07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

WITH HOPE!!

イギリスで18年間暮らし、2016年7月に日本へ帰国した、ピアノはロシア系、中身はイギリス、国籍は日本人のピアニスト。 

ボンへ! ケルンで寄り道 (3月5日 ③) 

 2泊したアーヘンから、ケルン(Cologne)経由でボンへ。
 ケルンもみたかったのですが、今回はもちろんボンが優先。

150403-1


 アーヘンの鉄道駅。
 ドイツ、というともっといかついものを私は想像していたのですが、駅がかわいらしくて、驚きました。
 中もすごくきれいで、列車のホーム案内もしっかりしていたところは、さすが、ドイツ、と思いましたが。


150403-2


 駅の前に、馬。
 後ろに馬車をつけたくなりますね。


150403-3


 1時間ほどの鉄道の旅の後、ケルン中央駅へ到着。
 20分ほどの乗り換え時間があったので、改札も無かった為、外に出て、駅のすぐそばにある、あのケルン大聖堂へ。
 
 この2日前、空港からケルン中央駅へ向かう電車の中から、この大聖堂が見えた時には、感激しました。
 そして、本当は、友達の写真で見たことがあった、ライン川の反対側からのケルン大聖堂の姿を見たかったのですが、意外とライン川の幅があることがわかり、時間がなくて、断念。


150403-4


 建築技術、というか、精巧さに見惚れるばかりでした。

150403-5


 大聖堂、場所によっては大きめの荷物があると、入場を断られるのですが、たった20分ほどだし、コインロッカーに預けるのも勿体ない、と思って、機内持ち込みサイズのキャリーケースを持ったまま行ってしまったのですが、他にもそのような方がいらして、特に問題がないようでした。
  
 大きさに圧倒はされましたが、数時間前にアーヘンの絢爛豪華な大聖堂を見てきた私にとって、ケルン大聖堂は、ホッとする場所でした。
 アーヘンの深い色のステンドグラスも好きでしたが、この透明感のある、優しいステンドグラスがやはり私好み。
 きっと、家の家具を、濃い茶色を好むか、白木を好むか、でしょう。 白木風の家具の実家に育った私は、やはり、透明感のある大聖堂の方が好みのようです。

 このステンドグラスは、写真がぼやけているのではなく、このような斑点模様。 
 私は初めて見たと思います。

150403-6


 そもそもの建物の大きさもありますが、ステンドグラスの量も非常に多い。

 
150403-7


 とにかく、窓の数が多くて、明るい大聖堂内でした。
 そして、観光客もたくさん。  

150403-8


 ここのオルガニストになるには、高所恐怖症では務まりませんね。
 もう一台あったようにも思いますが、とんでもない場所(かなり高い)にオルガン。
 パイプだけではなく、これは、鍵盤があの場所にあるのだと思います。


150403-9


 ケルン中央駅から列車で20分ほどで、ボン(Bonn)に着きました。
 コインロッカーもたくさんあって、助かりました。
 約5時間のボン観光です。

Posted on 2015/04/03 Fri. 14:38 [edit]

category: ドイツ

TB: 0    CM: 0

03

アーヘン大聖堂 (3月5日 ②) 

明日から、イースターウィークエンドで、感覚的には4連休。 生徒たちもホリデーやら、一時帰国やら、ファミリーの時間があるので、珍しく私も4連休の予定。
 
 ドイツの続き。
 アーヘンの街を去る前にぜひ見たかったのが、アーヘン大聖堂の内部。
 大聖堂内を回るツアーに入らないと、ほとんどの部分はみられない、というのをガイドブックで読みましたが、英語のツアーは午後らしい、ということで、一般に公開されている部分のみ。

150402-1


 タウンホールから、坂道を降りていきます。
 プリンテンのお店などもいくつかあり、まるで、浅草の仲見世を思い出してしまいました。


150402-2


 大聖堂の後ろ辺りから。
 何とも言えない色味。 非常に凝ったものでした。

150402-3


 こちらが、入口に当たる部分。

150402-5


大聖堂の横にいた、キング?? 
 こういう顔のキングが出てくるお話がありましたよね?
 以前、ハーフの女の子にレッスンをしていた際、日本語が苦手な子だった為、レッスン後、私が日本語の絵本を読む(時には、現地校の宿題の手伝いまで)、というバイトのようなことをしていた時、こういうキングが出てくる童話を読んだような気がしました。 



150402-4


 大聖堂の入り口付近の建物がかわいらしい配色。
 こういうところは大陸かな、と思うのです。
 そして、ヨーロッパながらも、イギリスはやはりヨーロッパの端っこの島国なのだな、と。

 
150402-6


 こちらが、大聖堂のミニチュア。
 凝った作りです。


150402-7


 外からわかるように、ちょっと複雑な作りなのですが、まずは、この吹き抜けの部分。
 入った途端に、今まで私が行ったことがある大聖堂ではみたことがないような、絢爛さに目を奪われました。
 

150402-8


 一つ上の写真の部分を囲うように、廊下のような部分があるのですが、それがここ。
 廊下、といっても廊下ではなくて、椅子が置かれていて、サーヴィス(ミサ=宗派によって多少呼び方が変わってくるのでこの場合、ミサという言葉を使うべきではないかもしれません)の際には、座る方もいらっしゃるのでしょう。
 
 絢爛さ、というか、このようなゴールド使いは、一番思い当たるのは、イタリアのピサの斜塔の隣にある、ドゥォーモの天井。 ですが、その比ではありません。
 

150402-9


 ステンドグラスは、眩いばかりのブルー。
 ここまでブルーが強いステンドグラスは、私は初めてでした。
 

150402-10


 ステンドグラスを拡大すると・・・
 とにかく、圧倒されました。
 私はイギリスでは、教会、大聖堂で演奏することが多い(日本のようにホールがそれほどないので、教会が宗教とは関係なくコンサートホールのような役割をする)ので、この中で弾いたら、違うインスピレーションが生まれるのでは? どんなプログラムがあうのかしら?と思わず考えてしまいました。

150402-11


ちょっとぼやけているのですが、この、上からぶら下がっているもの。 無知なので、名前もわかりません。
 イギリスでは見たことがないように思うのですが、私は昨年初めてヴェネツィアのサンマルコ寺院でみて、感激しました。
 これは、ロイヤルバレエが上演している、マクミラン版の『ロミオとジュリエット』の第2、3幕における、ローレンス僧の寺院の場面で上からぶら下がっているものと同じ。
 ですから、昨年は、これを初めて見た時にイタリア特有の物、それをバレエでも再現している、と思っていたのです。
 よって、ドイツでもお目にかかれて驚きました。

 これは、ぜひ、中を案内して下さるツアーに入ってみたかったです。

150402-12


 音楽大学の近くにある、歌劇場。
 こちらは、全く中に入れなかったのですが。

 あっという間のアーヘン半日観光でした。



 
 

Posted on 2015/04/02 Thu. 21:19 [edit]

category: ドイツ

TB: 0    CM: 0

02

(今更ながら)北ドイツ、アーヘンの街(3月5日 ①) 

夏時間も始まって、夜7時半頃までまだまだ薄明るいです。

 既に4週間前のこととなりましたが、せっかくなので、ドイツの旅の続きを。

 2泊3日の初ドイツ、コンクールの翌日、最終日は、ロンドンへの帰国便は夜9時半の飛行機。
 ということで、一日フリー。
 午前中は滞在していたアーヘン(Aachen)の街を歩き、午後から鉄道でボンへ移動して、ベートーヴェン三昧でした。
 
 まずは、アーヘンの街。
 

150305-3


 アーヘンの旧市街への入り口、と言えばよいのでしょうか。
 観光案内所がある裏には、このような空間が。
 アーヘン大聖堂が、色々なところから塔の部分をみることができました。
 

150305-4


 何やら懐かしい香りがして、行ってみたら・・・

150305-5


 香りの持ち主は、この左右にある蛇口。
 硫黄の香りでした。
 生ぬるい源泉なのでしょうか? ちょっと濁ったお湯が出ていました。
 ここは、温泉の出る街。
 市内からちょっと行ったところにスパがありました。

 足湯でもあったらいいな、なんて思ってしまう、こういう時だけ超日本人な私です。


150305-6


 このような、オブジェが街の中にはいくつもありました。


150305-7


 とってもドイツっぽい、と思ってしまうオブジェ。
 この付近を、前夜にコンクール参加者の仲良くなった日本人の方と歩いていたのですが、街灯に照らされた石畳に、素敵な建物。 渡英してから私はディズニーランドへ行ったことはありませんが、ディズニーランドの本物版?
 昼間は昼間でよかったですが、前夜、あてもなく二人で街歩きをしておいて、よかったと思いました。
 

150305-8


 ガラス越しなので見えにくいのですが、この街にたくさんあった、お菓子屋さん。
 プリンテン、最初はお店の名前か?と思ったのですが、この板状のものが、この街の銘菓のようです。
 私も小さいのを一つ買って食べてみましたが、かみごたえのある、スパイスが入った、クッキーのようなもの。 でも、クッキーとも違う。
 時期的なものなのかどうかわかりませんが、ウサギの形をしたものもしばしば見かけました。
 シナモンなど苦手な方にはどうか?と思いますが、私は大好きなので、思わず、レシピを探してしまったほど気に入りました。

 
150305-9


 この、イギリスともまた違う建造物、こちらが、アーヘンのタウンホール。
 こちらも、前夜、非常に美しかったのです。

 中へ入る時間はなかったのですが、前夜ここへ来た時に広場の名前が気になっていました。
 それは、Marktという単語が入っていたから。


150305-10

 
 このタウンホールの前で、英語だとマーケット、フランス語だとマルシェ、ドイツ語だと、マルクト? 市が開かれていました。
 余談ですが、アーヘンの街をGoogleで検索すると、クリスマスマーケットのことが結構出てきたので、クリスマスの時期は素敵なのでは?というのが私の予想。


150305-11


 タウンホールの入り口(2階部分)に上がってみたら、マーケット、といっても、テントではなくて、車というかヴァンをそのまま並べてのもののようでした。
 ちなみに、毎日なのか、曜日なのか、全くわかりません。
 ですが、マーケット大好きな私がこれを見逃すわけはありません。



150305-12

 
 オランダの国境まですぐのこの街(オランダ、ベルギー、ドイツの三国国境地点がそれほど遠くないのですが、今回は、残念ながら行く時間はありませんでした← ここへ来た目的を考えるべきです・・・)だからなのか、チューリップが!
 イギリスでは見たことがないような色味のチューリップ。
 でも何よりも、この並べ方、というか売り方がとっても素敵でした。

 
150305-14


名前がわからないのですが、枝のような? 
 無知ですね。
 

150305-16


 他のお花屋さんでも、チューリップが大量に。
 このチューリップは、開花したら、花びらの端がレースみたい。
 きっと、日本にはあるでしょう。 
 でも、イギリスには、滅多にないでしょう、 このようなスタンダード以外のチューリップは。
 
 切り花のイギリスへの持ち込みルールがわからないですし、飛行機の荷物でひっかかる(預け荷物なしなので、手荷物オーヴァー)ので諦めましたが、可能ならば買ってきたかったです。


150305-15


 そして、この新鮮なにんじん。 これだったら、イギリス人のように、このまま生でかじりつけるかもしれません。
 
 新鮮なお野菜、チーズ類、ソーセージ類、お魚を売るお店が並び、いつも通り、あっという間に時間が経ってしまう、マーケット見物でした。
 何にもかえなかったのが残念でしたが。

 

Posted on 2015/04/01 Wed. 23:10 [edit]

category: ドイツ

TB: 0    CM: 0

01

コンクール当日(3月4日) 

 今回受けたコンクールは、第2回目の開催。
 
 ウェブページを読むと、コンクールは3月4日から7日まで。 そのうち、3月6日は室内楽のコンクール。
 2月27日に、同時開催の講習会のオープニングコンサートがあり、そこで、(どなたかの)くじ引きにより、演奏順の最初のアルファベットが決まり、アルファベット順に演奏を行う。

 申し込み受理の段階で、3月4,5に来られますか?とのことでしたので、3月3日から3泊4日で飛行機を予約してありました。

 27日の夜からドキドキしていた(仕方がない、とはいえども、演奏順が早いことが多くて、なるべく、最初は避けたかった)のですが、1日の夜中にメールがあり、アルファベットは、Oが選ばれた、とのこと。
 
 添付されていたスケジュールをみると、14人中、9番目。 
 私が受けた年齢枠は、予想を超える申込者の数だったので、3月4日に審査を始めます、と連絡を受けていた為、たった14人?しかも1日で終わるし、と思ったのです(このほかに、3つの年齢枠がありました)。
 この時点で、結果発表がその日にあると思ったので、飛行機の変更はできないのですが、買いなおしてもまだまだ安かった為、一日早く帰るように全て変更(今回は、宿泊先も当日変更OKのところにしてありました)。
 
 ただ、さすがドイツ、というか、スケジュールはきっちりとしていて、3人ずつ、演奏直前に15分間で一人5分ずつのリハーサル。 そして、すぐに審査。
 審査員にとっても、一人30分のプログラムですから、1時間半毎に休憩をとれるわけです。

 私は12時45分からのリハーサル枠で、本番は午後2時。
 午後の早い時間、というのは、普段のランチタイムコンサートの時間とも近くて、私には弾きやすい時間です。

 前日に練習室を予約してあって、30分練習してから、リハーサル。
 リハーサルなのに、一部の審査員はそのままホールに残っていたりして疑問の残るもの。
 そして、もっと疑問に思ったのは、ホールのドアに時間割が貼ってあったのですが、この部門、なんと4日間にわたって、55人が受ける。
 私が弾いた3月4日は初日で、その中ではOから始まるアルファベット順でしたが、その後、5日もアルファベット順で。 6,7でアルファベット順。
 いったい、どういう風に4日間に分けているのか?
 あまりにも、謎なコンクールでした。

 30分のプログラムは、古典のソナタの1楽章以上を含む、違う様式の曲による自由なプログラム、とのことでしたので、私は、
 ハイドン: ソナタ Hob.XVI: 42 ニ長調
 フィリップ・マーティン: The Rainbow Comes and Goes(1988年 ダブリン国際コンクール 新曲課題作品)
 ショパン: 幻想ポロネーズ

 幻想ポロネーズ以外が新曲。
 もっとも、マーティンの曲は、昨年12月のコンクールで、1970年以降に作曲されたものが必要だったので、仕上げたもの。
 ただ、あの時には現代曲は暗譜でなくてよかったので、覚えられなくて、楽譜をみて弾く予定でした(結局本選に進めなかったので、弾けずにおわり)ので、今回、というか、本当は2月1日のフェスティヴァルで弾く為に暗譜。
 ですが、結局弾いたのは、今回が初めてです。

 古典のソナタも、1楽章だけ、というのがとても苦手で、あまり弾いたことがない、ハイドンの2楽章形式の短いものをやってみよう、と思って、トリフォノフが前々回のルービンシュタインの予選で弾いている、このソナタを。
 
 リハーサルの時は、舞台の照明の場所の問題で、見事に黒鍵の影が白鍵にありすぎて、目がわからなくなる、という事態に陥り、その後の30分の練習でそれをクリアにして、本番。

本番は、事故もなく、久々にコンクールでやりたいことができる演奏でした。
 今まで避けてきた現代曲も、コンクールでとりあげるようになるとは、私にとっては大きな進歩です。
 ちなみに、フィリップ・マーティンは、私はカーディフ時代にお世話になったこともあり、人の良いおじさん、というのが私が持つ彼に対する感想なので、このような曲を書くのか、と興味深かったです。

 演奏後は、出番が私の前だった日本人女性に飲みに誘われて、街へ。
 といっても、私は飲めない人なので(特に、このように疲れている状態で飲むと、倒れるのが目に見えている)、軽いランチをとりながら。 さすがドイツ、と思ったのが、コーヒーもビールも大して値段が変わらないこと。

 この時いただいた、お豆のスープが非常においしかったです。

 リハーサルを待つ間に彼女が声をかけてくれたのですが、どうやら、最初は私のほうが年下と思ったようです。
が、年齢制限ギリギリ(制限まで5週間)だった私は、よほどのことがない限り、私が最年長。
 彼女が、
「おばさんは大変でね」
 といい始めたので、
「私の方がおばさんだけれど・・・」
 と言って年齢を言って驚かれました。
 ヨーロッパの人に私の年齢を驚かれるのはなれましたが、この頃、日本人をはじめ、他のオリエンタルの人にまで言われるようになったのが問題。

 ですが、昨年いくつかのコンクールを受けましたが、30代の日本人コンペティターに出会ったのは私は初めて。
 彼女は私の3つ下でしたが、サバサバしていて、ヨーロッパも長く(久々に10年越えの同世代に出会いました)、すっかり意気投合。
 カフェで喋って、本当はパリにそのまま列車で戻る予定だったのにこの街に一泊することにした彼女の宿泊先を探しに行き、そして再び街に戻って、パブのようなところで、夜11時過ぎまでひたすらお喋り。

 今回久々にコンクールを受けているものの、10代の頃から大きなコンクールにも出ていた彼女からは、私が知ることができなかった世界を聞けて、興味深い。
 練習、暗譜方法から、東洋人女性が集まると必ずと言ってよいほど話題に上る、毎日の食事、料理の話、共通の知人が多かったので、その思いがけない話などなど。 話は尽きませんでした。 私はロンドンでこのような友達がいないので、コンクールに行って、ピアノの話をできるのも非常に貴重。
 
 お互い、男っぽい性格(あそこに日本人男性がいたら、引きます・・・)でしたが、意外と本番では緊張したり、蚤の心臓であったり。
 彼女の場合は、すでに結婚していますし、地図が読めない、方向音痴、飛行機など移動の調べが嫌い、できない、という女の武器がまだ残っていますが、私は、地図が大好き、方向音痴がわからない、旅行主任の資格を取りたいと思ったこともあるほど、移動手段を調べるのが大好き、という救いようのなさ。

 お互いに変な時間に食事をしていて、パブでも、サラダとチップス(フレンチフライ?)をつまみながら、彼女はビール、私は、よくわからないもの(レモン、という単語はわかった)をあえて頼んだら、レモン汁をお湯に溶かした、という非常に疲労回復に役立ちそうな飲み物が出てきました。
 そして、サラダのドレッシングを選べ、それがなおかつとってもおいしくて、チップスにモルトビネガーがかかっていない代わりに、10種類くらいのソースを選べる、という非イギリス的な食事。
 食の国に住む彼女には、食べ物に味がついていて感激している私の姿が不思議だったようで、イギリスはおいしくない、ということを思い出させてしまったようです。 イギリスもずいぶんよくなりましたが、あのサラダのドレッシング(バルサミコメイン)にはやられました。

 メニューをみても、ドイツ語が分からない私たちは、わかる言葉は音楽で使うような接続詞のみ。
 ですが、フランス語と近いものがあったり、私はスペルが違っても、発音すると英語と似ているものがあったりで、違う言葉を話す二人がいたら、知らない言語のメニューでも解読できることがヨーロッパの言葉はつながっているのだな、という新たな発見であったり。

 他の方の演奏は聴けなかったものの、有意義な時間でした。
 夜のアーヘンの街は、石畳にすてきな街灯がともり、とっても素敵でした。
 

 

Posted on 2015/03/20 Fri. 13:32 [edit]

category: ドイツ

TB: 0    CM: 0

20

宿泊先とケルン音大アーヘン校 (3月3日 ②) 

旅の続き

 時間ピッタリに、アーヘンに到着。
 駅に入っているパン屋さんのパンがあまりにもきれいで、おいしそうで、感激。
 イギリスでは、あのような輝かしいパンにはほとんど出会えないのです。


 150303-6


 駅から、7,8分歩いて着いたのは、ネットで予約してあった、宿泊先。
 あまり確かめずに、場所と値段だけで決めたのですが(全体的にお値段が高めで驚きました・・・)、事前にメールを頂いていて、入り口、鍵の受け取りの暗証番号を言われていました。
 
 それもそのはず。 ホテルでもB&Bでもなく、ごくごく普通のアパート(集合住宅)の一室を貸し出しにしている、という場所。
 入り口からの写真がこれですので、狭いですが、ミニキッチン付きで、快適。
 

 今回、非常に驚いたのが、アパートの入り口の呼び鈴、イギリスだったら、部屋番号が書かれ、個人名が書かれることはまずないのに、ここでは、フルネームで名前が書いてあったこと。 防犯上どうなのか? 日本人のお名前も。


150303-7


 こちらが、キッチン。 一通りそろっています。
 どうして、卓上ランプが置いてあるのか?と思ったのですが、部屋の照明の都合上、夜になると、この卓上ランプなしでは、キッチン部分は真っ暗だからのようです。
 電気のホブだったのですが、あまり使い方がわからず??でした。

 

150303-8


 初めての出会いは、シンクの上につくられた、水切り籠?
 機能的でよいな、と思った反面、自宅にこれがあったら、私のような人間は、食器を棚に戻さず、ここに置きっぱなしになるのが目に見えているので、よくない、とは思いました。


150303-9


 シングルベッド、シングル用のお部屋なのに、なぜか、食器の数が多い。
 
 ロンドンから持ってきてあったお弁当(残り物を詰めて、朝食べようと思ったのに、食べずじまいで、ここまで持ってきてしまった・・・)を食べて、とりあえず、眠気には勝てず、仮眠。
 その間に、雨が降っていたようでした。
 

150303-10


 この数日前から、同時進行でフェスティヴァル、といわれる、マスタークラスが開かれていたため(講習会のようなものです)、練習場所も当日行ってみないとわからない、と言われていたので、午後4時過ぎに宿泊先から徒歩5分ほどの、ケルン音楽、ダンス大学アーヘン校へ。
 
 

150303-11


 4時45分から45分間お部屋が空いている、ということで、お借りしたのがこちら。
 日本製のアップライトでしたが、ドイツなので、調律も素晴らしいのだろう!と楽しみだったのですが、これが信じられないことに、一つの鍵盤を押すと5つくらい自動的に動いてしまう部分もあるようなメインテナンスのピアノ。
 イギリスクオリティーと対して変わらない。
 が、ドイツの名誉の為に言うと、本番のスタインウェイのフルコンは、とっても最高のピアノ、調律でした。

 結局、後の方が来なくて、8時頃まで練習できて、助かりました。

 そして、8時過ぎ、宿泊先の近くにスーパーストアがあったから、そこへ寄って帰ろう、と思っていたのに、スーパーストアの閉店は夜8時。
 ロンドンに慣れていると、こういう時困ります。
 
 地図を見ていたら、イギリスにもある、Aldiがあったので、我が家の近くのAldiは夜11時までやっているし・・・と思っていってみたら、9時まで開いていたので、助かりました。
 
 というわけで、この日の夜は外に食べに行く気分もなくて、スーパーで買ったものを簡単に調理しておしまい。

 

Posted on 2015/03/11 Wed. 13:54 [edit]

category: ドイツ

TB: 0    CM: 0

11