどんと悪くなっていって、とても空いていたこともあり、最後は3人がけのいすに体を半分横にしてしまったほどでした。
 
 チチェスターに到着後、薬局へ行って、とりあえず、洟を止めるスプレーだけ購入して、リハーサル中は、とんでもなかった洟も、本番の緊張感もあるのか、すべてを忘れて演奏。
 その後、また下り坂・・・

 数年前、38℃の熱がある真っ只中に演奏をしたことがありますが、具合が急降下しているなかでの演奏は初めて。
 正直、不安があったのですが、どうにか終えることができてほっとしました。 そして、とても良い経験になりました。

 次にここで声をかけて頂けるのはいつかはわかりませんが、それを楽しみに待つことにします。

Posted on 2014/02/25 Tue. 21:08 [edit]

category: 自分のコンサート

TB: 0    CM: 0

25

着実に 

 暖冬過ぎて、2月というのに、花粉症が始まったロンドンです。

 この週末は、北ロンドンのフェスティヴァルがありました。 2011年から3、4人が出場しています。
 導入から4年半ほど教えていてずっと賞を取ってた生徒たちを色々とあって手放した今年、今までも出ていた生徒が1人、初めての参加が2人という私の生徒たちでした。

 初参加の2人は、グレード2で3位、グレード5で2位、といううれしい報告を受けました。 毎年出ていた生徒は、前日まで、参加をやめさせようか迷うほど、とにかく弾けていなかったので・・・(細かいこと以前に、譜読みすら怪しかった)

 賞を取った2人、私と勉強して2年ほど。 年末から1月にかけて、このあたりでは水疱瘡がはやっていたこともあり、レッスンも飛び飛びになってしまったりもしました。
 私としては、最後まで詰められなかったし、思い残すことがあるまま、フェスティヴァルに送り込みました。 賞を取る、というよりも、人前で弾くこと、私以外からコメントを頂くこと、そして、同じレヴェルの人たちの演奏を聴く事が目的。

 今回は、私と同世代の審査員であったこともあるとは思うのですが、私がこだわりを持って指導をしていたところ、子供だから、と多くは目を瞑ってしまう部分を徹底的に基礎訓練してあったことが、受賞につながったようです(まだ、1人分は講評を読んでいないので、2人分読ませてもらった感想)。

 付け焼刃では身につかない、指導者が作りこんだものではないフレーズ感(フレーズ処理)、レガート奏法、これらを評価して頂いたようです。

 私はこの性格ですし、自分の指導にも、ポリシーがあります。 子供だからできない、ではなくて、子供には大人が思っている以上の可能性がある。 
 専門家を目指すのではなくて、趣味で習っている子供たちばかり。 電子ピアノの子供たちも半数。 しかも、出張レッスンなので、生ピアノに触れるのは、フェスティヴァルの時のみ、という子供たち。 それでも、今回受賞した1人は、電子ピアノでのレッスンにも関わらず、レガートを評価され、高評価に繋がっていました。

 日本のピアノ界から見たら、私は、グランドピアノを所有していない、電子ピアノでもレッスンをする、という超最低レヴェルのピアノ教師だと思います。 でも、今まで、スタインウェイのグランドピアノでレッスンを受けていても、汚い音だったり、鍵盤をぶっ叩くように弾く子供たちを見てきました。 もちろん、電子ピアノでのレッスンが正しい、とは思いません。 可能であれば、もちろん、グランドピアノ、いや、せめてアップライトでも良いから、生ピアノでレッスンしてあげたい。 でも、ロンドンの住宅事情では、私のようなピアノ教師は、生ピアノを置ける家には住めません。
 だったら、与えられた環境で、きちんと作り上げる。
 
 このところ、早急に結果を求める、早い話、習い始めて最初のレッスンで、「今日は上達したか?」とか、「家の子はうまいか?」とおっしゃるご家庭が増えてきました。
 ピアノ、楽器を習う上では避けられない、反復練習も、「子供がかわいそう」というご家庭もあります。
 そうかもしれない。 でも、何でも簡単なことが増えている今の世の中だからこそ、繰り返せばできるようになる。 長い目で見ることの大切さを知って頂けたら、と願ってやみません。

 すぐに結果を求めたくなるご両親のお気持ちもわかります。 でも、ご両親が待って頂けて、目先だけではなく、私の指導を信用して下さるご家庭は、正直上達も早い。 あまり指導のことを言われすぎて、こちらもどうにもならなくなると、結局は上達がうまくいかない。 このところ、色々と考えさせられることです。
 
 私自身は、とことん昭和の指導者だと思います。 「どうしてできないの!」とか、「あなたが下手だから」という言葉は絶対に発しないし、思わない。 私の中に、出来が悪くてもとことん指導をして下さった、バレエの先生や、厳しさの中に大きな暖かさがあった日本舞踊の先生の存在が大きくあるのだと思います。 もちろん、不可能から、可能、にして下さった、ピアノの師匠、Dr.Sの存在も大きい。

 私も、ここでもう一度気を引き締めて、指導を続けていきたいと思います。

Posted on 2014/02/24 Mon. 23:17 [edit]

category: 音楽

TB: 0    CM: 0

24

お久しぶりです 

ずいぶんとここを放ってありました。
放ってあった、というよりも、コンピューターの調子なのか、書いた記事が、保存をしようと思うと消えてしまう、という現象が何度かあり、そのままにしてありました。
 ずっとロンドンにおりました。

 日本は関東も雪に悩まされていたようですが、ロンドンは暖冬。 この冬は一度も雪を見ていません。 風と雨は例年よりもひどいように思いますが。

 教えの時間がうまく組めなくて、1月今月頭に上演していたロイヤルバレエの『ジゼル』はなんと1度しか観に行くことができない、という状況でした。 今日から始まった『眠り』は、入団直後から応援していたダンサーたちがソロを踊ったりするようなので、ぜひ何度か行けたら、と思っていますが。
 そして、珍しくオーケストラのコンサートに足を運んだりもしていたので、ロイヤルオペラハウスでのバレエ上演時のオーケストラに耐えられなくなることも・・・ 


 とりあえず、日々のことに追われながらも、生活しています。
 気が向いたら、過去記事をアップするかもしれません。
 
 ウェールズの守護神、セイント・デイヴィッドを奉るセイント・デイヴィッド・デーまであと1週間。 ウェールズに住んでいた頃は、お城の横のダフォディルの花の芽を見ながら、3月1日にちゃんと咲くかしら?と要らぬ心配をしていたものですが、今年は、ロンドンでは既にダフォディルも咲き出しています。 今年はイースターが遅めなので、パン・ケーキの日も3月に入ってから。 パンケーキ前に春の訪れを感じると、気持ちが悪いものです。 まあ、ここはイギリス。 これが続くとは思えませんが。

 
 

Posted on 2014/02/22 Sat. 23:18 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

22