05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

演奏家の船出応援コンサート (7月9日) 

 帰国前のこと、書きたいことは溜まっていますが、まずは昨日のことを。

 小雨が降る中、今回の帰国で初めて都内へ。
 コンサートを聴きに行ってきました。
 
 墨田区の地域プラザの多目的ホールで行われた、『演奏家の船出 応援コンサート』というもの。
 2015年から始まったシリーズ、2016年は8回にわたって行われるものの、一つです。
 これを聴く為にも、慌ただしくはあったのですが、先週のイギリスでの演奏直後に、日本への帰国日を決めました。

 今回は、昨年の人気投票の第1位、木管6重奏(フルート、オーボエ、ホルン、ファゴット(バスーン)、クラリネット、ピアノ)、朝やけゼクテットの方々の演奏。
 
 地域の方々に気軽に演奏を聴く機会を、ということも含めてのコンサート。
 
 プーランク; ノヴェレッテ(このグループによる編曲)
 ルーセル; ディベルティメント
 日本の歌メドレー(4曲)
 ブラームス; ハンガリー舞曲 第5番

 チャイコフスキー; 白鳥の湖(音楽と語りで楽しむ) 朝やけゼクテット編曲

 アンコール; 美空ひばり 川の流れのように 他

 
 東京音楽大学出身者により形成されているグループ。
 私にとって、こうして日本の音大出身者たちの木管6重奏を聴くのは初めてのこと。
 
 地域のためのコンサート、ということもあり、コンサート前のランチ(ランチ付きコンサート)では、なんだかイギリスの地方の教会のような雰囲気がありました。
 ちなみに、今回はカレー。 日本に帰ってきて初めてのカレー。 おいしく頂きました。
 
 コンサートホールではないので、音響が良いわけではありません。
 ですが、地域の人たちに音楽を、若手演奏家に演奏機会を、というこの企画はとてもすてきだと思います。
 
『白鳥の湖』で、語りも担当した、バスーンの男性、声が良いのと、聞き取りやすい話し方に、自分を反省しました。

 ただ、私の師匠Dr.Sが私のピアノに関して非常に心配なさっていますが、日本とヨーロッパの根本的なクラシック音楽演奏の違いのようなものも感じてしまい、不安も多少感じました。

 
 またご案内させていただきたく思いますが、実はこのコンサートシリーズの次回、10月に出演させて頂きます。
 これは、昨年末に企画書を提出して、幸いなことに選んで頂きました。
 詳細は、こちらより。
 
 6人いるからこそのトークの面白さも目の当たりにし、私は一人でやらなくてはいけないこともあり、多少の不安がないわけでもありません。
 地域でのコンサート、すてきだと思います。 
 そして、墨田区と関係なくても出演させてくださることにも感謝です。

 私は、まだ譜読みも終わっていない曲が3,4ある為、さっさと譜読みです。


 
 

Posted on 2016/07/10 Sun. 13:08 [edit]

category: エンターテイメント

TB: 0    CM: 0

10

グローブ座で、真夏の夜の夢 

ひと月前から、今日が良いお天気になることを願ってやみませんでした。
それなのに、先週はストーム。 
昨日から暖かくなり、晴天に。

160605-1


 夕方、テムズ川をミレニアム・ブリッジを使って渡る。
 今回の目的地は、この写真の右側、木の後ろ辺りにある、シェイクスピア・グローブ座。
 ロンドンに住んで11年目が終わろうとしているのに、初めてのグローブでの観劇。
 シェイクスピアの没後400年の今年、やっと行くことができました。
 

160605-2


 晴れてほしかった理由は、グローブのYard立ち見を買ってあったから。
 立ち見女王の私は、もちろんここでも立ち見。
 平民らしく、5ポンドの立ち見は、上に屋根がありません。
 よって、雨が降ったら、傘もさしてはいけないので、困るのです。
 しかし、直前にチケットを購入しようと思っても完売。 ということで、4週間ほど前に、いずれにしても行けるのはこの日程しかほぼなかった為、チケットを購入した次第です。

 開演の1時間ほど前から並び(10番目くらい)、舞台の真下のかぶりつきの場所を確保。
 私的には舞台に近すぎるのですが、離れた場合、もし前に背の高い人たちが立ったら、いくら舞台が高くなっている、と言えども、舞台が見えなくなってしまう。 よってこの場所。
 
 ちなみに、身長163㎝の私のあごが舞台と同じ高さでした(今回はヒールのある靴を履いていません)。
 よって、最低155㎝は身長がないと、一番前での観劇は厳しいかな?と思います。

 
160605-3


 空が見えて、気持ちが良い。

 今回の演目は、真夏の夜の夢(Midsummerとは、夏至であることは承知していますが、日本語訳の一般的なこの名称を用います)。
 ロイヤルバレエで何度も観て来た作品。
 数年前には、リージェント・パークのオープンエアーシアターで観たこともあります。
 Emma Riceという方がDirectorの下、いわゆるコスチュームプレイではなく、せりふも現代語になり、アドリブを加えての舞台でした。
 しかも、ヘレナを男性が演じた為、最初、ドミトリウス、ライサンダー、ヘレナ、ハーミナのやり取りがいまいちつかめないまま私は進んでしまいました。
 ということは、後々、ドミトリウスとライサンダーの男性2人がヘレナ(今回は男性)を愛してしまう、ということ・・・

 
 素晴らしいな、と思ったのは、お芝居が始まる前。
 携帯電話の電源を切る、とか、Health and safetyのお話とか非常事態のこととかをグローブ座のスタッフが着ているTシャツを着た2人の方によって舞台で話があったのですが、それがとんでもなく上手。
 一気に客席を和ませ、一つにしたのです。
 凄いな、と思っていたら、実は彼らは出演者のアクター・アクトレス。 
 特に男性が声も良いし、伝え方も凄い、と思っていたら、彼は、ボトムを演じました。

160605-4


 パックを演じた、Katy Owenは、すばしっこさ、いたずらなところ、観ていて飽きません。

 多少、おふざけが過ぎたシノープシスの部分も無いわけではありませんでしたが。
 それでも、あんなに笑った舞台はいつ以来でしょう。
 きっと、シェイクスピアの時代、400年前の観客たちも同じだったのかもしれません。
 今よりもエンターテイメントがないのだから、余計に。

 演劇大学があり、高校生でもAレヴェルで演劇があるようなこの国。 
 演じた方々は人種も様々(オリエンタルはいませんでした)。
 この国だからこそのこのクオリティーなのかな、とも思います。
 
 そして、せりふのある劇やミュージカルを観る度(といえるほど、観ているわけではありませんが)、やはり発するせりふがないのに、あれだけを伝えるロイヤルバレエは凄いな、と改めて思います。
 そして、バレエ以上に、音でしか伝える手段のない音楽はもっと大変だ、どうにかしなければ、と自分自身に喝を入れる時間でもあります。

 3時間の舞台。
 終わる頃に、少し薄暗くなってきました。
 本当は、夜中12時からの、Midnight Matineeにぜひ行ってみたいものです。
 きっと素敵だと思うのです。
 ロンドンだから夜中3時に終演になっても、ナイトバスがありますから、帰宅も問題がありません。

 終わってグローブ座を出たら、目の前はテムズ川。
 建物を出たら、ビル群、というのとは違い、しばし余韻にふけることができるのも、またこの良さなのかもしれません。
 

Posted on 2016/06/05 Sun. 23:59 [edit]

category: エンターテイメント

TB: 0    CM: 0

05

London Jazz Festival, Hiromi 

昨日あたりから、Windyなロンドンです。

151118-1


 久々の、ベタですが、大好きな夜景。
 
 1年振りかもしれません。 テムズ川の向こう側の、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールへ。
 今夜は、いつもと違う私は初めての経験の雰囲気のロイヤル・フェスティヴァル・ホール。
 ジャズ・ピアニストの上原ひろみさん(欧米では、Hiromiで通しているようです)のコンサートでした。
 
 彼女と言えば、トムとジェリーの速弾きでは知っていましたし、いつか聴いてみたい、と思いつつも、元来、ジャズが苦手(これは、カーディフ時代のジャズ科の人たちと揉め事が多かったことが一つの理由)の私は、彼女がロンドンで弾くことももちろん知りませんでした。
 
 昨日になって、カーディフ時代の大学のピアノ科の友達(日本風に言うと、2学年後輩)が誘ってくれたので、行くことに。
 彼がこの5,6年ロンドンにいることは知っていましたが、私はあまり人を誘って出かける方でもないので、気になりつつも、やっと今になっての再会。 実に、10年振りでした。 

 今回は、ソロではなくて、トリオでのコンサート。
 もちろん、クラシックとは全然違う。
 エンターテイメントなのだな、というのが第一印象。
 上原さんにしても、物凄いメカの持ち主ですし、クラシックが元にある方。
 でも、足を振り回したり、頭を振り回したり、というのが、同じピアノ、という楽器を弾くものにとって、一番の驚きでした。
 でも、体勢を変えても生音でないにしても音がそれほど変わらない、というのは、彼女は体幹がしっかりしているのだろうな、と思ったり。 私はこのところ、ピアノを弾くうえでの体幹に興味があり、自分なりに頑張っているのです。

 ただ、聴きながら多くを考えていました。
 どうして、今回演奏した曲は、ニューアルバムに入っていたり、新曲だったりのようですが(もちろん、私は一つも知りません)、クラシックのように、知らない曲でも皆楽しめるのだろうか?
 クラシックだったら、知らなかったら楽しめない、という人がたくさんいるのに?
 それはライティングも含め、演出なのか?
 それとも、彼女の演奏が上にも書いたように、視覚で”楽しめる”ものだからなのだろうか???
 
 考えれば考えるほど、わからなくなりました。
 一つ分かったのは、私は、100年とか、300年とか前に誰かが記した曲に、新しい命を吹き込ませる、クラシックの世界が好きなのだ、ということ。
 他の言い方をすると、日本舞踊の世界で子供の頃は、衣装、舞台装置が豪華な、”京鹿の子娘道成寺”や、”汐汲み”のような演目が好きだったのに、中学生くらいになって、素踊りの良さがわかるようになった、というのに似ているのかもしれません。
 もちろん、今でも豪華なお衣装を観るのは好きです。 どちらにも良さはある。
 でも、演出だけではなく魅せる舞台もある、ということなのかもしれません。

 Jazzを聴くのはカーディフ時代以来です。
 意外なことに、私はジャズよりも、全然違う、ロックの方が好きなようです。
 ですが、こうして、違う分野の音楽に触れることもそれはそれで刺激を受けます。
 そして、もちろん、日本人の方々も今日は結構見かけましたが、あれだけの欧米人に支持を得ている同世代のピアニスト。 凄く刺激を受けてきました。
 誘ってくれた友達にも感謝。
 懐かしい友達の話にも花が咲きましたが、どうやら、当時よく一緒にいた人たち、私たち二人だけが残っている独り身のようでした。 光陰矢の如し、です。


 
 


Posted on 2015/11/18 Wed. 23:52 [edit]

category: エンターテイメント

TB: 0    CM: 0

18

セント・マーティン・イン・ザ・フィールドでモスクワの友達のコンサート 

 1週間あいてしまいましたが、ロンドンにおりました。
 いろいろと考えることもありでして。

 恐ろしいことに、日本にいた時間と、ロンドンに帰ってきてからの時間は同じになってしまいました。
 あっという間です。

 というわけで、教えには行っているものの、ロンドンに帰ってきてから初めてのセントラルロンドン。

150929-1


 青空が広がる、トラファルガー広場辺り。
 ナショナル・ギャラリーの外がこんな状態(写真右)になっていました。



150929-2


 4か月ぶりで、トラファルガー広場に建つ教会、セント・マーティン・イン・ザ・フィールドのランチタイムコンサートを聴きに行ってきました。
 65年続いている、ランチタイムコンサート。
 現在は週3回行われているものの、やはり、ロンドンでいくつも行われているランチタイムコンサートで、ここが一番聴衆の数も多いですし、殿堂的存在だと私は思っています。
 ロンドンの音大、音高、いくつかの団体などが年に数回の枠を持っていますが、今回は、私がずっと参加していた師匠主催のサマーコースで持っている枠のものでした。
 
 プログラムは
  メトネル: 忘れられたしらべ 第1集 より、回想ソナタ
  スクリャービン: 24のプレリュード 作品11

 演奏したのは、モスクワのグネシン音楽院の大学院に通う、ロシア人のアナ。
 彼女とは、サマーコースで知り合った仲。 

 結局のところ、やはり、ロシアのピアニズムが私にはしっくりとくるようです。
 フレーズ感、流れ。 きっとこのような部分なのか、と。
 メトネルの回想ソナタを聴くのは久々。 あのハーモニー感が好きですし、弾いてみたい、と思いつつもつい後回しです。
 
 そして、生でスクリャービンの24のプレリュード全てを聴くのは初めて。
 考えてみれば、王立音楽大学の修士の卒業試験では、ここから抜粋で弾いたのですが、その後全然弾いていないです。
 あの豊かな響きの中で、念密な響きの調節をしていたのが印象的。
 ただ、一つの曲集ではあるものの、短い24曲で構成されているこのプレリュード集。 途中から、周りの方々の集中力が切れていくのを感じて、難しさを感じるばかりでした。
 多分、30分の曲(ソナタなど、楽章はわかれていても、一つ一つが長め)の方が集中力が途切れにくいのかな、なんて思ったりもして。
 たまに、こうして私自身も一聴衆になることはとても大切だな、と思いました。
彼女の演奏自体は、とっても集中力があるものだったのですが。

 
 彼女のボーイフレンドは私の10数年来の友達でもあるので、久々に会うことができましたし、師匠ご夫妻もいらしていたので、5月の発表会以来ぶりで、お会いすることができました。
 そして、嬉しいことに、11年ぶりに来年はここで演奏させていただけそうです。
 5月にお会いした時に、来年は、とおっしゃってはいたのですが、今回日にちを頂いてきました。
 奇遇なことに、10年前、私の人生2度目、ロンドンで初めてのソロコンサートは、私の誕生日でした。
 そして、久々の来年は、妹の誕生日。 どうやら、覚えやすい日にちにあたっているようです。
 浮かれて、帰りのバスの中は、プログラムを組み立てるばかりでした(来週のプログラムもまだ本決まりしていないのに・・・)。
 
 きっと、次にここへ来るのは、例年のクリスマスイブのキャロルサーヴィスの時でしょう。
 あという間に時間が過ぎていきます。
  
 
 
 

Posted on 2015/09/29 Tue. 23:16 [edit]

category: エンターテイメント

TB: 0    CM: 0

29

ホテル・オークラ ロビーコンサート 菊地裕介さん(8月25日) 

 想像よりも、最初の2,3日を除いて、日本の暑さが厳しくなくて助かっています。
 ただ、日本の方々が涼しくても、私は暑さを感じますが。

 毎日充実していますし、ここに書き残したいことはいろいろとありますが(先週のアブ・ダビ空港でのもめごととか・・・)、なかなかゆっくり書く時間もなく。
 
 とりあえず、先日行った、コンサートのことを。

 8月25日、東京のホテル・オークラの本館ロビーで行われた、ロビーコンサートへ行ってきました。
 毎月、25日に行っているもの。
 今回が、現在の本館での最後のコンサート、ということで、このコンサート自体ずっと気になっていたので、行ってきました。

 2年半前に東京で聴いた時に興味をもったピアニスト、菊地裕介さんのコンサートでした。
 普段のこのコンサートの状態は知りませんが、かなりの聴衆の数でした。
 そして、そのほとんどが、おばさま方、というのが、日本のクラシック音楽コンサートの現状なのか、それとも「イケメンピアニスト」と言われていた菊地君ゆえなのかはわかりません。
 私も10数年前、まだまだインターネットがここまで盛んでない頃に、カーディフの音大時代に、日本から来た、日本の事情に詳しい同じ大学にいた日本人ピアニストから同世代の日本人ピアニストについて聞いた時、真っ先に名前を言われたのが、
「僕より若くて、イケメンでうまい菊地裕介、というピアニスト」。
 よって、私の頭にインプットされていました。


 プログラムは
 ラヴェル: 優雅で感傷的なワルツ
 グラナドス: ゴイェスカスより、『愛と死(バラード)』
 ショパン: 英雄ポロネーズ
 
 アンコール: シューマン: 子供の情景より、トロイメライ

 2年半前にコンサートを聴いた時に興味を持ったのが、菊地君が弾く、ラヴェルの水の戯れ。
 音高卒業後、フランスで学んだ菊地君は、私がずっと学んできたロシア系とは違うピアニズム。
 今回も、プログラム最初のラヴェルは、あの奏法ならではの、軽さのある演奏。
 
 ラヴェルは憧れるものの、これだけはあのフランス奏法で弾きたいな、なんて思ってしまうこともあり、なかなか手をつけられません。
 軽さと、構成力の強さ。
 
 スペインものになかなか手を出さない私は、スペイン系の音楽にも疎く、ゴイェスカスも、この曲は初めて聴きました(情けない・・・)。
 基本的に、私が好む演奏家、というのは、知らない曲を聴いた時に、どのような曲なのか、伝えてくれる演奏者。
 知っている曲でもよくわからない、ただただ弾いている演奏者もいるわけです(私自身も気をつけなくてはいけないことです)。
 そういう意味で、菊地君の演奏は、これを弾いてみたいな、と思わせてくれる演奏でした。
 ただ、1度聴いてわかりやすい、という曲ではありませんが。 
 
 英雄ポロネーズに関しては、解釈、テンポ感が全然違い、皆が知る曲の難しさ、というのを改めて感じました。
 ただ、中間部の左手のオクターブは見事でした。
 
 ピアノ自体の音質もあるのかもしれませんが、大きな音の厚い和音よりも、全体的に弱音の方がきれいな印象がありました。
 
 人の演奏を聴くことは、なんと楽なのか、と思います。
 ただ、ロビーコンサートということで、集中力など調節が大変だろうな、というのが、あのような場所での演奏の難しさを経験もしている私の意見。
 楽なのと同時に、自分が弾きたい、と思ってしまうのもこれもまた私。
 日本には、素晴らしいホールと楽器がたくさんありますから。

 母と二人だったのでよかったですが、帰宅するのに、予定の2倍近くかかりました。
 ちょうど、列車のトラブルが多く出た日。
 イギリスから、涼しい気候と共に、信号機トラブルなど、イギリスの風物を持ってきてしまったようです。
 
 自分が弾くのとは違うレパートリーのコンサートを聴き、まだまだ弾きたい曲がたくさんあるな、と思うばかりでした。
 そして、ロンドンなら、ちょっと見渡せば、知っている人にあうのに、それがないのが、ここが東京なのだ、と再認識しました。

 

 

Posted on 2015/08/28 Fri. 13:43 [edit]

category: エンターテイメント

TB: 0    CM: 0

28